韓国プロモーションの基本の「キ」”検索エンジンNAVER”の仕組み

韓国プロモーションの基本の「キ」”検索エンジンNAVER”の仕組み

韓国で最も利用されている検索エンジンは「NAVER」で、人口の85%が利用しています。続く検索エンジンはDAUMという検索エンジンで、日本で利用されているGoogleやYahooのシェアは低いのが現状です。

TOPページを構成するコンテンツ

検索エンジンNAVERのTOPページは「様々な情報の探し方」「様々な情報カテゴリーのラインナップ」に力を入れており、検索エンジンYahooに近いTOPページ構成を持っています。 しかし、検索の仕組みや日本人が慣れ親しんでいるGoogleやYahooとは異なる仕組みとなっています。

検索エンジンNAVERの検索の仕組み

NAVERの検索の仕組みは、大きく分けて2つの違いがあります。 1.検索された際の情報の表示方法 2.検索上位に表示されるコンテンツの仕組み

検索された際の情報の表示方法

実例を元に解説します。これは「日本旅行 一人」と検索した際の検索結果です。検索窓に興味のある言葉を入力して検索するという方法は同じですが、表示の方法は異なっています。 ここでは4段構成で検索結果が表示されている画像を使用しました。 上から「ブログ」「知識IN(Yahoo知恵袋のような機能)」「カフェ(コミュニティページ)」「NAVERショッピング」の4つです。 このほかにも、ニュース・投稿・WEBサイト・画像など、様々な情報ブロックが検索キーワードに応じて表示されます。 今回、「日本旅行 一人」という検索キーワードで一番上に表示されたのは「ブログ」のブロックです。これは旅行コンテンツを探す際にブログコンテンツを閲覧する人が多いとNAVERのシステムが判断したためです。 また韓国で発表されたある調査データによると、これだけ情報カテゴリーがあるのにも関わらず、「ブログ」カテゴリーが検索の総数に対して40%を超える閲覧数があるというデータが出ています。 韓国でプロモーションを行う上では最低限おさえておきたいデータです。

NAVERブログコンテンツの仕組み

ブログコンテンツの有用性は調査データによって明らかになっていますが、ブログをプロモーションで活用するためには作成したブログが閲覧される必要があります。 それではブログコンテンツの中で、どんなコンテンツが上位に表示されるのでしょうか?  検索に対して関連キーワードのコンテンツが表示されづらい まず一つ目の特徴は、検索された言葉に関連する言葉での検索力が低い。これは例えば「大阪 WIFI」と検索を行った際に、表示されるのは大阪のWIFIに関する情報という点はNAVERでもGoogleでも変わりません。しかし、Googleでは同時に大阪に関連する「関西 WIFI」「道頓堀 WIFI」「大阪観光 WIFI」といった関連する情報も検索結果に表示されます。 しかし、NAVERでは実際に検索された「大阪 WIFI」という言葉が実際に入っているコンテンツを最重要としており、関連の情報はほとんど表示されません。 そのため、韓国でプロモーションを行う際にはキーワードの選定が重要になってきます。 上位表示される条件に情報の新鮮さが重要視されている 二つ目の特徴として、ブログが投稿された日時がより最近のものほど上位に表示されやすいという特徴があります。 上で例に挙げた画像からもわかるように、上位10のコンテンツは全て2017年以降に投稿されたブログということがわかります。(2017年 4月現在) この特徴から韓国でのプロモーションは継続的に新しい情報を発信していくことが重要になります。 そのため韓国ではブロガーによるプロモーションと自社でブログを運営するプロモーションを組み合わせて提供するマーケティング会社が多くいます。

海外向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ