台湾向けリスティング広告の始め方(Google,Yahoo!奇摩)

この記事を一言で:

日本から台湾向けのリスティング広告を始めるための手法を解説

台湾のリスティング広告事情

今回は日本から台湾向けにリスティング広告を始めるための手法を解説します。 台湾も日本同様に世界的に見てもYahoo!の利用率が高い国です。(台湾ではYahoo!奇摩と呼ばれています) Info Cubicさんが発表しているデータによると、Googleのシェア率が50.5%、Yahoo!奇摩のシェア率が48.3%とどちらも同じくらい利用されているのがわかります。 そのため、台湾向けにリスティングの広告出稿を行う際はGoogle、Yahoo!奇摩双方に出した方が良いです。

台湾向けのリスティング広告を始めるには

では台湾向けにそれぞれの媒体でどうやってリスティング広告を展開していくのか解説します。

Googleでの台湾向けリスティング広告

Googleでの台湾向けリスティング広告出向は最も簡単です。 Google Adwordsで配信国を台湾、言語を繁体字にすれば台湾で言語設定を繁体字にしているユーザーに向けて広告の配信が可能です。 もちろん、広告文は繁体字で準備しておく必要があります。

Yahoo!奇摩での台湾向けリスティング広告

Yahoo!奇摩での配信は少しやっかいです。 Yahoo!上では国の配信は変更できないので、弊社のような代理店に依頼するか、直接Yahoo!奇摩に直接連絡をする必要があります。

台湾向け提供サービス

台湾向けマーケティングノウハウ