韓国では日本とは全く異なる検索エンジンが利用されています。日本ではGoogleやYahooが多く利用されていますが、韓国の検索エンジン利用率ランキングTOP3には、そのどちらの検索エンジンも登場しません。この記事では、韓国で利用されている検索エンジンをランキング形式で紹介するとともに、各検索エンジンの特徴や検索文化・情報収集の文化の違い、さらにはNAVERという人気No.1の検索エンジンの情報をより詳しくご紹介します。

韓国No.1検索エンジン「NAVER(ネイバー)」

検索エンジンシェア率70%
現在韓国で最も利用されている検索エンジン。知識iNというYahoo!知恵袋のような機能と、ブログが大流行して以降、韓国国内で圧倒的なシェアを誇っている。NAVERの変遷
1999年 NAVER検索エンジン・自分のホームページを作成できるサービスを開設(当初から様々な情報軸で探せる検索エンジンをリリース)
2002年 知識iNというYahoo!知恵袋の韓国版のようなサービスが出て流行ったことをきっかけに、2位に転落
2003年にブログサービスを開始
2009年にN drive クラウドサービスを開始。現在まで圧倒的なシェアを誇る。

韓国No.2検索エンジン「DAUM(ダウム)」

検索エンジンシェア率15%
メール、カフェと呼ばれるコミュニティサイトサービスのリリースでシェアを一時期伸ばした検索エンジン。カフェは現在も利用されており、それを利用するためにはDAUMのメールアドレスを持っている必要があったため、ユーザーが増えていきました。DAUMの変遷
1995年リリース
1997年hanmailというメールサービスを開始し、すべての人がこのEmailアドレスを持っているような時代があった
1999年カフェというコミュニティサービスを開始した
2002年でNAVERから知識iNというサービスが出て流行ったことをきっかけに、2位に転落

韓国No.3検索エンジン「NATE(ネイト)」

検索エンジンシェア率3%
数年前まで韓国ではNATEが提供するCyworldというSNSが流行っていました、日本で言うところのMixiのような立ち位置。今はあまり使われていないSNS。そのSNSが流行っていた影響でNATEが利用されていましたが、現在は3位。3位ではあるが利用者数は多くないという状況です。

検索エンジンごとの検索結果の信頼性

韓国国内でこれらの検索エンジンの検索結果の信頼性を確かめる実験が行われているため、紹介したいと思います。
実験方法はある共通のキーワード(今回は韓国検索エンジン)を検索し、検索結果の総数が少ないものを信頼性が高いものとするという実験方法。検索結果の総数が多いということは、関係のない情報まで検索結果に反映されているというロジックの実験のため、あくまでも参考程度の情報です。

実験結果

これらの検索結果を見ると、NAVER(62,217), DAUM(118,000), NATE(118,000)となり、NAVERが韓国の検索エンジンの中で最も信頼性が高いという実験結果となリました。あくまでも参考情報ですが、検索エンジンの違いを見ることができる一つの情報といえます。

 

韓国No.1検索エンジンNAVERを徹底解説!

 

韓国の検索エンジンNaverとGoogleの違い

韓国の検索エンジンNAVERは表面的な見え方はYahoo!に近いポータルサイト形式をとっています。ただ、内部の検索システムやSEOの仕組み、広告の仕組みなどはGoogleやYahoo!といった日本で知られている検索エンジンとは大きく異なっているため、違いを抑えることが重要です。
違いが発生している背景として、検索エンジンの方針が異なることが理由になっています。

Googleはユーザーが求めている情報にしっかり答えられているコンテンツを重要視する考え方で検索エンジンが作られています。一方で韓国NAVERは最新情報や更新性が高い情報を重要視しているため、様々な点で違いが出てきています。

ここでは、大きな違いとしてあげられる特徴を詳しく解説していきます。

韓国No1検索エンジンNAVERの特徴

1.コンテンツ:Naverの検索結果は「カテゴリー」で分かれている!

NAVERの一つ目の大きな特徴は、検索結果が情報のカテゴリーに応じて分割されて表示されるという点です。NAVERでは全てのWEBコンテンツがカテゴリー分けされています。代表例としては「ブログ」「カフェ(コミュニティサイト)」「ショッピング(ECサイト)」「ニュース(ニュースサイトの記事)」「知識iN」などがあげられます。

Googleでもいろんな形式のWEBサイトがありますが、検索結果が分かれていることはありません。全てのコンテンツをGoogleの評価基準によって評価し、表示順序が決まる仕組みとなっています。一方NAVERは、情報の順序決定が二段階に分かれています。まずは検索キーワードに応じて「カテゴリー」の順序が決定されます。おおよそ一つのカテゴリーで表示されるサイト数は5つほどです。その後、カテゴリー内で検索キーワードに関連するコンテンツを表示するという順序となっています。

2.SEO:WEBサイトのSEOはNAVERでは通用しない?

NAVERのSEO対策では、カテゴリーごとにSEO対策ができるカテゴリーとできないカテゴリーがあります。まず、企業がプロモーションで利用するWEBサイト・ブログを例に挙げると、ブログはSEOを意識して記事執筆をすることで、検索エンジンでの上位表示を実現できます。しかし、WebサイトはSEOでの上位表示はできません。それどころかNAVERがWEBサイトを重要視していないため検索結果にほとんど表示されません。

そのため韓国の企業はリスティング広告を出稿することで集客をしています。

ブログカテゴリーでSEO対策を行う

WEBサイトでのSEOが通用しないのがNAVERですが、ブログカテゴリーのコンテンツのみSEO対策を施すことが可能です。では、NAVERブログでのSEOとはどのようなものでしょうか?

検索に対して関連キーワードのコンテンツが表示されづらい

まず一つ目の特徴は、検索された言葉に関連する言葉での検索力が低い。これは例えば「大阪 WIFI」と検索を行った際に、表示されるのは大阪のWIFIに関する情報という点はNAVERでもGoogleでも変わりません。しかし、Googleでは同時に大阪に関連する「関西 WIFI」「道頓堀 WIFI」「大阪観光 WIFI」といった関連する情報も検索結果に表示されます。
しかし、NAVERでは実際に検索された「大阪 WIFI」という言葉が実際に入っているコンテンツを最重要としており、関連の情報はほとんど表示されません。
そのため、韓国でプロモーションを行う際にはキーワードの選定が重要になってきます。

上位表示される条件に情報の新鮮さが重要視されている
二つ目の特徴として、ブログが投稿された日時がより最近のものほど上位に表示されやすいという特徴があります。
上で例に挙げた画像からもわかるように、上位10のコンテンツは全て2017年以降に投稿されたブログということがわかります。(2017年 4月現在)
この特徴から韓国でのプロモーションは継続的に新しい情報を発信していくことが重要になります。
そのため韓国ではブロガーによるプロモーションと自社でブログを運営するプロモーションを組み合わせて提供するマーケティング会社が多くいます。