韓国 NAVER リスティング広告で注意すべき最重要ポイント 3 つ

関連キーワード

韓国 韓国 検索エンジン 韓国 リスティング広告 韓国 プロモーション 韓国 広告 NAVER リスティング広告

韓国 NAVER リスティング広告で注意すべき重要ポイント

 韓国で最も高いシェアを誇る検索エンジン Naver。Google などと比較しても、Naver は非常に特徴的な検索エンジンであるため、リスティング広告に関しても、Google AdWords など、従来のリスティング広告とはひと味違う。本記事では、Naver でリスティング広告を出稿する場合に、注意しなければならない最重要ポイントと対策をご紹介します。

その1:韓国 NAVER リスティングではキーワードを徹底的に洗い出す

 NAVER のリスティング広告には「完全一致」のマッチタイプしか用意されていません。というのは、Google AdWords の様に一つのキーワードを入稿すれば、自動的に関連語句が拾われる「部分一致」などの仕組みがなく、入稿したキーワードそのものが広告出稿対象になります。 例:「日本 旅行」というキーワードを Google で入稿した場合は、「日本 旅行」も「旅行 日本」も拾えますが、Naver では「日本 旅行」のみしか広告が出ません。 そのため、まず最初に考えられる「ありとあらゆるキーワード」を洗い出す必要があります。洗い出しの方法はシンプルです: ① 軸となるキーワードを決める(例:日本 旅行) ② 類似語、類義語を全て洗い出す(例:東京 旅行) ③ 全てのキーワードの語順を変える(例:旅行 日本) 上記の様なプロセスは非常に時間を要しますが、実施しなければ一部のキーワードしかターゲティングができず、大きな機会損失が発生する可能性が高いです。

その2:韓国 NAVER リスティングでは広告文が命

 NAVER のリスティング広告様に用意されている枠は 15 個。上位に 10 個用意されており、Google の上位 4 つ(下部は 3 つで合計 7 つ)と比較しても圧倒的に数が多いです。つまり、検索しているユーザーは膨大な量の広告文に触れることになります。 実際、多くの韓国人ユーザーは広告文を比較しながら、サイトを決める傾向が非常に強いです。そのため、Google などと比較しても広告文の重要性は圧倒的に高く、広告文一つでクリック率が 2 倍も 3 倍も異なるケースがあります。NAVER リスティング広告を出稿する際は必ず複数の広告文を常に A/B テストしながら、最も良いものを残すようにしてください。

その3:韓国 NAVER リスティングでは重要なキーワードは必ず入札単価を高める

 こちらは Google などの他のリスティング広告でも当然のことですが、Naver リスティング広告ではさらに重要な要素の一つです。なぜなら、下部の広告枠はスマホに表示されないからです。つまり、入札単価が低く、上位表示されなかった広告主は全てスマホでの表示回数を失うことになります。結果、大きな機会損失が発生します。そのため、Naver リスティング広告では、必ず重要キーワードに対してできる限り高い入札単価を設定するように常に監視、調整する必要があります。

海外向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ