海外向けコンテンツ制作事業

LIFE PEPPERのメンバーの7割以上が海外滞在歴10年以上の「バイリンガル日本人」です。単に文言をネイティブが書く(=翻訳する)のみならず、デザインやムービーなどの「イメージを翻訳する」というありそうでなかった概念でサービスをご提供しております。

例えばWEBページ制作に関し、弊社に依頼いただければ、海外向けWEBサイトのデザイン、ネイティブによる翻訳、SEO対策と3つの柱でサービスのご提供が可能です。また、その後のプロモーションもお手軽価格でご提供いたします。

海外への進出は「サイトを作りました」や「プロモーションを打ちました」などの単発施策ではうまくいきません。弊社では海外進出を一気通貫でご提供できるからこそ、総合的なご提案が可能です。

まずは一度、ご相談ください。

海外向けコンテンツ

外国人に刺さるライティングワーク

外国人コンテンツ

「読めるのではなく刺さる」ライティング

海外メディアとして存在する以上、外国人がストレスなく記事を読めることは当たり前。求められる記事は「刺さる記事(=感情を動かす!)」コンテンツです。

貴社専用の「成長する」外国人ライター部隊

最近、WEBメディアの記事を書く際の手法で「クラウドソーシング」という手法があります。しかし、通常のクラウドソーシングでは、ライターさんとは1度の案件で終了になります。せっかく指示ペーパーやワードプレスのプラグインを入れ、ライターが作業しやすい環境を作ってあげたとしても、ライターさんはライティングしか行わないことが多いです。

しかし、弊社の外国人ライターは初回依頼時から専属のライターをお付けしているため、徐々に貴社のメディアのコンセプト・読者層をつかみ、自主的に良い記事を作成するべく行動を開始する例が殆どです。

会社内に部隊を持つよりも割安で成長する外国人ライター部隊を抱えることが可能です。

対応業務種別

海外向けWebメディア記事作成代行(外国語or日本語で外国人目線記事)、在日外国人ライターの手配

外国人に刺さるイメージのデザインワーク

features_02

「イメージを翻訳する」というありそうでなかった概念

Webサイトのトレンドや受ける印象は国により変わります。「既存のサイトを他言語に!」これはグローバルサイトの初動としては何らおかしいことではありません。しかし、LIFE PEPPERはターゲット国によりデザインを変えることをご提案しています。「日本人に対しては、こういうイメージだった」ということをお伝えいただければ、適切なデザインをご提案します。

対応業務種別

WEBデザイン、電子カタログ原稿作成、海外向けランディングページ作成、外国語POP作成 等

外国人に刺さるムービー

SNSでの拡散やYOUTUBERの台頭など、もはやWeb業界において動画は欠かせないコンテンツになっています。


最寄駅から弊社オフィスまでの道案内動画です。

SNSに最適化された動画サービス

ムービーというとどういうイメージですか?大掛かりな映画?それともTVCM?弊社のムービーはSNSという新世代のメディアに掲載することに特化したムービーをご提供します。

対応業務種別

SNS用ショート動画コンテンツ(外国語字幕対応)

実例
株式会社 榮太樓總本鋪(あめやえいたろう)様
英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語の電子カタログデータご納品
その絶大な商品力で自然な口コミで世界中で認知度が向上している「あめやえいたろう」の伊勢丹新宿店及び銀座三越店において急増するインバウンド需要に対応するべく、業界に先駆けて外国人向け電子カタログを導入。 もともと店舗ではその高い接客力により外国語対応をカバーしていたが、電子カタログ導入により、店舗を訪れた多くの外国人観光客の満足度を高めることに成功。弊社のミステリーショッパーサービスも同時活用いただき、「電子カタログ」までのスムーズな導線の確保で満点を受賞するほどの高い接客クオリティ。 弊社の中国人調査員のコメント「とても美しく、見やすいカタログ。また、きちんとカタログまで導いてくれたので、ストレスなく買い物を楽しむことができた。商品も大変素晴らしかったので調査だけのつもりが、予定外の買い物をしてしまいました。」
株式会社フーデックス ホールディングス 様
日本国内の居酒屋チェーンのメニューをローカライズし、インバウンド対策のお手伝い
その国にない食材を使用している食事名の翻訳を行い、メニューへの落とし込みを実施。国内店舗でのメニューを翻訳することにより、インバウンド対応のお手伝いをしました。
株式会社グラム 様
店舗への道案内&店舗の動画を作成
クライアント様の要望を聞き、表参道駅から店舗への英語字幕付きの道案内動画を制作しました。これにより、外国人の方が複雑な原宿エリアの道に迷うことなく店舗を訪れることができます。さらに、店舗内の簡単な案内も行うことにより、単なる道案内ではない店舗案内のコンテンツに仕上げました。