フィレンツェのラーメン屋に行きましたー2軒目

image
Pocket

みなさま、こんにちは。
lifepepperのMJです。前回に引き続き、フィレンツェのラーメン屋を訪問していきます。

今回は「DA KOU」さんに行ってきました。

中華料理屋のような内装

DA KOUは駅から歩いて5分ほどのところにあります。看板はありませんでしたが、日本食の写真が貼られているので見つけることができました。店内は赤と黒を基調とし、中華料理屋のような雰囲気でした。入る店を間違えたかな?と思ったのですが、メニューを見るときちんと日本食の名前が載っています。ここはラーメンだけではなく、寿司やお好み焼きなど、日本食全般を扱っているみたいです。

image

私はあじせんラーメン(10.5ユーロ)を注文しました。店員さんは落ち着いたアジア系の方でした。10分くらいでラーメンが運ばれてきました。

優しい塩味と二つの特徴

見た目は塩ラーメンのようです。トッピングはチャーシュー、キャベツ、メンマ、ワカメ、ゆで卵でした。麺は中太のストレート麺、ここの麺は柔らかかったです。スープは予想通り塩味でした。

image

変わっていたのがチャーシュー。端の方がこげ茶色のゼラチン質のようになっていて、見た目はキノコのようでした。食べてみると少しコリコリしています。表面の脂身に色が染みたのか…なんとも不思議な食感と味でした。

もう一つ、ラーメンと一緒にこの調味料が運ばれてきました。七味のようです。途中でこれを振りかけていただきました。七味には珍しく、ごまの風味がとても効いていて美味しかったです。

image

全体としてはワカメスープに中華麺を入れて食べているような印象でした。その素朴さがとても家庭的な味を出していたような気がします。他のメニューも食べたいと思いました。

前回、麺を中心としたラーメンと予想していましたが、どうやらそれだけでは無いよう。ただどちらも不思議な優しさや素朴さが感じられました。

参考リンク

前回の記事
Da Kouトリップアドバイザーページ

Pocket

この記事は参考になりましたか?