グループインタビューを行うメリットとデメリットは?

関連キーワード

外国人グループインタビュー メリット デメリット

グループインタビューを行うメリットとデメリットは?

グループインタビューは指定の会場にて、複数人の調査対象者を集め議論を行う調査手法です。

グループインタビューのメリット

街頭やWEBでのアンケートより、深い情報を収集

会場で行うインタビュー形式の調査のため、一人一人の対象者とじっくり話し深い情報を聞き出すことが可能です。

実際の商品やコンテンツに対するフィードバックを得ることも可能

会場で行うメリットとして、もう一つ実際の商品やコンテンツを体験しながらインタビューを行うことができるというメリットがあります。これにより、開発途中の商品を試用してもらうことも可能になり、通常の調査よりも深いフィードバックを得ることができます。

アイデア出しや議論を深め、思わぬ情報を得る

グループインタビューは複数人の対象者で議論を行う調査形式のため、商品への意見だしや新たなアイデア出しといった調査に利用されます。その理由は、対象者同士で議論を行うことでアイデアが膨らみ、クライアント様が想定していなかったようなアイデアを得ることができるからです。

グループインタビューのメリット

デプスインタビューに比べ、個々人の情報を深掘りすることに向いていない

対象者が複数で議論を行うため、想定し得なかったようなフィードバックを得ることに向いていますが、一方で進行者が予定している内容で議論は進行しないため、聞きたい情報を十分に聞き出せない可能性があります。

定量的なデータを収集することができない

少数の対象者で行う調査手法かつ、一緒に参加する対象者の行動によって全体の意見に影響を与えるため、個人の主張が弱くなります。

外国人グループインタビューに関するQ&A