爆買いとは異なる購買傾向?次のインバウンドは”尼”向け化粧品か

5156337518_6f1a7aeae7_b
Pocket

インドネシア人女性の肌質

 

20代に入ると、女性の肌は新たなケアが必要となります。遺伝的要因やホルモンバランスが肌質に影響を与えます。外に出かける際、暑さや空気汚染の影響で、ほこりなどが肌につかないように定期的に顔をきれいに洗う必要があります。

遺伝的要因により、ほとんどのインドネシア人の肌質は混合肌です。混合肌とは、部分によってタイプの違う肌のことを言います。

 

特徴としては、

・額や鼻筋はテカテカするのに対してあごや頬は乾燥すること

・洗顔後、部分的につっぱること

・季節によって肌質が変わる

といった点があげられます。

 

そのため、スキンケア化粧品を選ぶときに、必ず汚れが取れる石鹸や、肌の弾力を維持するための物、ニキビの回避できる物を選びます。
sk2

日本の化粧品への信頼と相性

 

インドネシア人にとって、明るい透明感がある白い肌は理想な肌質です。最近、日本製のスキンケア化粧品(SKIIや資生堂など)は大ブームになっており、それらの企業はインドネシア人に製品を手に届けるため、インドネシアの大きいモールショップで販売コーナーを開設しました。

インドネシアの女性たちは、ヨーロッパ製ブランドより、日本製のスキンケア化粧品を好みます。なぜかというと、インドネシア人の肌質は日本人の肌質と近い、アジア系の肌タイプです。また、インドネシアは一年を通して気温が高いため、肌を守るために、UVケアが必要になります。それだけでなく、向こうの人たちは日本製が非常に良いというイメージを持っている人たちが多いようです。

日本製のスキンケア化粧品の価格が高くても品質が良いため、買う人は少なくないです。さらに、インドネシアの美容品ブローカーさんのレビューによると、毎日続けて使えば効果的に肌質が良くなったそうです。
img_ae630f48d1053e796237b7b802446ac7319229

海外ブランドの人気と高価すぎる化粧品の現状

 

日本人は化粧するときに、ナチュラル系の方が多いが、インドネシア人の場合、濃めの化粧が好きです。特に、都市(ジャカルタ・バンドン・スラバヤ)のショッピングモールへ行けば、インドネシアの女性達のオシャレさや普段のメイクを見ることが出来ます。日本人に比べるとかなり派手な服装の方が多いです。

そして、ある調査の結果によると、シャネル、ディオール、イヴサンローラン、アナスタシアビバリーヒルズのようなブランドメーカーが出した化粧品の方が一般的に好まれます。彼女たちはこれらの化粧品をインドネシアにあるFacebookやインスタグラム、公式ホームページなどのオンラインショップから購入します。海外で買う時に比べ、インドネシア国内で購入すると倍近くの値段になります。

しかし、やはりブランドメーカーさんの物なので、一生懸命働いて、お金を貯めて買う方が意外と多いです。

 

美しさを得るためには、スキンケア化粧品やメイクアップ化粧品をしっかり選ぶ事は大切です。値段で選ぶだけではなく、きちんと自分の肌質や顔に合う化粧品などを買った方が良いでしょう。正しい商品や使い方で、健康な輝く肌を手に入れましょう!

Pocket

この記事は参考になりましたか?