livepepperその3―日本の『旨辛』は海外に通用するのか(唐辛子編)

55
Pocket

みなさまこんにちは
株式会社lifepepperのMJです。
 
 

唐辛子編

前回、わさび編ということでわさび風味のお菓子を海外出身の三名に食べてもらいました。今回は唐辛子編です!
gitanimmita
企画前に気になる商品を挙げてもらったんですが、ニンミタさんとギイタさんは暴君ハバネロを、そしてカコウさんは蒙古タンメンをご指名ということで今回は気になる2商品ということになります。

>前回:livepepper―その2-日本の『旨辛』は海外に通用するのか(わさび編)
 
 

帰ってきた暴君ハバネロ

辛いお菓子の中では珍しく子どもの間でも人気がありますよね。私も幼いころに食べて衝撃を受けました。ああもう見た目から辛さが…。食べた後もしばらく残る辛さが特徴的ですね。
haba
各項目の点数はこうなりました。わさび編に比べると辛さの評価は高いですがそれでも3点…。あと値段に関しては値頃だという感想でした。
 
 
カコウ「パッケージから見て辛そう。匂いはそこまでスパイシーではないので少し物足りないかも。冷たいウーロン茶に合いそう。」
 
 
ニンミタ「唐辛子のイラストが素敵ね、顔がいい。辛い匂いしないけれど、味は美味しいよ。スナックとして食べるにはちょうどいい辛さね。それにしてもイラストがいいね。」
 
 
ギイタ「辛い以外に驚きがないです。味は美味しいです、砕いてふりかけみたいにして食べたい。個人的には好きですが、日本っぽいお菓子かって言われると微妙ですね。」
 
 
そして総合評価。
haba
評価分かれましたね。点数が低いカコウさんに理由を聞いてみると
 
 
カコウ「見た目すごく辛そうだったのに食べてみると意外に辛くなくて。」
 
 
なるほど…。やっぱり中華の辛さの壁は厚いですね…。
 
 

蒙古タンメン

これだけ何故かお菓子ではない…?というのも弊社カメラマンの厚海イチ押しの商品だそうで。私は初めて食べましたのですが、これは絶望的に辛かった…。全部食べきれる気がしない…。さて、項目別の得点は次のようになりました。
mouko
みなさん総じて高い…!値段もちょうどいいということでかなり美味しかったみたいです。それでも辛さはこれくらいなんですね…。
 
 
カコウ「香りはカップラーメンで、そこまで辛くはない。ただ、すごく美味しい。この中だと一番売れそう。」
 
 
ニンミタ「いい香りね。辛くはないよ。ただ、味はすごく美味しい。スリランカの人の好みの味ね。」
 
 
ギイタ「見た目かっこいいですね。辛くはないですね。口の周りは辛くなるけど、喉まで辛さがこない。味はとても良いです。」
 
 
そして総合得点!
mouko
総じて高いなあ。やはり汁物ということで感じる『旨辛』が強いんでしょうか。
 
 

それでも辛くはありません

今回の企画、どうでしたか?日本人にとってはスルーしていた部分が実は気になるポイントだったり、これは辛いよと思っているものも、現地の人には通用しなかったりと色々驚きを得られました。そして、旨辛の極みであるラーメンの評価が高いことからも、日本の旨辛は十分に通用しそうですね。スナックに関してもひと工夫すれば海外で愛される商品になる、そんな予感がした企画でした。
 
 
冨永「ありがとうございました!これはリベンジかな?」
 
 
ほんとですか!?みなさまに続編をお届けできることを楽しみにしております!そしてカコウさん、ニンミタさん、ギイタさん、冨永代表、厚海カメラマン、ご協力どうもありがとうございました。
 
 

おまけ なんで急にこんな企画始めたの?

本企画を通してみなさまに伝えたかったこと、つまり本企画の本当の目的、それは
 
「弊社のメンバー、とってもチャーミングでしょ」
 
アピール!そして
 
「弊社は社外でもこんなことやります」
 
アピール!
 
企画は終始和やかに進みました。爆速前進している弊社ですが、こうして立ち止まったときにリラックスできる風土があります。その魅力が少しでも伝われば幸いです。
そして何よりも、海外進出を考えている企業のみなさま!弊社ではもっと精度の高いリサーチを社外でもおこなうことで海外進出をサポートできます。ぜひお気軽にご相談ください。

>その他の記事はこちら

Pocket

この記事は参考になりましたか?