台湾向けリスティング、どんな企業が出しているの?

この記事を一言で

台湾向けリスティング広告をどんな企業が出しているか解説

今回は台湾向けリスティングをどのような企業が出しているか事例をお伝えします。
ここは正直日本でのリスティング広告と同様、C向けからB向けのあらゆる業態の企業様が使用しています。
旅行系サービス、EC、訪日時の体験系サービスといったC向けサービスから医療器具販売といったB向けサービスまで色々な方々が台湾向けリスティング広告を実施しています。

ただ効果が実感しやすいか?という点でいうと、やはり店舗系の企業様向けのリスティング広告が最も難しいのが事実です。
ECでの購入ややお問い合わせを狙うような、Webで完結できるタイプの業態であれば台湾向けにリスティング広告を展開した際に数字の仮説検証が行えますが、店舗誘客が目的の場合どうしても最後の「結局何人店舗にきて、どれくらい買ってもらえたの?」の質問に答えるのは用意ではありません。

最近そこを何とか分析できるようにしようという取り組みで、クーポン発行を通した効果検証を行う手法も増えてきました。
そのホームページを見たお客さん限定にクーポンページを用意しておき、それを実店舗で見せた方に適応すれば、Webからどれくらい集客に繋がったかわかります。
ただ、実際は台湾向けリスティング広告でホームページを見たお客さんがクーポンを使わないケースも多々あるので100%の分析ができるわけではありませんが、一つの手法としてご参考ください。

台湾向け提供サービス

台湾向けマーケティングノウハウ