韓国独自の検索エンジン3つの特徴

この記事を一言で

韓国の検索エンジン「NAVER」「DAUM」「NATE」の特徴がわかる

韓国独自の検索エンジン3つの特徴

韓国では日本とは全く違う検索エンジンが利用されています。最も利用されている検索エンジンはNAVERという検索エンジンで、全体の70%。続いてDAUMが15%。続いてNATE3%。それに続くのがGoogleというのが現状です。
ここからも分かるように、利用されている検索エンジンが異なるということは検索文化・情報収集の文化も異なるということを表しているため、各検索エンジンの特徴を押さえることが韓国プロモーションを成功させるために必須となります。

ここでは韓国で利用されている検索エンジンTOP3のそれぞれの特徴を紹介していきます。

韓国検索エンジンその1「NAVER(ネイバー)」

現在韓国で最も利用されている検索エンジン。知識iNというYahoo!知恵袋のような機能と、ブログが大流行して以降、韓国国内で圧倒的なシェアを誇っている。

<変遷>
1999年 NAVER検索エンジン・自分のホームページを作成できるサービスを開設(当初から様々な情報軸で探せる検索エンジンをリリース)
2002年 知識iNというYahoo!知恵袋の韓国版のようなサービスが出て流行ったことをきっかけに、2位に転落
2003年にブログサービスを開始
2009年にN drive クラウドサービスを開始。現在まで圧倒的なシェアを誇る。

韓国検索エンジンその2「DAUM(ダウム)」

メール、カフェと呼ばれるコミュニティサイトサービスのリリースでシェアを一時期伸ばした検索エンジン。カフェは現在も利用されており、それを利用するためにはDAUMのメールアドレスを持っている必要があったため、ユーザーが増えていきました。

<変遷>
1995年リリース
1997年hanmailというメールサービスを開始し、すべての人がこのEmailアドレスを持っているような時代があった
1999年カフェというコミュニティサービスを開始した
2002年でNAVERから知識iNというサービスが出て流行ったことをきっかけに、2位に転落

韓国検索エンジンその3「NATE(ネイト)」

数年前まで韓国ではNATEが提供するCyworldというSNSが流行っていました、日本で言うところのMixiのような立ち位置。今はあまり使われていないSNS。そのSNSが流行っていた影響でNATEが利用されていましたが、現在は3位。3位ではあるが利用者数は多くないという状況です。

検索エンジンごとの検索結果の信頼性

韓国国内でこれらの検索エンジンの検索結果の信頼性を確かめる実験が行われているため、紹介したいと思います。
実験方法はある共通のキーワード(今回は韓国検索エンジン)を検索し、検索結果の総数が少ないものを信頼性が高いものとするという実験方法。検索結果の総数が多いということは、関係のない情報まで検索結果に反映されているというロジックの実験のため、あくまでも参考程度の情報です。

NAVERで韓国検索エンジンと検索した際の検索結果

DAUMで韓国検索エンジンと検索した際の検索結果

NATEで韓国検索エンジンと検索した際の検索結果

実験結果

これらの検索結果を見ると、NAVER(62,217), DAUM(118,000), NATE(118,000)となり、NAVERが韓国の検索エンジンの中で最も信頼性が高いという実験結果となリました。あくまでも参考情報ですが、検索エンジンの違いを見ることができる一つの情報といえます。

韓国検索エンジンの今後

2002年から韓国の検索エンジンはNAVERの一強ではあるが、2位に続いているDAUMが「韓国で最も利用されているチャットアプリのカカオトーク」及び「最も利用されているSNSのカカオストーリー」を提供している株式会社カカオと合併し、モバイルでのシェア拡大を目指している。

海外向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ