サムライ東大生が世界に挑む!

好きな画像
Pocket

武士やサムライを切り口に、日本の文化や歴史に’楽しく’ふれるきっかけを作る」という志のもと、身近な歴史を面白く伝えるファッション武士、RYO!さん。

小学生の頃、大河ドラマ「利家とまつ」を見たのがきっかけで、武士の道へ入ったRYO!さん。
敬愛する前田利家さんの子孫の屋敷跡にあるということに縁を感じ、一年浪人の末、無事に(武士に)東京大学に入学を果たします。
東京大学で学業と音楽活動を精力的に行った後、音楽の道に専念するために休学を決意。休学中、小中高生に歴史を教える活動の中で、歴史が嫌いな塾生がとても多い事に気づき、その理由を分析。年号の暗記、難しい漢字のみにフォーカスされた現代の歴史教育に疑問を感じ、歴史にも面白い部分が沢山あることを”楽しく”伝える決意をされたそうです。大好物はキュウリで、一気に3本は食べるとのこと。

最近では浅草で行った「ムスリムおもてなしマップ」の配布活動が浅草経済新聞に取り上げられたり、東京大学を代表し北京大学へ行き2日に及ぶ「中国と日本の共通課題について」のディスカッションで所属チームの優勝の原動力となったり、NHK教育テレビ「知恵泉(ちえいず)」に出演し、日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎さんや落語家の林家三平らと共演したり。日本だけでなく、世界に名前を轟かせています!

世界中で精力的に活動されている”サムライ東大生”のRYO!さんに世界へ挑む熱い志を聞いてみました。

ファッション武士とは?

拙者の職業でござる!プロのサムライじゃ!

どんなことをしているの?

毎週土曜日に、世田谷区の松陰神社前で松下村塾ならぬRYO下村塾(りょうかそんじゅく)という塾を開き、歴史の面白さを伝えています。
毎月恒例の松陰神社ツアー(参加費1000両)以外は、基本的に無料で誰でも参加可能です。
また、10人以上集まる場所であれば、日々の暮らしの役に立つような歴史のお話を伝えに、どこへでも出陣します。ライブハウスで、オリジナル武士曲やアニソンのパフォーマンスもしまする。

RYO!さんから見た日本は?

いとをかしな国でござりまする!

今後の活動について

歴史の講演やパフォーマンスなどと合わせて、まちの独自の歴史を再発掘して、世に発信する’歴史ブランディング’という事業を進めておりまする。気になる方は下記メールまでお問い合わせ下さいませ。さむらいらい!
ryo.sing69@gmail.com

10人以上であれば、どこへでも歴史のお話しに参りまする”という、武士に対する熱い想いと圧倒的な行動力が印象的なRYO!さん。ブログの名前やコンテンツ内容も「武士」のエッセンスが散りばめられていて、一見の価値ありです!筆者のオススメは盆踊りを現代風にアレンジした「現代風盆ダンス」。

RYO!さんと弊社の道は違えど「日本の文化を海外に伝えたい」と言う志は同じです。まさに幕末、志(こころざし)は違えど大局的に協力し合った志士のように。 これからも弊社は日本中の全ての日本人同士で協力して世界と商売をし、世界を小さく、可能性を大きくすることを目指していきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

武録(ぶろぐ):http://samurairyo.com/
講演依頼、出演依頼:ryo.sing69@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/RYO_ReaL
Facebook:https://www.facebook.com/ryo.real.7
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCF5cSYHBzloq2287IKh4QIg

Pocket

この記事は参考になりましたか?