【あらゆる疑問に答えます】外国人会場調査

この記事の検索ワード:

外国人会場調査,外国人リサーチ,会場調査,外国人アンケート,外国人調査

外国人会場調査完全回答板

外国人会場調査(CLT調査)とは?

  「会場調査」とは、対象者を会場に集めて、実際の製品や特定テーマに関しアンケートや使用感インタビューを行う調査手法のこと。CLT調査ともいう。一対一の対面形式や対象者同士で議論を行うグループインタビュー形式などがある。

外国人会場調査(CLT調査)を行うメリットは?

  会場調査(CLT調査)とは、調査対象者にあらかじめ設定された会場にてインタビュー等を行う調査手法です。そのため、メリットは大きく分けると2つあります。

外国人会場調査(CLT調査)を地方で行うことは可能か?

  可能です。LIFE PEPPERの会場調査(CLT調査)を地方で行う場合には、地方のインタビュールームや貸し会議室、ホテル会議室などを利用します。地方によっては外国人の居住状況が異なるため、調査費用が前後する場合がございます。詳細はお問い合わせください。

訪日外国人に対する会場調査(CLT調査)は可能ですか?

  難易度が高く、費用も上がりますが条件次第では可能です。調査地や調査対象国、対象セグメントによって実施可否・費用感が大きく変動します。訪日外国人に対する会場調査(CLT調査)をご希望の方はまずはお問い合わせよりご相談ください。

外国人モニターはどのようにして集めますか?

  弊社の会場調査(CLT調査)に参加する外国人モニターは、独自の調査モニターLINE@ネットワークや友人在日外国人コミュニティへの新規募集などを行います。調査内容によって最適なモニターを選出致します。

会場調査(CLT調査)を行う上での注意点は?

“弊社で行う会場調査は外国人を対象とした調査が多くあります。そのため、会場調査のような深い定性情報を得るためのリサーチでは、対象者から会話の中で情報を引き出すためにバイリンガルの調査員を起用することが基本的には必須となります。また、在日外国人は日本人に比べ、居住地域に偏りがあります。そのため地域によっては実施が難しいケースや費用がかかるケースがあります。 そのため、注意点としては可能であれば調査地域に影響されないような調査設計が好ましいです。また、バイリンガルスタッフをクライアント様にご用意して頂き調査に参加頂くことも可能です。”

外国人会場調査(CLT調査)とはなんですか?

外国人会場調査(CLT調査)とは、日本在住の外国人を会場に集めて行うリサーチ手法です。会場で外国人の生の反応を見ることができます。

外国人会場調査(CLT調査)を行う会場は御社指定ですか?

外国人会場調査(CLT調査)を行う会場は弊社の指定ではなく、お客様からの指定も可能です。よくある要望として、お客様のオフィスで行い、そこにお客様が立ち会いたいというものがあります。

外国人会場調査(CLT調査)は全国対応可能ですか?

外国人会場調査(CLT調査)は大阪、東京、北海道、福岡などの主要都市だけではなく、全国で対応可能です。

外国人会場調査(CLT調査)の調査フローを教えてください

外国人会場調査(CLT調査)は、お問い合わせいただいたのち、弊社とお客様で開催の打ち合わせをさせていただくことになります。その際、ターゲットにしたい国をお聞きしますので、ターゲットに合わせてモニターを選定します。参加者の選定後、実際の準備(ロジ)を行い、実施の準備をします。当日、弊社のスタッフも外国人会場調査(CLT調査)に同行しますので、お客様は安心してご利用になれます。外国人会場調査(CLT調査)の最後、参加者にはアンケートに回答してもらいます。また、SNSでのシェアを行い、母国へ情報発信を行い口コミを起こします。ここまでのフローにおいて、お客様はすべて日本語だけで構いません。外国語の部分はすべて弊社で承ります。

御社の外国人会場調査(CLT調査)と他社の会場調査の違いを教えてください

弊社の外国人会場調査(CLT調査)は、外国人への調査実績が豊富である点が強みです。例えば他社の場合、外国人の調査に精通していない者が行うことが多く、外国人の本音を引き出すことは難しいです。しかし弊社は創業以来、ずっと外国人、インバウンド領域で事業を行っていたこと、また、社内の7割以上が外国人であるため、調査ノウハウを持っております。

外国人会場調査(CLT調査)でアンケートを取れますか?

もちろん可能です。しかし、単なるアンケートだけではなく、その場でのインタビューこそが外国人会場調査の真の価値でもあります。外国人会場調査(CLT調査)を行う際は、アンケートだけではなくインタビュの併用を強くお勧めします。

外国人会場調査(CLT調査)のアンケートは外国語で作成する必要はありますか?

外国人会場調査(CLT調査)で使用するアンケートに関して、お客様は全て日本語でOKです。しかし、アンケートを作成する際、外国人目線での意見出しやアドバイスをさせていただくので、通常のリサーチ会社様に依頼するよりも高い質を出せます。

外国人会場調査(CLT調査)でアンケートを取得する場合の注意点はありますか?

外国人会場調査(CLT調査)でアンケートを取得する際、まずは作成段階から外国人の目線でアンケートを作成するよう、注意する必要があります。もしも日本語で作成する場合、翻訳を意識した作成を心がけましょう。

外国人会場調査(CLT調査)でとるアンケートの作成をお願いできますか?

もちろん承ります。弊社は外国人目線でのアンケートの作成を行うことのできる国内では数少ない企業です。オフラインの調査であるがゆえにオンラインでお客様とやりとりするなど、特異性を持っております。また、アンケートを日本語で作成いただき、弊社で外国語へ翻訳することもできます。この場合の翻訳は、もちろんネイティブクオリティでご提供。外国人モニターの本音を引き出します。

外国人会場調査(CLT調査)と座談会で得られるアンケートに違いはありますか?

外国人会場調査(CLT調査)と座談会では得られるアンケートにそこまでの違いはないと言えるでしょう。それでは、なぜサービス名を分けているのか?理由はシンプルで、狙いたい回答の質、適するサービスが異なるからです。座談会とは、「座」という字のごとく、座って行う調査です。そのため、リラックスした状態から本音を引き出す調査です。逆に外国人会場調査(CLT調査)は、座談会と形式は似ていますが、真剣に調査を向き合いながら本音を引き出すものです。この差を理解し、モニターへ協力を依頼することが重要です。

会場調査(CLT調査)で、外国人のモニターを集めることはできますか?

可能です。弊社は国内有数の外国人モニターに特化したリサーチ会社です。日本在住の110カ国以上の外国人の中から、御社の調査したい事項、調査目的、調査背景にぴったりな人材をアサインいたします。また、日本全国で外国人会場調査(CLT調査)が可能です。

外国人会場調査(CLT調査)で集めることができる外国人は何名くらいいますか?

弊社の外国人会場調査(CLT調査)で集められる外国人は3名程度の小規模の外国人会場調査(CLT調査)でも、100名以上の大規模調査でも対応可能です。とはいえ、弊社は人数の規模感ではなく質こそ大事であると考えており、少ない人数ながら、お客様にとって最高の調査になるよう、モニターは少数精鋭をオススメしております。

外国人会場調査(CLT調査)の外国人モニターはどういう人が多いですか?

通常、モニターの参加意欲は低いことが多いですが、弊社の外国人モニターは違うインセンティブを持っていることが多いです。弊社はインバウンド、訪日分野において豊富なサービスパッケージを持っており、また、人材紹介業も行っているため、様々な領域の外国人が集まります。濃いリレーションを外国人と構築しているため、質の高いサービスが自慢です。

外国人会場調査(CLT調査)のモニターが当日キャンセルになった場合は中止ですか?

当日のキャンセルが判明した段階で代替人材をご用意いたします。当日のキャンセルにより、お客様にご迷惑をおかけすることのないよう品質の維持に務めております。しかしながら、そもそも日本に少数しかいない人材のアサインで、どうしても代替人員が確保できない場合はご返金にも応じますので、お気軽にご相談ください。

外国人会場調査(CLT調査)のモニターは、特定国だけを集めることはできますか?

特定国だけを集めることも可能ですし、逆に国や地域をバラバラにすることも可能です。どういうセグメントのモニターを集めるのか、弊社へご相談いただいた段階でお客様とともにクリアにしてから集客を行うようにしますので、ミスマッチングが起きにくい仕組みになっております。安心してお問い合わせください。