海外主要国向けのリスティング広告

関連キーワード

海外 検索エンジン 海外 リスティング広告 海外 プロモーション 海外 広告 海外 リスティング広告

海外で利用できるリスティング広告一覧

 「海外の検索エンジン事情」でご紹介した通り、海外には様々な検索エンジンが存在します。何と言ってもリスティング広告の最大のメリットは、それらの検索エンジンに気軽に広告を出稿し、すぐに外国人を集客できることです。

海外の検索エンジンは様々!海外リスティング広告も様々!

 上図の通り、国によって利用されている主要検索エンジンは大きく変わります。世界的に見ると、Google が圧倒的に大きなシェアを占めていますが、逆に Google のシェアが著しく小さい国も多く存在します。海外に向けたリスティング広告を実施する際は、必ずその国で、どの検索エンジンが最も大きなシェアを占めているのか、そしてその検索エンジンでそもそもリスティング広告が実施できるのか、必ず確認が必要になります。これから具体的に、どの様な検索エンジンで海外リスティング広告が実施できるのか、簡単に紹介します。

Google リスティング広告

 言わずとしれた世界最大の検索エンジンです。世界の検索エンジンシェアの 70% を占めていると言われており、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、南米など、いくつものエリアで圧倒的な人気を誇っています。Google が提供する Google AdWords を利用すれば、簡単に世界中の Google 検索エンジンでリスティング広告が実施可能です。アカウントは簡単に日本国内からでも開設することができ、管理設定や専用サポートも日本語になっています。配信先国を変えるだけで、日本にいながら簡単に海外進出ができるのです。

Yahoo リスティング広告

 日本でも利用率の高い Yahoo。世界的に見ると、「台湾」でも大きなシェアを占めています(Google 60% 対 Yahoo 40% と言われています)。日本で Yahoo リスティング広告を出稿する際は Yahoo Japan が提供する Sponsered Search を利用しますが、海外リスティング広告の場合は Bing Ads というツールを利用します(日本の Yahoo から海外リスティング広告は実施できないので、気をつけてください)。Bing Ads は米 Microsoft 社が提供するリスティング広告出稿ツールです。簡単に日本の振込口座などでアカウントの開設は可能ですが、言語が英語のみとなっており、Google AdWords と比べて少し日本人にとっては利用のハードルは高いです。

百度(Baidu)リスティング広告

 中国最大の検索エンジン、百度(Baidu)。中国の検索ユーザーにリーチしたければ、必ず抑える必要があります。ただし、百度(Baidu)で海外リスティング広告を利用することは非常に難しいと認識してください。まず、日本国内の口座からは登録することができず、中国本土の銀行口座を登録して開設する必要があります。さらに管理画面やサポートなども全て中国語になっていたり、厳しい広告出稿の審査、アカウント開設の審査や条件なども設けられており、日本企業が百度(Baidu)リスティング広告を利用することは一筋縄ではいきません。百度(Baidu)リスティング広告を実施されたい場合は、日本国内の広告代理店を利用することをオススメします(弊社も提供しておりますので、お気軽にご相談ください)。

Naver リスティング広告

 韓国では Naver の検索エンジンが最も利用率が高いです(80% 以上だと言われています)。Naver にもリスティング広告のサービスが提供されておりますが、百度(Baidu)と同様、日本企業からの出稿は非常に難しいです。同じ様に韓国現地の銀行口座を登録する必要がある上、管理画面は韓国語のみになっております。韓国人ユーザーにリーチしたければ、 Naver は必要不可欠になりますので、どうしても利用されたい場合は、百度(Baidu)と同じ様に国内の代理店を利用することをオススメします(弊社も提供しておりますので、お気軽にご相談ください)。

海外向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ