【基礎編】インバウンドとは?アウトバウンドの意味もまるっと解説

img_3275-2
Pocket

インバウンドとアウトバウンドとは?

もはやすっかり定着した感のある「インバウンド」と「アウトバウンド」ですが、では、どういう意味?と聞くとすらっと答えられない人が多いのではないのでしょうか?

本記事では「インバウンド」と「アウトバウンド」の両単語と、その重要性を理解するための参考情報も合わせて書きたいと思います。

インバウンドとは?

色々なメディア、Webサイトで多くの説明をしていますが、ここではJTB総合研究所から引用したいと思います。

インバウンド(Inbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のこと。 日本へのインバウンドを訪日外国人旅行または訪日旅行という。
出典:インバウンド JTB総合研究所

つまり、2015年の爆買いに象徴される、訪日外国人旅行の行為を指す言葉が「インバウンド」になります。この場合の対象者は「外国人」です。

アウトバウンドとは?

インバウンドが「イン」なので、対義語の「アウト」はどういう意味なのでしょうか?こちらもJTB総合研究所から引用したいと思います。

海外旅行とは、国外へ出かけて行く旅行のこと。日本は周囲を海に囲まれているので、国外へ旅行することを海外旅行というが、陸続きの国では一般的に外国旅行とか国際旅行という。内から外へ出ていくことからアウトバウンド(Outbound)ともいう。
出典:海外旅行 JTB総合研究所

つまり、海外旅行のことを指すみたいですね。日本人が夏休みにハワイに行ったり、韓流ブームの時に日本人が大量に韓国へ旅行するなどといった事象が該当しそうですね。この場合の対象者は「日本人」です。

インバウンドが注目される理由とは?

では、なぜ最近「インバウンド」という言葉が注目されるのか?を、様々な角度から見ていきたいと思います。

インバウンド・アウトバウンドのトレンド比較

まずはネット上の話題性を切り口に、対義語のアウトバウンドと比較してみてみましょう。

以下、ネット上の注目度を可視化できる「グーグルトレンド」を使って、インバウンドとアウトバウンドの「トレンド度」を可視化したものです。

それでは、まずはアウトバウンドから。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-14-37-44

ご覧の通り、2011年から特に推移なく検索がなされているようです。

次に、インバウンドを見てみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-14-37-31

この通り、2014年の秋ごろから急激に数値が伸びており、2016年には、アウトバウンドを超すいきおいで検索がされていることがわかります。

こうやって比較してみると一目瞭然ですが、アウトバウンドは2011年から広く知られているのに対し、インバウンドは最近の注目ワードであるため、まだまだ新しい概念だと言えます。つまり、それだけ真新しく、また、新しいビジネスチャンスが眠っているとされ、注目を集めていると言えます。

弊社が提供するインバウンドサービスはこちらから。

【おすすめ記事】:インバウンドによる経済効果はどのくらい?
【その他の記事】:海外マーケティングブログ

Pocket

この記事は参考になりましたか?