海外で大注目!―お土産で喜ばれる日本のお菓子

snack
Pocket

みなさん、こんにちは!
株式会社LIFE PEPPERのMJ(エムジェイ)です。

面白い記事を見つけました!
日本でも大人気のお菓子「柿の種」がアメリカで売れているそうです。”Kameda Crips”という名前で値段は2倍、それでも売り上げはなんと5割り増し!

そもそも日本から海外へのお菓子の輸出自体が増加傾向にあります。2013年の海外へのお菓子の輸出金額は前年に比べ21パーセント増加したそうです。驚きですね。

海外で流行の日本のお菓子。今回はその中でも特に注目のお菓子を紹介しようと思います。

>>参考:柿の種、アメリカで売り上げ5割増し (毎日新聞)
>>参考:なぜ日本のお菓子が海外で人気なのか

お手軽な日本のお菓子が人気!

・じゃがりこ
日本でもファンの多いじゃがりこですが、海外でも人気があります。じゃがりこはスナックとしてだけでなく、お酒のおつまみとしても食べられるそうです。飛行機の機内でお酒と一緒に楽しんでいる外国人観光客も少なくありません。

・ポッキー
海外でも定番のポッキーですが、こちらもチョコの甘さや太さのバリエーションが日本では豊富で海外からは好評。また、地方限定、期間限定など、日本でしか売られていない商品はお土産として喜ばれます。抹茶味は特に人気があるそうです。

・カール
食べたときの食感の軽さ、つまみやすく特徴的な形でしっかりと味を楽しめるところが人気らしいです。ポテトチップスと比べて胃への負担は少ないところも支持される一つの理由としてあります。

・ハイチュー
かみ心地の良さと、フルーツの味が持続するところが外国人には人気。もともとはメジャーリーガーの田澤投手、黒田投手が持ち込んだことがきっかけで広まったのだとか。

大人気の背後には

ここまで日本のお菓子の輸出が伸びている背後には、日本での売り上げの伸び悩みがあります。日本では少子化が進みそもそもの市場規模が縮小しているだけでなく、コンビニのプライベートブランドなど競争も激化しています。その中でまだまだ進出する余地のある海外市場に日本企業が目を向けたことが海外の人気を後押ししています。

さいごに

日本で売り上げが伸び悩んでいる商品でも、海外では大人気、なんてこともあります。「うちの会社、実はすごい可能性があるのではないか」そう思った方、ぜひご連絡ください。また、個人的にとても面白いなと思った記事も載せておきます。ぜひお読みください。

>>参考:株式会社LIFE PEPPER
>>参考:柿の種のベストな比率は?

Pocket

この記事は参考になりましたか?