インバウンドリサーチ

こんな事でお困りではありませんか?
訪日外国人観光客がなぜその商品をその場所で買うのか知りたい
団体観光客ではなく、個人の観光客(FIT層)へリサーチを行いたい
東京都内の訪日外国人に対してインバウンドリサーチを行いたい
東京だけではなく、全国でインバウンドリサーチを行いたい
インバウンド消費を行う訪日観光客からの情報収集!

インバウンドリサーチは、訪日中に外国人観光客と対話をしながら行い、その場で感じた印象を問うため、「インバウンドと非常に親和性が高い」点や「調査設計時に予想していない声(=調査設計方法によって左右されない本来の声)を収集できる」点が最大のメリットです。インバウンド対策の調査をWebで行った場合は、帰国後に美化された観光の思い出に基づく意見の収集になってしまうため、データの質が下がる傾向にあります。東京都内だけではなく、全国での調査も承ります。インバウンドリサーチは弊社へお任せください。
インバウンド消費の対象者のみに確実にアプローチできる
自分で旅行プランを設計する「FIT(個人観光客)」にも容易にアプローチできる
予想外の生の声や、Webでは入力されない情報を収集できる
「話しかけてくれて、ありがとう」と言われる満足度の高いコミュニケーションが可能
日本全国、訪日外国人の集まる主要地での調査が可能!
調査結果から海外戦略を策定!プロモーション・ブランディングまでの一気通貫サポート
現地文化を理解したバイリンガル調査員が調査実施!
お気軽にお問い合わせください
事例紹介・ご利用イメージ
インバウンドリサーチならこんなことが可能です。

Case.1 団体ツアーを利用しない訪日韓国人が日本でどのような消費をしているのか?

Webリサーチの難しい個人観光客(FIT)に対して、「訪日中に購入した商品」「購入金額」「購入した場所」「情報収集時に参考にした媒体」など、インバウンド消費に直結する情報でも収集可能。商品を購入してから時間を置かずに行う調査のため、商品購入の決断に至った背景・動機など詳細な情報を収集可能です。

Case.2 訪日中国人が旅行中に使用しているWEBサイトのスクリーンショットを入手

訪日中の特定の国籍の外国人に対して、「実際に購入した商品のレシート撮影」や「当日のファッションを撮影」「チラシ配布」「実際に購入した商品の写真」など、対面でしか実現できない難易度の高い調査内容でも実施可能。
お気軽にお問い合わせください
利用イメージが浮かばない方はこちら

まさに右肩上がり!平成27年第3期 前年同時期に比べ81.8%も増加するインバウンド消費

近年、訪日外国人数の増加に伴いインバウンド業界がますます沸騰しています。 日本政府観光局(JNTO)調べによると、2014年度は前年比100万人増の240万人が来日したと記録されています。ここ数年での訪日外国人数の増加は著しく、インバウンド対策に先進的な企業と手をつけていない企業では、既に訪日外国人需要の取り込みに大きな差が生まれつつあります。

旅の醍醐味をショッピングと考える中華圏からの旅行者

訪日外国人の中でも中国を始めとした東アジア出身の観光客は、日本旅行中の目的としてショッピングをあげる人が大半です。このような訪日外国人による買い物によって生じた消費を「インバウンド消費」と業界では呼んでいますが、この消費額もタイトルと同様で、平成27年第3期 前年同時期に比べ81.8%も増加といった右肩上がりの数値を記録しています。

購入される・利用される商品/サービス

東アジアの訪日外国人が訪日中に購入する商品やサービスには大きな偏りがあります。関東圏のインバウンドの中心地「浅草」を例にとってみると、ある着物レンタル屋には訪日外国人が列をなし、一方で別の店舗には日本人客しか集まらないという状態があります。これは中華圏の訪日外国人の特徴でもある「訪日前に購入するものや、利用するサービスを決める」という特性が原因となっています。 インバウンド対策を早期に始めた企業は、訪日外国人が母国で情報収集を行なっている段階で既に認知され、スケジュールに組み込まれているため集客に成功しているのです。

インバウンド対策で成功している企業・店舗

寿司屋 築地市場寿司大

築地市場にある「寿司大」というお店は、早朝5時ごろから訪日外国人が行列を作る寿司屋です。弊社のスタッフもインバウンドリサーチを実施する際に、築地周辺地域で調査を行うことがありますが、頻繁に「寿司大はどこにありますか?」という質問を受けることがあると言います。 元々は築地で働く人のために発展した築地市場内の飲食店街ですが、今では口コミが口コミを生み連日30人近くの外国人が並ぶ大人気店となっています。

着物レンタル 浅草七変化

浅草にある着物レンタルの「浅草七変化」というお店では、著名な台湾人ブロガーが着物体験を記事にしたことをきっかけに台湾・香港からの韓国客の中で口コミが広がり、この2地域からの集客に成功しています。台湾では日本でいう「じゃらん」や「ぐるなび」といったお店や旅プランを探すサービスがなく、個人のブロガーによる情報発信が最も情報収集に用いられている情報源です。この事例は、台湾国内の特徴を正確に捉えて成功している事例だと言われています。

その他事例まとめ記事

国内で最もインバウンド対策に成功しているとも言える代表的な3企業に関しては、メディアインバウンドBizに掲載されています。 「ラオックス、ドン・キホーテ、パナソニックに学ぶインバウンド対策」 引用:日経BP社 インバウンドBiz http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/IB-BK/030700007/

インバウンドリサーチを活用する方法

ここまででインバウンド業界の高まりに関して説明をしてきましたが、ここからは実際にインバウンド消費取り込み・訪日外国人集客を行うためのリサーチの活用例をご紹介します。

インバウンドリサーチの対応可能地域(東京、大阪、福岡 等 全国どこでも対応!)

弊社のインバウンドリサーチは、東京、大阪、福岡をはじめとした都市だけではなく、富山、金沢、名古屋などでも対応が可能です。まずはご相談ください。

アプローチすべきターゲット層を見つける

インバウンド市場は一口にインバウンド市場といっても、出身地域によって言語・使用する媒体・文化は全く異なります。漠然と既存の日本人向けの販促物や広告、Webサイトを英語対応・中国語対応させても集客は成功しません。 全ての国に広く浅く間口を広げるのではなく、ターゲット国を定め、その国の中のどの層に最も好まれる可能性があるのかを、仮説を持った定量調査によって明らかにすることが可能です。 これによって海外戦略って何をしたらいいのか分からないという状態を脱することができます。

アプローチの手法として最適な方法を見つける

既にターゲット層が決まっている場合は、その層の観光客がどのような場所(媒体)で情報を収集し、どんな種類の情報を求めているのかを明らかにすることが第二ステップです。 これによって、ターゲット層に対して最も効率的に情報を届けられる媒体や手法を明らかにすることが可能です。

商品・サービスの見せ方を「ターゲット層が好む見せ方」に改善する

既にターゲット層に対する適切なアプローチ経路が明らかになっている場合、次はどのような部分に魅力を感じ購入や来店を決意するのかを明らかにすることが課題になります。化粧品を例に挙げると、日本人向けには「美白・もち肌」という効能を表すキャッチフレーズが刺さる商品でも、ターゲット層に対しては「日本限定」「アンチエイジング」という見せ方が刺さるという魅力に感じる点が異なるケースは多数あります。 このタイプ調査は、各ターゲット層ごとに好まれる見せ方に改善案を提供し、全ての広告効果を高めます。
お気軽にお問い合わせください