台湾現地レポート!台北の中山地区はまるで日本?

12967314_10204597670782166_9045023226940887550_o
Pocket

弊社は台湾と深く関わりながら、台湾に関連した各種の事業を行って参りました。
そのため色々な方と台湾についてお話しするのですが、多くの日本人がそもそも台湾について知らないと感じることが多いです。台湾は親日のイメージがありますが、実は親日のレベルを超えていて、生活の一部に日本の商品や情報が溢れているんですよ?

IMG_3338

そんなLIFE PEPPERが台湾現地から、台湾の今をお届けする「台湾現地レポート」。

第一回は台北の中山地区で見つけた日本の有名チェーン店情報をお送りします。

<チェーン店情報>

吉野家01

吉野家

吉野家さんは商品ラインナップが多い印象です。

吉野家02

日本とは若干異なる商品群。少し日本より値段が高めです。

すき家01

すき家

すき家05

三種のチーズ牛丼など、日本でもおなじみのメニューが並びます。丼のサイズについて説明していることに驚きました。

値段は少々お高めですが、連日お昼時には行列ができるほどの盛況ぶり。
私が観察していた限り、吉野家さんが定番化していて単身男性が多く、すき家さんはカップルで訪れている方が多かった印象です。

モスバーガー03

モスバーガー

看板が赤いんです。日本の定番商品はほとんどあります。女の子同士で楽しそうにおしゃべりしていました。そんな様子は日本も台湾も何も変わりませんね。ちなみに、下の写真の「三明治」は「サンドイッチ」のことです。面白いですね。モスバーガー01

 

いかがでしたか?どの店も現地の言葉だけではなく、日本語(要するに元のままの表記)も残したままにしてますよね?これはチェーン店だけに限らず、薬局・家電量販店・百貨店などでも同じで「日本製=高品質、安全」というイメージがあるから残しているんだそうです。

これからも意外と知られていない台湾現地の情報をお届けしてまいります。

<TOMINAGA印の新名所>

日本人は絶対に行かないであろう場所を毎回書いていき、LIFE PEPPER発の台湾新名物を作っていきたいと思います!そんな思いからタイトルは弊社代表冨永の名前を取り「TOMINAGA印の新名物」としました。

記念すべき第一回目「TOMINAGA印の新名物」は「VINOZA」さんです。

 

VINOZA01
実は台湾ではワインも一般的に飲まれており、色々なところに高級なワイン店があります。ここではI-padで自身に合うワインのタイプ診断も無料でしてくれますし、何度も何度も試飲させてくれます。

VINOZA04

 

そんなVINOZAさんを、日本発のサービスが支えています。この写真、見覚えありませんか?

 

VINOZA02

そう、クロネコヤマトの宅急便です。

クロネコヤマトの宅急便について、店主はこう言います「割れ物を扱うことが多いので、安全なクロネコヤマトを使っています。あと、時間などの細かな指定ができるので、本当に助かっています。」。

店舗Webサイト http://vinoza.com/

今回お邪魔したのが「信義店」です。もし行かれる方は、以下の住所をグーグルマップに読み込んでください。
106 台北市大安區仁愛路四段122巷59號

<おまけ>

台湾の自動販売機で見つけた、英語表記と漢字表記が並んだコーラです。ちなみに、一本60円程度と、かなり格安です。

自販機01

自動販売機にはカルピスもあります。

自販機02

 

日本人は世界中どこへ行っても優しくされる、と色々な方が言いますが、その理由はシンプル。世界中で日本人が考えたサービス・プロダクトが役に立ってきたからかもしれませんね。これからも弊社は台湾人を日本企業の顧客にするお手伝いをしてまいりますので、どうぞ宜しくお願いします。

<画像提供>

https://umie.cc/

Pocket

この記事は参考になりましたか?