中国向けWebマーケティングで活用できるサイト5選

関連キーワード

中国向けウェブマーケティング

中国に注目する理由

観光地での爆買いなどで話題に取り上げられている中国ですが、優秀な人材が多く、侮れない存在となってきています。2012年中国検索エンジン市場規模は日本円にして3941億円ですので検索エンジン市場の約40%を占めています。また2016年上半期の中国インターネットショッピング市場は日本円で446,468億円まで規模が拡大されています。このようにすでに発展成熟期に入った中国インターネットショッピング市場はこれからも存在感を大きくしていくでしょう。

中国マーケティングに使えるサイトその1:淘宝网(tao bao)

淘宝网とは

淘宝网はアジア・太平洋沿岸地区で多く使われているインターネットショッピング用サイトで、阿里巴巴(アリババ)の傘下集団でもあり2003年に作られました。またこのサイトは中国では絶大な人気を誇り、個人で売買している人も多く存在していて、日本のメルカリの強化版とも言えます。

中国マーケティングへの応用

淘宝网は一週間で3500万人以上の利用客があり中国の電商网ランキングでは一位を記録しています。なのでリアルタイムで今の中国人の流行り、旬をいち早く知ることができます。さらにそれに応じた商品を提供することによりビジネスに応用することが可能です。

中国マーケティングに使えるサイトその2:微信(We chat)

微信とは

微信は中国で一番の人気を誇っているSNSで日本のLINEと同じような役割を担っています。おまけに色も緑一色で統一されています。LINEと違うのは、微信はモーメンツという個人投稿機能が備えられていて、中国では禁止されているツィーターの役割を果たしていると言えます。

中国マーケティングへの応用

微信は、中国人の間ではただの友達のアドレス交換ではなくて仕事上の取引先の人のアドレスの追加も一般的に行われています。そのため、モーメンツを見ることにより相手が何を求めているのかが一目瞭然です。また微信支付(ウィチャットペイ)という、微信のQRコードを使って買い物ができる機能も付いているのでより簡単に商品を買うことができます。

中国マーケティングに使えるサイトその3:大众点评(da zhong dian ping)

大众点评とは

2003年に上海で設立され、世界初の第三者による消費、コメントができるウェブサイトです。大众点评は消費者に口コミ、割引などの情報を提供するほか団体購入(团购(tuan gou))、レストラン予約、及び出前サービスも提供しています。特に团购は、知っているもしくは知らないと人同士が協力して売り屋との交渉力を大きくし、よりリーズナブルに商品を購入する購買方法です。

中国マーケティングへの応用

中国で今や团购は、小さいものはカラオケ、大きいものは高級レストランやホテルなどどこにでも存在しています。需要が多いものは团购でも多く利用されているので、大众点评から人々のニーズを知ることができ、中国人向けのマーケティング戦略に応用することができます。

中国マーケティングに使えるサイトその4:赶集网(gan ji wang)

赶集网とは

赶集网とは中国の情報分類サイトで、無料でアパートやマンションなどの賃貸情報や求人広告、中古のバイクや車など生活に役立つ情報を得ることができるサイトです。またこのサイトは地域とより密着するために北京赶集网,西安赶集网,上海赶集网など地域ごとに分類されているのも特徴の一つです。

中国マーケティングへの応用

それぞれの地域ごとの需要や相場が一目瞭然なのでその地域にあった商品提供が可能となります。中国は広いので地域ごとに文化も違いますし企業の傾向も少しずつ違っています。なのでそれぞれの地域に特化した需要を知ることができるのはとても効率的であると言えます。

中国マーケティングに使えるサイトその5:百度(bai du)

百度とは

中国で最大の検索エンジニアで2000m年1月に創業され本社は首都北京にあります。百度ウィキや百度入力キーボードなどがあるほど知名度が高いです。全世界検索エンジンランキングではグーグルに続いて2位で、中国国内ではグーグルを抑えて1位の人気ぶりです。

中国マーケティングへの応用

中国で最大の検索エンジンであるため情報量も国内1番であると言えます。また百度には百度招聘(求人サイト),百度购物(ショッピングサイト)など検索エンジン以外の一面もあり多種多様な情報があって選択肢が広がり中国人向けマーケティングに最適と言えますが、選択肢が多い反面取捨選択の技術も必要になってきます。

中国向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ