「店舗前」で特定商品を購入した者に対して行う出口調査 事例

「店舗前」で特定商品を購入した者に対して行う出口調査

Pocket

ginza-4

「店舗前」で特定商品を購入した者に対し、東京都内でインバウンドリサーチを使用した出口調査

課題

・最近、中国人が特定の商品ばかり買う。なぜその商品を買うのか?全く事情がわからないため知りたい。

・インバウンドで購入するものは自国に帰っても購入対象なのか?それとも日本で買うから価値があるのか?

提案内容、使用したソリューション

東京都内の某小売店舗前での出口調査。あらかじめ決めておいた商品を購入した者に対してのみ出口調査を実施。併せて「どの段階で購入を決めていたのか?」「どの媒体で情報を仕入れているのか?」も調査。越境ECなどでの販売戦略策定のために有用な情報収集手段を洗い出す。

結果

規定のサンプル数を回収。予想とは異なる結果となったが、海外戦略へ舵を切っていくと判断できる結果に。

弊社の担当が話す成功のポイント

正直、特定店舗前での調査は難しく、店舗側の協力が欠かせません。今回、本社の方も店舗の方も快く許可頂いたことが成功のポイントです。トレンドはインバウンドから越境ECへ移り変わっているので、このような調査のニーズは全業種で高いと思われます。

この事例に関連するサービス

Pocket

お問い合わせはこちらから
海外マーケティング最新News Letter
キーワードから探す
MENU
お見積もり・ご相談はこちらから