インバウンドリサーチ

inbound-research-top

貴社のインバウンド戦略、
顧客の対象を「訪日◯◯人」と一括りにしていませんか?


訪日外国人数は年々増加しています。

2013年には東南アジア5か国でビザ取得が緩和され、2015年には「爆買い」が流行語大賞に選ばれるなど、インバウンド市場は益々注目を浴びています。

また2020年には政府が4,000万人の訪日数を目標に掲げるなど、その経済効果は8兆円とまで予想されています。

一人当たりの購買力が高い事が特徴である訪日外国人ですが、貴社のインバウンド戦略ではどのように定義されていますか?文化が違うため、その「行動パターン」「情報収集先」は、国での違いはもちろん、年代や興味分野によって全く異なります。

言語が異なるため、この部分が見えづらく疎かにしがちな部分ですが、日本人相手のマーケティングで顧客を日本人とは定義する会社はないでしょう。それは訪日外国人の場合でも同様です。

弊社は「FIT(個人観光客)への街頭リサーチ」の豊富な実績から、エリアごとに「外国人の割合」「その場所の滞在目的」「滞在している年代や属性」「何日目に訪れる可能性が高いか」など、エリアごとの外国人の特性を把握しているので、クライアント様のリサーチのニーズに効果的な調査を提案することが可能です。

目次に戻る


こんなことでお困りではありませんか?

海外向けの施策で、どれが当たっているのか分からない
隣の店になぜ、
外国人が多いのか分からない
買い物中に、何をチェックしているのか分からない
何も買わずに出て行ってしまう、理由がわからない
特定のエリアでのリサーチを行ってみたい
なぜ買う商品が偏っているのかわからない
訪日前にどんな情報収集を行っているのかわからない
海外向けに新しく始めたサービスが、受け入れられるのか分からない

今後拡大していくグローバル市場、目の前にはオリンピックも控えている中、
インバウンド市場でマーケティングを進めるためには、訪日外国人でも顧客像を明確にすることが必要です。

ハードルが高いからこそ、マーケティング次第でシェアを拡大できるチャンスがそこに広がっています。私たちと一緒にターゲット客の「本音」を聞き出しましょう。

<調査対象国>

中国、台湾、香港、韓国、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、欧米圏.etc

<調査の形式>

団体バスリサーチ
街頭でのキャッチ
出口調査
サンプリングアンケート

目次に戻る


LIFE PEPPERのインバウンドリサーチの強み

外国人留学生

外国人調査に携わり、海外とのビジネスにも知見の深い留学生を起用しております。
また母国で優秀な成績を残し、日本に留学している学生を起用するため、訪日中の外国人から聞き出せる情報は紙面での定量的なデータに留まりません。
日本語×母国語のバイリンガルによる調査のため、クライアント様の意向を十分に理解し必要な情報を収集します。

レポートでは、海外での長期滞在歴のあるメンバーが分析を行うため、リサーチによって収集できたデータに加え、その国での文化背景を踏まえた分析・助言を行うことが可能です。

こんなセグメントへのリサーチが可能です。

・日本に来て初日の中国人観光客から声を集めたい!
・◯◯の店舗で買い物をした観光客に、お店の言語対応について聞きたい!
・ガイドブックを持って観光をしている欧米人に、満足度を聞きたい!
・観光地のどんな場所を写真スポットに選んだのか、実際の写真を見せてもらいたい!
・日本に来る前に参考にしてきた、ブログ記事を知りたい!
・韓国人のその日ファッションを撮影したい!
・免税店で実際に購入した商品を見せてもらいたい!

目次に戻る


事例紹介

GMOリサーチ様と業務提携の際に共同で発表したインバウンドリサーチデータ (一部抜粋)

【秋葉原での訪日外国人観光客・街頭調査結果】
業務提携第1弾として、東京・秋葉原を訪れた外国人観光客100名に対し、共同の街頭インタビュー調査を実施いたしました。同調査では、主に秋葉原での観光の目的について、団体ツアー客と個人客、中華圏と欧米の観光客の比較を行っています。

●調査テーマ:訪日外国人観光客の秋葉原訪問目的の詳細把握
●調査対象:中華圏(中国本土、台湾、香港)団体ツアー客40名
中華圏個人客38名、欧米人ツアー客2名、欧米人個人客20名
●調査期間:2016年4月4日、4月6日
●調査方法:街頭調査
●調査場所:JR秋葉原駅近辺

gmo-research1
秋葉原を訪問した目的 (n=100 複数回答) [ 目的×旅行形式 ]

gmo-research2
秋葉原訪問にあたっての情報収集先 (n=100 複数回答) [情報収集先×旅行形式]

【明らかになった情報】
今回の調査では、中華圏では団体ツアー客、個人客がほぼ同じ割合であったが、訪日2回目以上のリピーターは、個人旅行にシフトする傾向にあることがうかがえる結果となった。また、欧米人は9割以上が個人客であった。
また、訪日目的においては、調査を行った秋葉原という地域が持つ“家電”または“サブカルチャー”という特性を旅行者がどのように捉えているのかがうかがえる結果となった。中華圏・欧米の個人客は、サブカルチャーを目当てに、関連グッズの購入や見学・体験に訪れている人が多いことがわかった。特に中華圏の旅行者は“爆買い“のイメージがあるものの、「アニメ」「マンガ」「ゲーム」「声優」といったサブカルチャーを目的とした人が約5割にのぼり、家電購入目的の約2割を上回ることがわかった。

 もちろん、家電の購入を目的としている人も、中華圏・欧米ともにサブカルチャー目的に次いで多い。中華圏では団体ツアー客の6割以上が買うものを型番まで確定するなど、事前に購入商品をリサーチして指名買いする人が多い一方で、欧米客は品目以外を決めず、店舗で品定めをして購入商品を決定する人が多いことがうかがえる。  さらに、秋葉原の持つイメージは、海外においても“サブカルチャー”や“オタク文化”に象徴されており、こういった嗜好を持つ旅行者を強力に惹きつけていることがわかった。関心の深いアニメやマンガについて、最近の作品も挙げられていることから、その流行の伝わる速さは日本とあまり変わらず、今後インバウンド消費拡大を狙ううえで、“サブカルチャー”は一つの切り口となると考えられる。

目次に戻る


調査実査の流れ

LIFEPEPPER留学生勉強会160702-4

01
専門調査員への指導

① 調査目的、目標、調査背景の共有
② 実施のスケジュールの確認
③ アンケート実施での注意点を指導
④ 会話の中で取得したい付加情報を指示
⑤ 調査場所の特性を共有

※調査初日の調査員に対して毎回行ないます。

02
調査(アンケート)開始

① 予定の調査場所でアンケート実施
② 調査初期は調査員と弊社の現場指導員の二人体制でアンケート実施
③ 調査での注意点を認識させる
④ 1サンプル収集ごとに追記事項や聞き取りによって得られた情報を記入

03
休憩時:調査中間報告

① 実際のアンケートでの気づきや疑問点の質疑応答
② その日のサンプル取得状況の報告
③ 自由回答欄に現地語で記入された内容を、記憶の新しいうちに最適な日本語に意訳
④ アンケートの取得状況、報告状況に応じて調査場所や注意点を場合によっては変更

04
調査(アンケート)実施後半

中間報告の内容を活かし、後半の調査を同じ要領で実施

05
1日の調査終了時の振り返り

① 調査員から気づきフィードバック
② モニターから得られた調査外の情報から、クライアント様の参考になる情報を抽出
③ 調査案件全体での進捗の確認

06
調査の実査工程終了後

① 調査指導員と窓口担当者でデータのチェック
② 入稿データの作成
③ 入稿データのミスチェック

research-photo