【インタビュー記事】韓国でSEOを成功させるなら!韓国のSEO事情について迫りました! – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

【インタビュー記事】韓国でSEOを成功させるなら!韓国のSEO事情について迫りました!

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

こんにちは!lifepepperの鈴木です。今回は韓国向けのSEO対策について弊社の都所と対談しました。対談の中で日本や他の国とも異なり韓国では独特の切り口でSEO対策をしていることが判明しました。

韓国SEO対策は難易度が高いのか

鈴木:よろしくお願いします。

都所:よろしくお願いします。

鈴木:今回韓国SEOについて調べた際に疑問を抱いた点などを中心に対談を進めていきたいと思います。早速ですが韓国でSEO対策をしても効果が薄いという記事を見たのですがそれに関してはどうお考えですか?

都所:捉え方の問題ですね。そもそも韓国と日本とでは使用している検索エンジンが異なるので。韓国でSEO対策が難しいというのは日本のスタイルをそのまま韓国に当てはめてしまうと難しいという点では正しいと思います。日本はGoogleやYahoo!が主要な検索エンジンとして用いられる一方、NAVERという検索エンジンを韓国人ユーザーが利用しています。

日本と韓国の検索エンジンの相違

鈴木:検索エンジンはそれぞれの特徴が大きく異なるのでしょうか?

都所:はい、大きく異なります。日本人が主に利用するGoogleは300近くあるチェック項目からキーワードを選出し、ユーザーにとって価値のあり信頼できるサイトであるかを独自のアルゴリズムで得点を算出しランキング付けています。つまり、Webサイト自体の質を向上させていくことがGoogleにおけるSEO対策になるのです。

一方の韓国NAVERは検索の仕組みは異なりますがYahoo!と同じポータルサイトで、コンテンツごとに表示される特徴があります。例えば東京ホテルを韓国語で検索すると上からリスティング広告、ホテル予約、ブログと行った風にカテゴリーごとに検索結果に表示されるようになっているんですよ。なので難しいというのはこの点に関してではないでしょうか。日本におけるGoogleやYahoo!と同じSEO対策を取ることが難しいという点に関しては事実です。また、NAVERのリスティング広告掲載数は非常に多いです。Googleが5個であるのに対し、NAVERは20個掲載できます。

 

鈴木:なるほど、では韓国SEO対策で集客するにはどうするのが効果的なのでしょうか?

都所:NAVERでは検索するワードによって出るカテゴリーが異なるんですよ。だからユーザーが欲しがるようなカテゴリーを探す必要があります。

韓国でブログ利用率が非常に高い理由

鈴木:実際にどんなカテゴリーを求めているのでしょうか。

都所:ブログです。韓国では検索したワードに関するブログを見る人が多くてブログでSEO対策が取れてしまうんですよ。すごく質の良く内容が面白いブログでしたらとても効果的です。

鈴木:ありがとうございます。ちなみにオススメのブロガーさんがいましたら教えてください。

都所:はい、韓国プロブロガーのヨチさんです。

鈴木:どのような方なのですか?

都所:先ほどの通りNAVERで検索上位表示の難易度が高いのですがヨチさんは常に検索上位表示させることができるプロブロガーです。彼女のブログは月間40万PVを獲得しています。また日本が大好きで年間100本近くのブログを挙げていらっしゃるので非常に勉強になると思います。

鈴木:今ヨチさんのブログを拝見させていただきましたがとても面白いです。写真が綺麗でコンテンツ自体もわかりやすく工夫されていますね。韓国ユーザーがブログを利用する理由がわかりました。

カテゴリーを探すコツ

鈴木:先ほどの話題に戻るのですがブログのようなカテゴリー、キーワードを探す際のコツのようなものはありますか?

都所:このワードを見込み客は調べるであろうと思われるキーワードをいくつか決め、20個くらい入力して上位に来るものに対して動き始めるというのが必要です。つまり、見込み客が欲しがるカテゴリー、調べるであろうキーワードを理解することが重要ですね。実際にキーワードを調べるツールがあります。GoogleはGoogleアドワーズのなかのキーワードプランナーというのがあります。そして似たようなツールとしてNAVER検索広告があります。例を挙げると、日本旅行と検索すると日本自由旅行・日本観光・東京旅行などのキーワードが検出されます。このキーワードの中から見込み客が選ぶであろうワード且つ検索ボリュームが高いワードを選ぶと良いですよ!もしわからないことがあればLifepepperに相談してください。

鈴木:SEO、ブログ以外にも韓国で重宝されている情報源はありますか?

都所:韓国でもSNSはやはり情報源として重宝されています。FacebookやInstagram、カカオトークが主要に使われています。

韓国人ユーザーが多いカカオトークとNaver Cafeとは

鈴木:カカオトークとはどのようなSNSですか?

都所:カカオトークは韓国で最も利用されているメッセージアプリです。これから派生したカカオストーリーを利用する韓国人ユーザーが多いです。日本でいうLINEのタイムラインが独立したものと考えていただければいいと思います。

鈴木:ありがとうございます。カカオストーリ以外に韓国独自の情報源になり得るものはありますか?

都所:NAVERは趣味や興味のあることで繋がることができるコミュニティサイト「Naver Cafe」を運営しています。ユーザーの興味あるテーマに関する「カフェ」を立ち上げることも好きなカフェに参加することもユーザーの自由であるという特徴があります。そしてその中で共通の趣味などを抱いたユーザー同士がミニブログのようなものを共有しやりとりを行うのです。例えば名古屋に関するコミュニティサイトがあります!

鈴木:なんだかアメブロに似た内容ですね!今回の質問は以上です。ありがとうございました。

 

まとめ

・日本ではGoogle、Yahoo!が主な検索エンジンであるが韓国ではNAVER利用者が圧倒的に多い。

・韓国でのSEO対策は日本よりも難易度が高いが、ブログのようなカテゴリーを用いて対策が可能である。

・見込み客が欲しがるキーワードを理解することが必要不可欠。

・キーワードを理解するにはツールを使う。もしくはLifepepperがお力になります。

・SEO以外にもカカオストーリーやNavercafeも有用

以上のことが今回の対談で判明しました!最後まで視聴して頂きありがとうございます。

 


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
LIFE PEPPERをもっと知る