アジアで注目された面白いプロモーションの事例 3 選

この記事を一言で:

海外(アジア)で面白いプロモーションの事例3選を紹介する

アジアでも最近では非常に質の高いプロモーションが行われています。 今回はその事例を3つご紹介します。

① 実話を元に作成された感動を呼ぶプロモーション


タイでは1月16日の「教師の日」に、生徒が教師に感謝の意を表す習慣があります。 この日に合わせ、タイのセブンイレブンが公開したのがこちらの動画。 貧しい子どもたちの教育のため、土地の買収を拒否し、生徒との小さな学校を守り続けている96歳の校長先生を取り上げています。 8分57秒もあるミニドラマのような動画ですが、実話に基づくストーリーが多くの反響を呼びました。

② フィリピンのゲーム好きも思わず虜に!You Tubeプレロール広告


即座にスキップされてしまいがちなプレロール広告ですが、Mountain Dew(マウンテンデュー)は“ゲームができる”プレロール広告を出稿し、広告閲覧率を12倍アップすることに成功しました。 フィリピンの土地やフィリピン民話に登場する怪物などが現れるゲームになっており、フィリピン文化を強く反映しています。

③ Instagramのストーリー機能を使ったDV防止啓蒙施策


 UAEの家庭内暴力被害者支援団体「Dubai Foundation for Women & Children(以下、DFWAC)」は、DV防止を人々に広く伝えるため、インスタグラムを活用した啓発キャンペーン「Life of Farah」を行いました。 DFWACが開設したFarahという架空の女性のInstagramアカウントでは、ユーザーアイコンに設定された“再生マーク”をタップするとある仕掛けが始まります。 詳しくは動画を御覧ください。

海外向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ