ムスリムの方が必ずチェックする”ハラール認証”とは

cc6b6aa358792c34526114e4e0552a50
Pocket

ハラールとは

 最近、日本でもハラールというものが流行ってきています。しかし、ハラールの意味を知らない人も多いのではないでしょうか。ハラールとはイスラム法で許された項目の事をいいます。端的にはイスラム法上で食べることが許されている食材や料理を指します。また、その反対概念である「ハラーム」というものもあり、それは絶対的に禁止されているものです。基本的にすべての食材や飲料成分はハラールですが、豚肉など幾つかのものだけ禁止されています。
56_list_halal_food_img
 イスラム法により、死んだ動物の肉、イスラムの方式にしたがってと畜されなかった動物の食肉、あるいはその派生物・牙を持っている動物(犬や猫など)・豚肉が禁止されており、それ以外の全ての食材は ハラールというものです。
また、動物を切る際に、イスラム法の作法を用いないと、ハラールの食材とは認められません。
飲み物の場合は、血液と酒がハラームに当たります。「酒」については、イスラムの教えで、酒を飲み酔ってしまった時の害が指摘されているため、絶対的に飲んではいけないと決められています。
(アルコールが少しでも入っている飲料・ケーキなどに入れるラム酒・日本料理によく使われるみりんもハラームとされています。)

しかし、緊急時にはハラールではない食品を食べることも容認されています。例えば、スマトラ島沖地震ではインドネシアのイスラム教徒に対して、外国からの援助物資に豚肉などが入っていたとしても、食べて良いとする勧告が出されました。このように一部例外で公式に食べて良いとされたこともあります。

日本に来たムスリム観光者の困難

 インドネシアの人口の大半はイスラム教徒(ムスリム)であり、彼らはイスラム教ではない国に行くとき、様々な面で困る事があります。特にお祈り場所の探すことやハラール食品の探すのは大変です。ハラール食品に関して、日本のレストランで出されるフードメニューやスーパーマーケット、コンビニで販売されている食材の大多数が、ハラール認証付いていない食材です。販売されている食品はハラーム食材(豚肉、豚エキスなど)が含まれています。
あるいは、イスラム法による動物の切り方ではない牛肉・鶏肉が使われています。また、日本料理にはみりんや日本酒がよく使用されるため、それらもハラール食品ではないとみなします。
o-SUSHI-facebook
 例えば、日本の代表になっている寿司です。近年、インドネシア、特にジャカルタでは寿司や日本料理が大ブームとなっています。基本的に、寿司は米や魚介や海苔で作られるにも関わらず、残念ながらハラールではない寿司もあります。その理由は、酢飯を作る際に酢の中にみりんやアルコールが含まれる事があるからです。さらに、寿司を食べるのに欠かせない醤油も、みりんが含まれる場合は、食べる事を禁止されています。

 本来は、ムスリムはきちんとイスラムの法則を守り、ハラールの食品や飲み物を選ばなくてはいけません。しかし、ムスリム人の中でもその度合いは様々です。

ルールを厳しく守っている人は、食品の詳細情報をきちんと読み、食材に関する不明点(例 : 肉の切り方・ゼラチンは何の動物から取られたのか等)があればメーカーに対して問い合わせます。それらの人にとって、日本のスーパーマーケットの牛肉や鶏肉は、ハラール認証がなく、購入できないのが現状です。

一方、あまり厳しくない方は豚肉・豚エキス・アルコールが含まれていなければ、どのような料理でも食べてしまいます。

日本の食品メーカーへ期待すること

 日本で、ハラール食材を使っている料理を提供する会社が増加する事は、日本に来る外国人(特にムスリム)に対して、非常に良いことではないかと思われます。ハラール認証が付いている料理が増えば、日本固有の料理を食べることが出来ます。

また、みりん・ラムやアルコールが含まれている料理の「ノン・アルコールバージョン」を作っておくという心遣いが、ムスリムの方を安心させる事につながります。

2020年には日本でオリンピックが開催されるため、訪日外国人が増える事は間違いありません。その際にハラール食材を使う食品が多くなれば、ムスリムでも日本料理の美味しさを感じることができるのでしょう。
gorin_11

Pocket

この記事は参考になりましたか?