韓国人が利用するSNSの使用時間TOP6データ

韓国人が利用するSNSの使用時間TOP6データ

韓国マーケティングで必須になるプロモーション手法は「Naverブログ」と「SNS」です。このトピックスでは、韓国人が利用するSNSについて解説します。

一番は圧倒的Facebook。しかし続くSNSは韓国独自。

こちらの画像をご覧ください。 これは、2016年10月に発表された「SNSの使用時間と使用人数のランキング」です。 使用時間順にTOP6が紹介されています。

使用時間ランキングTOP6

1位:Facebook (13.9億分)-利用者数 859万名 2位:Band(4.1億分)-利用者数 1,131万名 3位:Naver Cafe(3.1億分)-利用者数 390万名 4位:Kakao Story(2.4億分)-利用者数 990万名 5位:Daum Cafe(2.3億分)-利用者数 186万名 6位:Instagram(1.7億分)-利用者数 375万名 それぞれのSNSの特徴は、 Facebook 世界的に知名度が高いSNSで、友人とのコミュニケーションからビジネス、また特定のアカウントやページからの情報収集と幅広く利用されるSNS。

Band

クローズドなSNSで、特定のテーマに沿ったグループを作成し同じテーマについて情報交換が可能なSNS。企業の使用例として、プロ野球チームがファンとの交流のために自分のチームのBANDグループを作成し、グループに数万人が参加した例などがある。

Naver Cafe & Daum Cafe

韓国にはCafeと呼ばれる文化があります。これは巨大なコミュニティサイトです。例えば韓国から香港に留学する人に対して、現地の学校の情報や引っ越し情報・アルバイト情報など幅広く情報提供を行うサイトが挙げられます。Naverが提供するCafeをNaver Cafeと呼び、二番目に利用される検索エンジンのDaumが提供するCafeをDaum Cafeと呼びます。

Kakao story

カカオストーリーとは、韓国で最も使われているメッセージアプリのカカオトークに搭載されているSNS機能です。

Instagram

画像や動画のアップロードに特化したSNSで世界的に利用されています。

プロモーションへの活用は?

Facebookでのプロモーションは各国のプロモーションで利用される広告手法の一つのため馴染みがあると思います。また6位のインスタグラムも馴染みがあるのではないでしょうか。 韓国国内でもプロモーション手法としてよく利用されるのは、この二つのSNSです。しかし、先進的な企業では複数のSNSでファン獲得を行なっているため、上の二つ以外のSNSでのプロモーションも行なっています。

韓国プロモーション関連サービス

韓国インフルエンサープロモーション 韓国リスティング広告

韓国関連お役立ち資料

越境EC制作前に見たい!韓国で人気沸騰中ECモールtop5 韓国人のネット文化とブログインフルエンサー