インバウンド・マーケティングの成功の秘訣

Pocket

インバウンドマーケティングとは?

従来のアウトバウンドマーケティングとの違い

インバウンドマーケティングは顧客が興味を持ちそうなコンテンツを制作・発信することにより顧客に「見つけてもらう」ことを目指します。
宣伝広告などによって顧客の関心・興味を引き出すアウトバウンド・マーケティングとは違います。

ゆえにインバウンド・マーケティングは「企業の発信したい情報」を発信するのではなく、「顧客が欲しいと思う情報」を発信します。顧客視点を持つことが最も重要になるのです。

インバウンド・マーケティングの魅力

インバウンド・マーケティングの最大の魅力は「低コストで質の高い見込み客が得られること」です。

インバウンドマーケティングにおいて顧客獲得フローは通常のマーケティングと同様に以下のようになります。
1.潜在顧客→2.見込み客→3.新規顧客→4.リピート顧客

インバウンドマーケティングにおいて最も重要なのは1.潜在顧客→2.見込み客であり、それらはオウンドメディアやコンテンツマーケティングで主に進められるため低コストで顧客獲得が可能です。

しかしこれらのコンテンツは長期間、定期的に続けることによって顧客の信頼獲得が実現するので愚直に続けられる根気が必要となります。

秘訣1.コンテンツマーケティングを活用

弊社では定期的にブログを更新し、潜在顧客から見込み顧客へのコンバージョンに力を入れています。
ここで大事なのがターゲットを明確にすることです。これは上記で述べた「顧客視点」を持つことに通じます。

弊社ではターゲットを「海外市場展開を検討する企業様」に絞り、主にインバウンドやインフルエンサー、海外マーケティングに焦点を当ててコンテンツを作成しています。

質の高い見込み顧客を獲得する上で最も重要なことは
・ユーザー視点でニーズを考え、コンテンツを作成する
・長期間取り組み、蓄積されたコンテンツでSEOを上げる

ことです。ブログは良質なコンテンツを定期的に発信し続けることによって、質の高い見込み客を低コストで獲得することができますが、それには長期的なプランが必要です。

秘訣2.SNSと連動

オルビス社のTwitterによるアクティブサポート

SNSといっても様々あるのでどのSNSを使うかによってもアプローチは様々ですが、化粧品などを扱うオルビス社はそれぞれの特徴を生かしインバウンドマーケティングに活用しています。

Twiitterではお客様に対して直接商品に対する意見やトラブルなどを聞くアクティブサポートを実施しています。
ネガティブな意見を公表するのはあまり好印象にうけないかもしれませんが、このような顧客の声を聞く場を設けることによって、顧客の信頼が得られます。

Pocket

この記事は参考になりましたか?