【今さら聞けない】海外マーケティングにおいて、Facebook が有効なわけ

facebook-service
Pocket

本記事では、海外マーケティングにおける Facebook ページ運用の重要性と活用方法について解説していきます。

Facebook とは?Facebook ページとは?

Facebook は 2016 年時点で、全世界で 16 億のアクティブユーザー(活動しているユーザー)を有する世界 No.1 のソーシャルネットワークサービス(SNS)です。その内、訪日外国人が多いアジア主要国の Facebook 利用率(対人口)を見てもかなり多く、アジアだけでも 5.4 億のユーザーを有していることから、Facebook のビジネス的な価値が伺えます。

facebook-use-aroundasia

(画像引用元:http://blog.members.co.jp/article/19645)

Facebook ページとは、Facebook 内の「ホームページ」みたいなモノと認識してもらえば差し支えありません。企業が Facebook ページを開設すれば、Facebook 上で情報配信ができ、自社の活動をユーザーに届けることができます。

また、Facebook 上のユーザーは気に入ったページを「いいね」することができ、「いいね」されたページで更新される情報は、「いいね」をしたユーザーに定期的に届くようになります。これは「メルマガ」と似たような機能で、メルマガより優れているのは、ユーザーは届いた情報を気に入れば、「コメント」や「シェア」したりすることで、「いいね」をしていないユーザーにも拡散されるということです。つまり、良質な情報はどんどん拡散されて認知される仕組みなのです。

Facebook ページに期待できること

優良な顧客・見込み顧客(ファン)の獲得

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見したパレートの法則(80:20の法則)では、売上における 8 割は 2 割のファン(リピーター)によって生み出されると言われています。

そのようなファンの創出・育成で、絶大な効果を発揮するサービスが Facebook なのです。Facebook は皆プライベートで利用しているので、気に入った音楽、映画、趣味、グルメ、そしてサービスや商品などをシェアします。自社のサービスや商品の魅力を正しくファンに発信できれば、それらは彼らのプライベート生活に溶け込み、相互コミュニケーションが生まれるわけです。

どんな国のどんな人に自社商品やサービスが人気かを知れる

Facebook では分析ツールが内蔵されています。自社の Facebook ページに訪問したユーザーや「いいね」などのアクションをおこしたユーザーの性別、年齢、出身国などが分かります。また、Facebook の広告を運用することで、どの国のどういったユーザーが貴社商品に特に関心があるのかを知ることができます。つまり、ライトなテストマーケティングがいつでも気軽にでき、予算が数万円でも Facebook を活用するとしないとでは雲泥の差が生じます。

ファンからの意見収集が簡単にできる

Facebook の最大の特徴は、SNS であるがゆえのユーザー間の双方コミュニケーションです。「いいね」がついたり、コメントされたりすることで、ユーザーが自社の投稿、自社の商品やサービスに対してどう思っているのかが分かります。それだけでなく、活用方さえ心得れば、Facebook 上でイベントを開催したり、プレゼント企画を行ったり、色んな手法で、ユーザーの参加を促し、そこからユーザーの意見を吸い取ることができるのです。

Pocket

この記事は参考になりましたか?