在日外国人の観光地モニターツアー調査

こんなご要望はありませんか?
所属する自治体や観光地、商業施設に訪日外国人を呼びたい!集客したい!
在日外国人/外国人留学生のモニタリング・インタビューを通じて、訪日外国人集客の糸口を掴みたい!
外国人観光客の呼び込みを行なってSNSの口コミを起こしたい!
100名単位の在日外国人モニターを集め、商品使用の感想や観光地の印象を聞きたい!

在日外国人の観光地モニターツアー調査

日本在住の外国人による地域の魅力再発見ツアー

日本に住む外国人や留学生モニターを集め、地域の魅力を再発見するモニターツアーを行います。外国人目線で地域の魅力を洗い出すことにより、これまで気づかなかった訴求点、魅力、改善点が見つかります。ツアーに参加する在日外国人は、アメリカなどの西欧諸国、中国、台湾、香港などの中華圏を筆頭に110か国以上のモニターから選定。また、経験豊富な弊社ディレクターがツアーへ同行するため、言語面などの不安も一切心配ございません。さらに、動員人数も1~2名の少人数から、100名以上の大人数まで動員が可能です。訪日外国人集客のために定性的なデータを集められる数少ないインバウンド調査です。
留学生モニターツアー
日本在住の外国人によるツアーを自分の地域に招待
参加した在日外国人は母国の知人、友人へSNSで情報発信
欧米圏、東南アジア圏、中華圏など世界中の外国人の意見を"日本で"収集できる
主なモニタリング実施地域:東京、大阪、京都、福岡、名古屋、北陸、山陰、東北、北海道、沖縄など
110か国以上のモニターが登録する圧倒的な動員力
1~2名でも、100名以上の大人数でも動員可能な在日外国人ネットワーク
〜東京から離島まで〜全国どこでもインバウンド調査!
まずはお悩みをお気軽にご相談ください
事例紹介・ご利用イメージ
観光地外国人モニターツアーならこんなことが可能です。
外国人モニターツアー

地域の観光地を外国人モニターとまわる観光ツアー開催

お客様の地域へ外国人モニターが行き、実際に観光体験をします。そこではインタビュー調査/アンケートを通じて、日本在住の外国人ならではの意見や今まで気づかなかった地域の魅力に気付けるでしょう。また、ツアー中やツアー後に外国人は自身のSNSで母国の友人知人へ情報発信を行い、口コミの拡散を行います。人数規模は、2~6人程度の小グループから、観光バスいっぱいの大規模モニタツアーまで対応可能です。
外国人観光客調査

近所から離島まで!がスローガンの日本全国対応ツアー

日本中の地域が外国人観光客の呼び込みに力を入れています。また、2017年の外国人の観光トレンドは都内、大阪などの一極集中から確実に日本全国へと広がりを見せています。弊社では東京都内から離島の観光地まで、在日外国人モニターツアーの対応が可能です。
在日外国人 調査

在日外国人による地方創生

弊社では早くから在日外国人モニターによる地方創生事業を行っており、外国人とともに地方へ赴き実際に観光地や観光アクティビティを体験。その上で外国人目線での意見出しやアンケートを行い、外国人受け入れ体制強化に協力して参りました。動員人数も2人ほどの少人数から100名を超える動員、さらには国籍・年代も登録外国人モニターの中から自由にご指定いただけます。
まずはお悩みをお気軽にご相談ください
在日外国人の観光地モニターツアー調査Tips

在日外国人の観光地モニターツアーで「広域観光周遊ルート」制定

外国人目線で洗い出す地域の魅力


日本中にある「広域観光周遊ルート」の制定に地域に住む外国人のモニターツアーが役に立ったことをご存知でしょうか?「広域観光周遊ルート」は、2016年10月現在で11ルートが認定されています。そもそも「広域観光周遊ルート」は、外国人旅行者の地方への誘客を図るため、複数の広域観光周遊ルートを認定し、関係省庁の施策を集中投入するとともに、地域が推進する取組をパッケージで支援し、海外に強力に発信していくもので、新たなゴールデンルートの策定を行っていると言えます。 とはいえ外国人から見て、どのような場所が観光地として良いのかを知らなければ外国人旅行者を集めることは難しいです。そのために有用だった方法が在日外国人の観光地モニターツアーです。

在日外国人の観光地モニターツアーを実施した某自治体の例


ここでは具体的な例をもとに、どのように在日外国人の観光地モニターツアーが進むのかを解説したいと思います。併せて外国人モニターツアーの派生系もご紹介します。

モデルコースの仮説立て、実際のツアーを実施。方針が固まった例


某県で行ったモニターツアーを中心に組み立てた施策で、外国人の有識者によるモデルルートの仮説立て、ルートの制定、実際のモニターツアー実施、アンケートの実施分析など、一気通貫で行った施策です。中国、韓国などの東アジア、アメリカ、イギリスなどの欧米諸国、その他東南アジア諸国からそれぞれ7か国の外国人、総勢14名が参加しました。年齢層は20代、30代と広く分布。「受入環境」をテーマに「交通機関(東京から地域)」「宿泊施設」「観光地」の3つに関して調査を実施。

海外の旅行代理店招待と組み合わせをした例


某県で行った施策として、ターゲットとしている国の旅行代理店を呼び、観光ポテンシャルを体験してもらうとともに、観光地へ在日外国人モニターを呼び、ツアーを実際に体験してもらった。これにより、地元を旅行商品として旅行代理店が扱い、さらに在日外国人の観光地モニターツアーに参加した外国人が母国へSNSで発信することにより拡散を行ったもの。参加したモニターは、中国、台湾、韓国の東アジアが中心です。

日本にいる外国人ブロガーを招待した例


日本にいる外国人ブロガーを起用して行うモニターツアーも実施可能です。台湾の有名ブロガーのうち、日本に暮らしているブロガーが地域を訪れ、体験した内容を自身のブログで情報発信を行います。この施策のメリットは、情報発信と魅力の洗い出しを同時に行えることです。
まずはお悩みをお気軽にご相談ください