【最新版】中国検索エンジン利用者ランキングTOP5+α

関連キーワード

中国検索エンジン 百度 baidu バイドゥ 360搜索

中国で利用されている検索エンジンは?

中国国内では、百度(baidu)をはじめとする中国独自の検索エンジンが利用されています。もっとも利用者数の大きい検索エンジンはご存知の通り「百度(baidu)」という検索エンジンです。

PC版&モバイル版 中国検索エンジンシェア(2017年3月)

1位:百度 76.9%
2位:神马 8.76%
3位:360搜索 7.86%
4位:搜狗搜索 3.31%
5位:Google 1.83%
6位:必应 2.15%

PC版 中国検索エンジンシェア(2017年3月)

百度 59.87%
360搜索 25.19%
Google 4.85%
搜狗搜索 4.3%
必应 3.86%

モバイル版 中国検索エンジンシェア(2017年3月)

百度 83.2%
神马 12.52%
搜狗搜索 2.87%
Google 0.51%
必应 0.36%;
360搜索 0.26%

中国検索エンジンランキングの注目のポイントは?

注目ポイントは新興の検索エンジン「神马」

神马(シェンマ)という検索エンジンは、この一年で急激にシェアを拡大してきた検索エンジンです。特徴は、モバイルでのみ利用されている検索エンジンだということです。神马(シェンマ)はモバイルに特化することで、モバイルユーザーの検索満足度をあげるようなシステム開発デザイン開発でシェアを拡大してきました。

360捜索はPCでは百度に続く圧倒的なシェア率

360捜索も近年急成長してきた検索エンジンです。これはPCでのシェア率がかなり高いですが、モバイルではあまり利用されていません。これには360捜索の成長背景が関係しています。360捜索はもともとPCに導入するウィルス対策ソフトでした。そのシェアを伸ばす過程で利用者拡大に伴いプラットフォーム化を行いました。この検索エンジンを利用すれば、ウィルスに感染しにくいというブランディングに始まり、今もシェアを拡大しています。そのため、PC版でのシェア率が大きいというデータが出ています。 出典元:「全球中国搜索引擎市场份额排行榜」 http://www.search1990.com/other/semsc.html

中国向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ