百度(baidu)のSEO対策:百度の検索結果に表示されるための施策3選

関連キーワード

中国 百度 baidu バイドゥ SEO対策

百度(baidu)でのSEO対策とは

百度(baidu)でのSEO対策は基本的には考え方はGoogleのSEO対策と類似しています。しかし、技術的なSEO施策以前の「検索エンジンに認識される」までのステップが複雑です。ここでは「検索エンジンへの登録」の前と後でのSEO対策を解説します。

検索エンジン百度(baidu)に認識されるためにやるべき3つのこと

1. 中国工信部へのWEBサイト登録申請

中国では国内で利用されるWEBサイトを一括で管理しており、適切にユーザーにサイトを表示させるためには中国工信部へのサイト構築申請を提出する必要があります。 中国工信部WEBサイト: http://www.miit.gov.cn/

2. 百度(Baidu)へのサイトインデックス依頼

中国工信部への申請を終えたら、次は百度へのインデックス(検索エンジンへの登録)を依頼する必要があります。以下のURLより百度のインデックス依頼ページを訪れ、自社のWBサイトのURLを入力し、サイトの存在を百度(baidu)に知らせてください。 http://zhanzhang.baidu.com/linksubmit/url

3. サイトマップの送信

サイトマップと呼ばれる各WEBサイトの構造を示したファイルを作成し、百度に対して送信をしましょう。百度(baidu)がクロール(検索順位を修正するために必要な評価作業)を行う頻度はGoogleのクロールに比べ、頻度が低くなっています。そのため、サイトの変更を行った際にはこまめにサイトマップの再送信をお勧めします。

検索エンジン百度(baidu)で検索順位を向上させるためにやるべきこと

百度(baidu)では、比較的にGoogleに似た検索順位の評価手法を取っています。 例えば、titleタグやh1,h2タグに狙っているSEOキーワードを盛り込む点などは、基本的にGoogleと同様です。しかし、大きく違う点はmetaタグ情報が直接百度(baidu)で表示されるという点です。 そのため、metaタグの設置は必須となります。Googleではランダムに表示される場合もあるため、自分でコントロールのできる百度(baidu)は説明文の表現でのA/Bテストに最適です。

中国向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ