韓国SNSの利用状況はこれを見ればわかる!年齢別の利用状況

この記事を一言で

韓国のSNS利用ランキングを元に、ターゲット層の利用SNSと今後のSNS利用状況の変化がわかる

韓国SNSの利用状況はこれを見ればわかる!年齢別の利用状況

どの国のプロモーションでもSNSをうまく活用することが、プロモーション効果を何倍にもあげる方法の一つとなります。SNSは性質上、口コミ拡散に向いているため作成したコンテンツを拡散することに向いているためです。
今回のTipsは韓国のSNS事情を明らかにし、韓国プロモーションの効果を数倍にするための情報を解説していきます。

韓国SNS利用状況(2015年)

引用:<그럼 2 Bhind Analytics의 ‘연령대별 SNS 선호도조사’> 韓国SNSのシェア率は、世界的に使われているアプリが半数ほどのシェアを占め、韓国独自のSNSが半数のシェアを占めています。
上図は韓国の年代別のSNS利用状況となっています。これは、韓国人に対して「どのアプリをよく利用するか?」という調査を行い年齢別に分析したデータです。

特徴としては、
20代以外はカカオストーリーという韓国独自のSNSが上位にランクインしているという点。同時に世界的にも有名なSNSであるFacebookは上位にランクインしていますが、韓国人総合で見てみると、韓国で最も利用されているSNSはカカオストーリーです。
カカオストーリーとは、韓国で最も利用されているメッセージアプリのカカオトークから派生して生まれたSNSです。韓国の人口の半数以上が登録をしており韓国で最大のユーザー数のSNSとなっています。

NAVER BANDとは
40~50代の利用者数が多いSNSで、クローズドなコミュニティを作りその中でユーザー同士が交流をするという仕組みのSNSです。主な利用方法としては、「休日にテニスをしたいソウル市内の人」だとか、「野球チーム〜〜のファン限定」というような一つのテーマを設定してそれに該当する人がコミュニケーションを自由に行うという仕組みです。

このSNSが発達した背景としては、休日を充実させたい労働者世代がコミュニティを作る目的で利用を開始したことがきっかけです。そのため、40代前後の層が多く利用するという特徴があります。 ーーーーー 引用:<그림 3 ‘2015년 연령대별 모바일 SNS 채널 이용 점유율’ (모비데이즈 모바일광고 연구소)>

上画像はSNS別に年齢分布を明らかにした画像です。
上から利用者数の多い順番に並べています。
1位 カカオストーリー
2位 NAVER BAND
3位 Facebook
4位 Instagram
5位 Vingle


最大手のカカオストーリーは全世代が利用するが、とくに30代以降のユーザー獲得に成功。一方Facebook,Instagramが若者の間で流行

若い世代にはFacebookとInstagramが人気があるSNSとなっています。カカオストーリーは韓国国内の情報がつよい、記事が多い、外部サイトに遷移させる作りという特徴があります。一方Facebookは動画を中心にした仕組みとなっているため、動画好きが多い韓国人の若者から大きな人気を集めているという現状です。現状は圧倒的にカカオストーリーが強いですが、動画好きな韓国人の若者にとってはますますFacebookやInstagramのシェアが伸びると思われます。

海外向け提供サービス

中国に関するマーケティングノウハウ