【2016年インバウンド本おすすめ10選】インバウンドビジネス今から始める人から上級者までレベル別にご紹介

man-reading-a-book-in-a-chair-picjumbo-com_opt
Pocket

先日、日本政府観光局から2016年8月は前年同月比12.8%増の204万9,200人の訪日外客数が発表されたように、どんどん拡大しつつあるインバウンドマーケット。会社からインバウンド対策するように頼まれるものの、既にインバウンドの定義は幅広く、こんなに溢れた情報の中から必要な情報を見つけるのは大変ですよね。
そこで情報の破片を整理できるという意味でも一度本を通してインバウンドビジネスを学ぶことを強くおすすめします。
では見ていきましょう。

 

1 入門編 「インバウンドビジネス入門講座 第2版 訪日外国人観光攻略ガイド」村山 慶輔

インバウンドビジネスを調べだすと範囲が広すぎるため、偏った情報をやや学びがちになります。この本はインバウンドを体系的にしっかり学び、この本を軸にネット上の情報を収納していくと頭の中が整理できると思います。
また、何から勉強していいかわからない!といった人にもおすすめです。
514xnid9nxl-_sx351_bo1204203200_

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E5%85%A5%E9%96%80%E8%AC%9B%E5%BA%A7-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E8%A8%AA%E6%97%A5%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E8%A6%B3%E5%85%89%E6%94%BB%E7%95%A5%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E6%9D%91%E5%B1%B1-%E6%85%B6%E8%BC%94/dp/4798144673/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1477028111&sr=1-3&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

2 入門編 「訪日外国人観光客ビジネスがよ~くわかる本」森山 敬

インバウンドビジネスは興味あるけどできるだけ分かりやすく全体像をつかみたい!という方にはこの本。全体的な内容は網羅しており、具体的な事例とともに将来のインバウンドにも触れている入門書にピッタリの一冊。
516xecuzoil-_sx351_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/%E8%A8%AA%E6%97%A5%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%AE%A2%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%8C%E3%82%88~%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%AC-%E6%A3%AE%E5%B1%B1-%E6%95%AC/dp/4798045527/ref=sr_1_9?s=books&ie=UTF8&qid=1477028111&sr=1-9&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

3 入門編 「ネット活用でここまで変わる! 外国人観光客を呼び込む方法」小野 秀一郎

とにかく実用的な本がこちら。特に宿泊施設や飲食店に関わっている方には必読の本。フェイスブックやトリップアドバイザーなどSNSでの具体的な活用法だったり、また中国や欧米へのインバウンド対応のハウツーも載っているので、多角的な方向からインバウンドを捉えることのできる一冊。
61gjecumt-l-_sx344_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B-%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%AE%A2%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E8%BE%BC%E3%82%80%E6%96%B9%E6%B3%95-%E5%B0%8F%E9%87%8E-%E7%A7%80%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4534053452/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1477028111&sr=1-4&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

4 入門編 「インバウンドの聖地50選」伊藤雅雄

日本に訪日した外国人は実際何をしているのかを追跡した一冊。『日本最大級の旅行情報サイト・トラベルコちゃん』のレポーターである著者が訪日後の外国人に密着した調査が詰まっている。
51d8pzoxqsl-_sx343_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/4876418101/ref=pd_sim_14_5?ie=UTF8&psc=1&refRID=AZNSSJRB3A5MCD9JMVA9

5 入門編 「国際観光誘致のしかた: インバウンド・ツーリズム振興の基本」小林 天心

旅行情報誌TRAVELJOURNALの人気連載「国際観光誘致の技法」に書き下ろしを追加した著書。どうやって外客誘致をするか悩んでる方に必読の一冊。
512n7zjvlul-_sx358_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%A6%B3%E5%85%89%E8%AA%98%E8%87%B4%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%9F-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E6%8C%AF%E8%88%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E5%A4%A9%E5%BF%83/dp/4770900589/ref=sr_1_66?s=books&ie=UTF8&qid=1477027833&sr=1-66&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

6 中級編 「外国人リピーターを確実に増やす インバウンドコミュニケーション成功の秘訣」加藤 啓介

著者は株式会社エスケイワード代表取締役社長であり、この本の中でも実際に著者の会社で行ったプロジェクトなど具体例が細かく解説されていて非常に説得力があります。また、統計結果を用いて全体に占める課題などを載せているので数字から理解を深めたい方にもぜひ手にとって頂きたい本です。
617hrhhvedl-_sx352_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%92%E7%A2%BA%E5%AE%9F%E3%81%AB%E5%A2%97%E3%82%84%E3%81%99-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E7%A7%98%E8%A8%A3-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%95%93%E4%BB%8B/dp/434499356X/ref=sr_1_7?s=books&ie=UTF8&qid=1477028111&sr=1-7&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

7 中級編 「稼げる観光: 地方が生き残り潤うための知恵 (ポプラ新書)」鈴木 俊博

グローバル化の波は地方にも影響が出ている。そんななかでいかに地方再生のためにインバウンド需要を活かすかを詳しく解説してある指南書。話題の「葉っぱビジネス」で「いろどりコミュニティ」を生み出した著者が紐解く地方創生への思いが伝わる良書。
51zwk2cb7l-_sx312_bo1204203200_

<h6アマゾンより>https://www.amazon.co.jp/gp/product/4591145646/ref=pd_sim_14_5?ie=UTF8&psc=1&refRID=M9D9A12PH7H76KMQJPWY

8 中級編 「10年後も中国人に爆売りする方法」坂口 岳洋

多くの話題になった中国人の爆買い。これから縮小していくと予想される爆買い。しかし、著者は中国人の消費性向や正しい対応を理解した上で適切な“インバウンド・マーケティング”を実践することでその減少に歯止めをかけると説く。現在の課題はどんなことが挙げられるのか、これからの消費傾向はどうであるのかに言及した一冊。
518j2a5phjl-_sx310_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/10%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E3%82%82%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%81%AB%E7%88%86%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-%E5%9D%82%E5%8F%A3-%E5%B2%B3%E6%B4%8B/dp/4344974689/ref=sr_1_85?s=books&ie=UTF8&qid=1477027982&sr=1-85&keywords=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

9 上級編 「まだまだ日本が中国で儲けられる9つの理由」高澤 真治

こちらもまた中国に対するインバウンドビジネス本。世界中がとてつもない勢いで成長している中国でビジネスを展開している中国で実際何が起こっているのか中国全体の経済や、また中国人の購買心理や需要などにズームインしたものまで幅広く掲載。日中ビジネスを展開している方には非常ににおすすめする良書。
51cjfoyhml-_sx340_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/product-reviews/4880863386/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=recent#RIFYOOW5XNOPK

10 上級編 「デービッド・アトキンソン 新・観光立国論」デービッド アトキンソン

小西美術工藝社社長デービッド・アトキンソン氏による観光政策論が展開されている。著書では、現在日本がおこなっている外国人への観光対策と実際の外国人の評価とのギャップやそれがいかにビジネスにおいて影響するのかを述べている。外国人の視点から日本のインバウンド対策を分析する情報は少なく、インバウンドマーケッターとしてぜひとも読んでおきたい一冊。
519blglnhrl-_sx346_bo1204203200_

アマゾンよりhttps://www.amazon.co.jp/product-reviews/4492502750/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=recent#R2SELAROVZNC7V

 

以下インバウンドマーケッターとして10冊の推薦図書をチョイスしました。インバウンドマーケティングはまだまだ誤解が多く、適切なマーケティングを行うことがインバウンド市場で成功する鍵です。日々ネットに溢れる情報に踊らされず、本を通すことで他のインバウンドマーケッターとは違う視点で物事を捉えることができます。
そしてインバウンド市場はデジタルメディアでのグローバル化や各国の経済成長が拡大の促進させてきました。こんなにも活気あふれるインバウンド市場、マーケッターにとって非常に力的ではないでしょうか?
この機会を気に是非インバウンドに詳しくなりましょう。

弊社が提供するインバウンドサービスはこちらから。

【おすすめ記事】:ともかく使い倒したい!インバウンド対応に便利な無料ツールまとめ
【その他の記事】:海外マーケティングブログ

Pocket

この記事は参考になりましたか?