韓国向け越境 EC にユーザーを集客する方法は?!

関連キーワード

韓国 EC 韓国 越境 EC 韓国 EC モール

韓国で自社越境 EC への集客はハードルが高い?!

 予め申し上げますと、韓国で自社越境 EC へのユーザー集客は日本とくらべて非常に難しいというのが現状です。何故なら日本だと、SEO による自然検索での流入により EC サイトにユーザーを集客することができますが、韓国では自社 EC サイトへの SEO というものが存在しないからです。 韓国で最も利用率が高い検索エンジンは NAVER ですが、NAVER にはほとんどサイトが表示されず、ブログやニュースなど、記事コンテンツが豊富に表示されます。では、韓国で越境 EC を実施したい場合、どういう手法があるのか、下記にて簡単に説明します。

越境機能付き EC モールへの商品出展

 こちらは日本の楽天などでの EC でも一般的な手法ですが、単純に既に韓国で確立されている越境機能付の EC モールに商品を出展するアプローチです。モール型の越境 EC なので、既にユーザー数が多く、それらのユーザーに効果的にアプローチできる点が魅力的です。ただし、ここで注意が必要です。一部の韓国モール型 EC では日本からの出展が非常に厳しく、韓国現地に支社が存在する必要があるなど、細かい制約があります。参考までに日本からでも出展でき、ユーザー数が多い韓国 EC の中には 11 番街などがあります。他の手法としては、既に韓国のモール型 EC に出展している企業への代理販売の依頼という手法がありますが、韓国語でコミュニケーションを取る必要がある上、その様な形式での出展を受けていない店舗が非常に多いので、時間と工数がかかります。

広告などでリーチを広げる

 上記の様な既存韓国 EC を利用するアプローチの他には、自社韓国越境 EC サイトに対し広告をかける手法がもちろんございます。特に NAVER でのリスティング広告は非常に効果的で、簡単に狙ったキーワードで自社越境 EC サイトへの流入を促すことができます。実際、韓国の中小 EC の多くは NAVER リスティング広告による集客をメインとするケースが多いです。

ソーシャルでの拡散を狙う

 リスティング広告を利用せず、できる限り自然の口コミやソーシャルでの広がりを狙って集客する形もあります。実は韓国は世界的に見ても非常に SNS が発達している国の一つで、SNS の普及率が世界で 2 番目に高い国として知られています。そんなソーシャル大国韓国で利用されている SNS は定番の Facebook、Instagram から韓国独自の Kakao Story、Band などがあります。それらの SNS にて定期的に情報発信を行うことで、徐々にファンを獲得し、自社韓国越境 EC への売上拡大につなげるアプローチも効果的です。他には NAVER ブログなども韓国で非常に高い人気を誇っているので、ブログでの施策を通じた自社越境 EC サイトへの集客も効果的です。