台湾越境ECで市場を勝ち抜くためのプロモーション手法

関連キーワード

台湾EC プロモーション 越境EC

台湾越境ECで市場を勝ち抜くためのプロモーション手法

越境ECは海外現地で商品を販売、進出する値段より低コストで台湾との販売チャネルを増やせます。 台湾におけるトップシェアの検索エンジンは「Yahoo」であることから、弊社はYahooECやYahooリスティング広告の運用も提供してます。商品の知名度がなくても大丈夫、台湾ECで販売できます。Yahooリスティング広告は一番オススメのプロモーション手法です。 弊社で提供しているプロモーション手法は、海外向けのWEBプロモーションの基本となる「リスティング広告」と「インフルエンサープロモーション」です。

リスティング広告(Yahoo奇摩)

Yahooリスティング広告は、「bingads」 というシステムで広告を運用しています。「bingads」はgoogle Adwordsのシステムと似てます。機能もほぼ変わらないので、簡単に運用できるでしょう。ただし、広告を出すためには、現地の広告代理店からアカウントをもらえないと運用できません。台湾のユーザーは検索エンジンで検索したキーワードをクリックし、最後までホームページでの行動を見ます。そのため、ユーザーの行動によって、ページを改善、コンバージョンを獲得することがゴールです。ターゲットユーザーに向けたの広告運用が効果的です。

台湾インフルエンサープロモーション

インフルエンサープロモーションはFacebookやInstagram(インスタグラム)などのsnsやWeb上で高い知名度を持っている人に宣伝してもらい、商品の認知度を上げる手法です。これは、台湾に向けプロモーションで非常に有効な方法です。全く認知度がない商品や場所でも、実際にインフルエンサーが体験した様子を見たファンは情報を信じ、友人へ情報を拡散、認知度が上がリマす。拡散されやすいインフルエンサーを発信してもらい、効果を最大化することが、台湾に向けてプロモーションを行うための最大の手法でしょう。一方で、インフルエンサープロモーションの効果は検証しににくい特異性もあります。

台湾向けSNS広告(Facebook、Instagram)

台湾人はSNSを長時間利用します。特にFacebookの利用時間は世界最大と言っても過言ではないでしょう。このSNSの機能である広告を使い、プロモーションを行う手法です。現地の感覚で運用することが近道です。

この三つを基軸に施策を組み合わせていくことが重要

台湾へのプロモーション手法はこれだけではありませんが、インフルエンサー、リスティング広告、SNS広告は王道の手法で様々な広告手法の軸となることが多々あります。WEBでのプロモーションでは有効な施策のため、一度検討されるのも良いかもしれません。

台湾向け提供サービス

台湾向けマーケティングノウハウ