【あらゆる疑問に答えます】インバウンドリサーチのすべて

この記事の検索ワード:

インバウンドリサーチ,リサーチ,街頭アンケート,外国人アンケート,外国人リサーチ

インバウンドリサーチの基本編

インバウンドリサーチ(訪日外国人調査)とは?

インバウンドリサーチ(訪日外国人調査)は、日本旅行中の外国人観光客(=訪日外国人)を対象者とした調査です。調査手法は主に街頭での対面アンケート方式が用いられます。訪日中の外国人から直接リサーチデータを収集可能なため、訪日外国人の集客を行いたいクライアント様や訪日外国人向けにアプリを展開するクライアント様にオススメの調査です。

外国人向けにアンケート調査は可能ですか?

LIFE PEPPERは外国人に特化したアンケートリサーチサービスをご提供いたします。 日本在住の外国人や海外に滞在している外国人、またリアルタイムで訪日中の外国人観光客などお客様のご要望に合わせて幅広いターゲットに対してアンケート調査が可能です。

調査票の作り方が分かりません。

調査票の作成も同時にご依頼頂けます。ご発注後、お客様のニーズでに合わせて調査票を作成させて頂けます。

アンケ―ト表に自由回答は入れられますか?

アンケート票に自由回答を入れる事も可能です。 調査の目的に合わせて、定量調査と同時に、特定の定性データを同時に取得することが可能になります。

訪日外国人観光客への調査はどのようなものがありますか?

訪日外国人観光客への調査に関して、WEBや在日外国人を対象としたインタビューなどの手法も存在しますが、弊社では外国人観光客の生の声を聞くことができる「インバウンドリサーチ」をお勧めしています。インバウンドリサーチは外国人観光客に対して街頭でアンケートやインタビューを行う手法です。

なぜ訪日外国人へリサーチをするんですか?

訪日外国人の生の声を取得するためと、カスタマージャーニーと呼ばれる「どういう媒体を見て」「どういう経路で訪れたか」を知りためです。2020年に向け、さらに加熱するインバウンド市場において、外国人観光客の生の声を取得することは必要不可欠です。

外国人観光客への調査はどのような人が対象になりますか?

外国人観光客の調査は、「日本に来る前の現地にいる外国人」への調査、「まさに日本にいる外国人」への調査、「日本に来た後の現地にいる外国人への調査」の3つの対象属性に分けられます。その他にも「日本に興味のある層」が考えられますが、サンプルとしては質が低いでしょう。弊社では、このまさに今日本にいる外国人への調査を推奨しています。

訪日外国人のデータに基づいた調査を行いたい

まずは弊社にご相談下さい。訪日外国人のデータはJNTOさんの発表されているデータが有力候補かと思いますが、弊社ではデータを踏まえた調査設計を行うことが可能です。しかし、実際に外国人観光客の生の声を拾ってみると、データには現れない結果が現れることもしばしばです。インバウンド調査で得られる生の声と訪日外国人の定量データで「舵取りを誤らない」インバウンド調査をご提案します。

インバウンドリサーチの手法について教えてください。

訪日外国人向けの調査パッケージは、街頭で行うアンケート手法とインタビュー手法があります。インタビューの方がハードルが高く、費用も高くなりますが対応可能です。また、弊社は「ミッションインポッシブルリサーチ」という他社に断られた調査のみを扱う調査パッケージがあります。どのようなプランであれ、まずは費用感、サンプル数などご相談いただければ幸いです。

インバウンドリサーチ調査場所編

インバウンドリサーチ(訪日外国人調査)は地方でも行うことは可能ですか?

可能です。ライフペッパーはバイリンガル調査員ネットワークを独自のLINE@アカウントにて形成しております。弊社の調査員は日本全国に在籍しているため、訪日外国人が訪れるエリアであればどこでも調査が可能です。また特定の施設にて調査を行う場合は弊社で許可取りの手続きを行います。調査希望地に関しては、調査対象者の情報共に調査希望地を弊社の担当者にお伝えください。調査期間や費用の算出を行います。

インバウンドリサーチは北海道でも実施できますか?

北海道だけではなく、全国で対応可能です。インバウンドリサーチを北海道で実施する場合、札幌、旭川エリアが中心になります。

インバウンドリサーチは沖縄県で実施できますか?

沖縄県でインバウンドリサーチを実施することが可能です。本当以外の島嶼エリアで行う場合、そもそも外国人観光客がいない場合もありますので、事前に相談の上実査を行うことになります

インバウンドリサーチができない県、エリアはありますか?

インバウンドリサーチができない県は特段ありません。しかし、そもそも外国人観光客が全くいない地域では調査を行うことが難しい場合があります。事前にどの程度外国人観光客がいるのかを把握しておくとスムーズにインバウンドリサーチが開始できるでしょう。

インバウンドリサーチは空港でできますか?

基本的にはお客様の方で許可を取っていただくことになります。が、空港での調査はなかなか許可が下りないのが現状です。

インバウンドリサーチは名古屋でも実施できますか?

弊社のインバウンドリサーチは、名古屋だけではなく全国で実施可能でございます。名古屋ほどの大都会になれば外国人観光客も多いため、それほど心配は不要かと思いますが、そもそも外国人観光客が存在しない都市の場合、調査の実施ができない場合もございますので、あらかじめご認識おきくださいませ。

インバウンドリサーチは東北地方でも実施できますか?

東北地方を始めとした全国で実施可能でございます。全国出張することができることが、弊社のインバウンドリサーチの強みでもあります。東北地方の中でも外国人にそもそも知られていない観光地の場合、調査の実施ができない場合もございますので、あらかじめご認識おきくださいませ

インバウンドリサーチは駅で開催可能ですか?

駅などでインバウンドリサーチを行う場合、原則お客様に許可を取っていただくことになります。お客様が実施を検討されている調査が公共交通機関の目的に関連するものでない限り、許可はおりにくいです。公共交通機関でインバウンドリサーチを行う場合は事前にご相談くださいませ。

インバウンドリサーチTIPS編

調査対象者はどのように集めますか?

インバウンドリサーチ(訪日外国人調査)の調査対象者は、日本旅行中の外国人観光客(訪日外国人)です。基本的に対象者を集める際には、対象者の母国語で声をかけて調査協力の交渉を毎回行います。旅行中で時間がない中で調査協力の許可を得るためには、バイリンガルスタッフによる交渉が必要になります。また調査の難易度に応じて、調査対象者に謝礼を支払う金額も変動します。

インバウンドリサーチ/訪日外国人調査を行う上での注意点は?

インバウンドリサーチ(訪日外国人調査)の注意点は、調査対象者の立場を想定した調査設計を行うという点です。この調査の調査対象者は日本旅行中の外国人観光客(訪日外国人)です。彼らは海外旅行中であるため、「時間がない」「言語的に壁を感じている」「観光客という目線で見られていると意識する」といった特徴があります。まだ出身国によっても特徴が異なるため、彼らの文化と心境を考えた調査設計が必要です。ここでは、具体的に調査結果にマイナスを与える例を紹介します。

サンプル数はどのくらい集めるのが好ましいでしょうか?

インバウンドリサーチ(訪日外国人調査)のサンプル数は1カ国につき最低30サンプル収集することをお勧めします。好ましいのは100サンプルほど収集することです。理由としては、日本人に対する調査に比べ、定量的なデータ収集に向いている調査手法のため、サンプル数を多く集めなければ分析に必要なデータ数には至りません。

タブレットを使った調査は可能ですか?

可能です。タブレットを調査に使うことによって、データ集計に必要な経費を抑えることが可能です。

所持物・購入した際のレシートの撮影、訪日外国人向けアプリを見せながらの調査などは可能ですか?

可能です。弊社の調査員はバイリンガルの外国人を起用しており、なおかつ調査員の平均年齢は27歳と若いため、難易度の高い調査内容でも高い調査交渉力でデータ取得を可能にしています。

アンケート調査期間はどれくらい必要ですか?

街頭調査を実施する場合、最短3営業日から調査を実施可能となっております。 調査期間は、取得サンプル数/ターゲットのセグメンテーション/アンケート概要からなるアンケート調査設計の難易度によって異なります。 調査ご依頼時に、調査設計のお打合せと同時に最適な調査日数をご提案させて頂きます。 また、お急ぎの場合もご要望に合わせて最大限ご希望に沿うようにご対応させて頂きます。

在日外国人向けのリサーチ(調査)は出来ますか?

在日外国人向けのリサーチもご提供させて頂いております。 日本全国の在日外外国人から年齢、性別など必要な割付に合わせてスクリーニング可能となっております。 また特定の地域に訪れた事のある外国人のみ、など特定の条件に合わせた調査もご対応可能です

アンケート集計/クロス集計も対応してくれますか?

アンケートの集計もご要望に合わせてご提供しております。 単純集計(GT集計)、クロス集計などご要望データフォーマットに合わせてデータ集計をさせて頂きます。

アンケ―ト調査の対象国などはどの程度絞り込めますか?

アンケート調査の対象国はお客様のご要望に応じて、対象の国地域(東南アジアなど)からピンポイントで一カ国まで絞り込んで、調査を実施可能です。

アンケート調査の謝礼の相場はいくらくらいですか?

訪日観光客向けの、アンケート調査の謝礼は100円~500円相当の品が相場となっております。 訪日観光客を対象とした場合、滞在期間が短いこともありかさばらないもの、またはすぐに消費できるものが好まれる傾向にあります。

アンケート調査で、訪日観光客向けに人気の謝礼品はなんですか?

訪日観光客向けの謝礼品として、その場で消費できる、飲食品、またはかさばらない小物などが好まれる傾向にあります。滞在期間が短く、旅行中でも邪魔ならないものを謝礼品として選びましょう。また、空港などで調査を行う場合は、帰りの飛行機に持ち込めるものに限定します。 例:小包サイズの和菓子など

台湾人観光客へリサーチを行うことは可能ですか?

可能です。台湾人は弊社がもっとも得意とする調査対象国の一つです。また、インバウンド業界においても見逃せないターゲット国であると言え、多くの企業様が興味関心を寄せています。弊社のインバウンドリサーチは、街頭で台湾人観光客に対して調査を行うことが可能な、国内有数のリサーチソリューションです。

外国人へのリサーチで心がけていることを教えてください(インバウンドリサーチ)

弊社では回答の質にこだわって調査をしております。外国人への調査を行う場合、外国人になれない調査員が調査を行っている企業がありますが、弊社は「外国人の文化背景を理解した」スタッフが現場で調査を行うため、外国人とコミュニケーションをとりながら調査を行うことが可能になっています。また、外国人起用のエージェント企業にありがちな「外国人を起用だけし、クオリティが低い」という問題に対処するため、全ての行程で日本人も関与いたします。外国人と日本人が共に創り上げ、質の高い調査になるように心がけております。

外国人への調査で注意する点はありますか?(インバウンドリサーチ)

外国人への調査では、日本人の感覚で調査設計したり、外国人の文化背景を理解していない者が調査しないように注意をしております。今までインバウンドや外国人に触れていない者が行うリサーチサービスは信用に足らないことは言うまでもありません。弊社は創業以来インバウンドに関連するサービスをご提供してまいりました。また、メンバーの7割以上が海外をルーツに持つメンバーで構成されているため、外国人と接することが日常茶飯事です。どうぞ、外国人向けの調査は、外国人調査の専門家へご依頼ください。

外国人へアンケートをとることは可能ですか?

可能です。アンケートを取得できる外国人の属性は大きく分けて「外国人観光客」と「在日外国人」に分けられます。このうち、アンケート調査と親和性が高いのが「外国人観光客へのアンケート調査」いわゆる「インバウンドリサーチ」です。

街頭で特定の言語を使う外国人へ指定してインタビューすることは可能ですか?

弊社は街頭でインバウンドリサーチ専門の調査員がおります。訓練された調査員は容易に外国人の使用言語・出身国を見ぬき、インタビューのオファーを行います。街頭で外国人向けのインタビューを行う場合は、弊社へご相談ください。

街頭で中国語を使う外国人へインタビューしてもらうことはできますか?

街頭で中国語を使う外国人のみに絞ってインタビューを行うことは可能です。もし声をかけ、使用言語が異なると判断した場合、獲得サンプルに含めません。

街頭で英語、中国語以外の言語を使う外国人へインタビューができますか?

もちろん可能です。しかし、そもそもの外国人との遭遇率が低い場合はインタビューを行うための調査期間が長期に渡り、割高になることも想定されます。あらかじめ費用感等をご相談ください。

インバウンドリサーチでインタビューをする外国人の言語を指定できますか?

指定いただくことは可能でございます。しかしながら、費用を抑えたい場合はある程度対象国を広く絞り外国人を選んでいただく必要があります。どういう情報が必要で、どうすれば良いインタビューを行う得るのか。専門家にお任せください。

街頭で外国人へインタビューする際、注意することはなんですか?

外国人へ街頭でインタビューする際、「どこで」「誰に」「何のために」インタビューをするのかが非常に大事なポイントになります。また、外国人の出没エリアをあらかじめ絞り、特定しておくことも重要といえるでしょう。外国人へのインタビューは、専門家へお任せください!

外国人へ街頭でインタビューを行う場合の最大拘束時間はどのくらいですか?

インバウンドリサーチは街頭調査という性質上、あまり長時間の拘束はできないため、短めのちょさ設問が望ましいといえるでしょう。しかし、短すぎる調査ではあまり意味がない場合が多いです。どの程度の調査であれば実施可能なのか、あらかじめご相談ください。

インバウンドリサーチは、アンケートとインタビューどちらの手法の難易度が高いですか?

インバウンドリサーチの取得難易度からご説明します。アンケート調査であれば数を確保しつつ簡単なヒアリングが行えます。比較的難易度が低いと言えます。インタビューに関しては拘束時間も長くなりますし、街頭で行うことは難易度が上がります。しかし、多くの数を当たればインタビューに応じてくれる外国人もいるため、諦めず調査を行うことが重要です。結論は、インバウンドリサーチにおいては、アンケートの方が難易度が低いです。

インバウンドリサーチとグループインタビュー、どちらの手法で行うか悩んでいます。

どちらの手法も一長一短あり、オススメは一概には示せません。しかし、インバウンドリサーチが訪日観光客をサンプル対象者としているものであるのに対し、グループインタビューは在日外国人を集める調査手法です。多くの場合、グループインタビューは「外国人」などのセグメントで行うため、日本滞在歴の長い外国人がインタビュイーの中に混じっていることがあります。日本で長く生活している外国人(=現地の感覚を失っている)と、今訪日している外国人観光客、どちらが情報の鮮度が良いのか言うまでもありません。以上により、インバウンドで調査を行う場合はインバウンドリサーチがオススメです。

インバウンドリサーチの最大のメリットはなんですか?

インバウンドリサーチの最大のメリットは「訪日している外国人」つまりは情報鮮度の良い外国人から意見を収集できることです。また、同じだけのサンプル数を回収する場合、グループインタビューに比べて安いことも特徴としてあげられます。

インバウンド業界でオススメのリサーチ手法はありますか?

インバウンドで外国人へリサーチを行う場合、弊社は街頭で行うインバウンドリサーチをオススメしています。今まさに訪日中の外国人は、まさに母国から訪れているわけですから新鮮な情報を持ってます。そのため、街頭で収集した意見は他の外国人観光客の集客を行う上で大変有効な意見であると言えます。以上の理由により、弊社では街頭で外国人観光客を相手に行うインバウンドリサーチを推奨しています。

インバウンドでリサーチする意味はなんですか?

外国人観光客の意見を聞くためにはもっとも安価かつ効果の高い手法であるとともに、まさに今日本にいる外国人観光客の声を聞く唯一の方法だからです。弊社では、特別の事情がない限り、訪日観光客相手の調査はインバウンドリサーチを推奨しております。

インバウンドリサーチは雨の日でも調査できますか?

インバウンドリサーチの実施は雨の日でも可能でございます。しかしながら、取得難易度が圧倒的煮上がります。そのため、梅雨の時期などはインバウンドリサーチの実施にお時間をいただくことがありますので、あらかじめご留意ください。

インバウンドリサーチを代理販売したいんですが

弊社のインバウンドリサーチは常に代理店様を募集しております。代理店としてご登録いただいた企業様には、外国人調査員の集め方、育て方、実際のアンケートの取り方など、インバウンドリサーチに必要な全てをお教えします。特に地方のリサーチ会社さんとの親和性が高いです。コンサルティング会社様、リサーチ会社様、弊社のインバウンドリサーチをぜひお役立てください。

インバウンドリサーチを行う際、サンプル数がわかりません

具体的に何サンプル必要なのか、弊社でアドバイス可能です。今までの豊富なアンケート調査をに基づいたアドバイスで、お客様が取得するべきサンプル数を特定いたします。