特にアメリカでは要注意!-世界のお風呂事情

bath
Pocket

こんにちは!
株式会社LIFE PEPPERのMJ(エムジェイ)です。

銭湯や温泉、日本人にとっては生活と切り離せないお風呂。海外ではどのような習慣なのでしょうか。今回は世界のお風呂事情について調べてみました。

中国・韓国

中国には更衣室がありません。洗面所やトイレと隣接してお風呂があります。また、多くの家庭にはバケツが置いてあるそうです。お湯が出てくるまで水をバケツに貯めておき、トイレで用を足すときなどに使うためだそう。中国式の節水ですね。
韓国でも同じくトイレとお風呂と洗面台は一緒になっているのが一般的ですが、空間は広いです。

イギリス・ドイツ・フランスなどの欧米諸国

これらの国ではバスタブに湯を張って浸かることはあまりしません。水資源が少なく、貴重だからです。
イギリスではタンクにお湯を貯める方式のため、一定量しかお湯を使えません。
ドイツではそもそも浴槽がない家庭が少なくありません。
フランスではなんと一週間に一度しかお風呂には入らないそうです。

ロシア

ロシアでは欧米諸国とは異なり、非常に贅沢な水の使い方をしています。一人ひとりがバスタブで体を洗い、出るときにお湯を全部流すのだそうです。水道代が基本料金しかかからないロシアだからこその習慣ですね。

アメリカ!

そして一番気を付けたいのはアメリカ。少し間違えると犯罪になってしまいます。
・異性の子どもと親が一緒にお風呂に入ってはいけない
・家族でも、子ども入浴シーンなど裸の写真を撮ってはいけない
性的虐待とみなされるそうです。セクシャリティに関して敏感なアメリカの文化が反映されていますね。

どうでしたか?もしこれらの国に出張や留学する際は、きちんとその国の習慣に対する理解を養い、ある程度心の準備をしてからいくといいかもしれません。特に犯罪になってしまうこともあるらしいので気を付けたいですね。

Pocket

この記事は参考になりましたか?