ニュース

GMOリサーチ×LIFE PEPPER:共同調査第2弾 訪日中国人観光客の定性インタビュー調査を実施

 

~団体ツアー客の「指名買い」と個人客の「店頭決定買い」が明らかに~

  2016年10月7日 報道関係各位 GMOリサーチ株式会社 株式会社LIFE PEPPER 共同調査第2弾 訪日中国人観光客の定性インタビュー調査を実施 ~団体ツアー客の「指名買い」と個人客の「その場買い」が明らかに~ GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役:細川 慎一 以下、GMOリサーチ)と、海外向けローカライズ事業・リサーチ事業・プロモーション事業を手がける株式会社LIFE(ライフ) PEPPER(ペッパー)(代表取締役:菅沼 哲也、冨永 重人、吉田 行宏 以下、LIFE PEPPER)は、訪日外国人観光客を対象とした共同調査を実施しており、第1弾として2016年4月に東京・秋葉原で街頭調査(定量アンケート調査)を行いました(*1)。 この第1弾の調査で明らかになった、中華圏の訪日団体ツアー客と個人客の購買行動の違いに着目し、その背景を深掘りするべく、東京・秋葉原、お台場を訪れた中国人観光客4名を対象に、定性インタビュー調査を実施いたしました。   ■第1弾 街頭調査(定量アンケート調査)より 東京・秋葉原を訪れた訪日観光客100名に訪日目的を尋ね、団体ツアー客と個人客、中華圏と欧米の観光客を比較しました。買い物に関する設問では、中華圏の団体ツアー客の6割が、購買予定の商品を品目の型番まで完全に決めていたのに対し、個人客は2割以下にとどまり、旅行前に商品を細かく絞りきらず、最終的には店頭で決定している傾向が見られました。 (*1)「訪日外国人観光客の秋葉原訪問目的の詳細把握」に関する定量アンケート調査(2016年5月20日発表)https://www.gmo.jp/news/article/?id=5337   【中国人観光客の定性インタビュー調査実施の背景】 GMOリサーチとLIFE PEPPERは、2016年4月1日に業務提携し、GMOリサーチの「インバウンドリサーチ」を通じて、訪日中の外国人旅行客の生の声を聞く街頭調査サービスを提供しております。また、訪日外国人観光客を対象とした共同調査を定期的に実施しており、今回は第2弾として、上記の第1弾の街頭調査結果に基づき、中国人団体ツアー客と個人客の購買行動の違いを深掘りする定性インタビュー調査を実施いたしました。 この調査の背景には、2016年も引き続き増加傾向にある訪日観光客の中で国別トップの伸び率(対前年同期比41.2%増)を誇る訪日中国人(*2)が、団体ツアーから個人旅行へと旅行形式をシフトしていることから(*3)、これが今後インバウンド需要にどう影響していくかを予測する狙いがあります。 (*2)日本政府観光局(JNTO):2016年7月20日「訪日外客数(2016年6月推計値及び上半期推計値)」 (*3) 2011年4月~6月期に20.2%だった中国人個人客の割合は、2016年同期は53.9%と過半数を占めるまでに成長すると予測。 観光庁:2016年7月20日「訪日外国人消費動向調査(平成28年4月~6月期)」、2011年8月31日「訪日外国人消費動向調査(平成23年4月~6月期)」より。ともに、中国本土からの訪日客で、観光・レジャー目的のみの割合。   詳しくはこちらを御覧ください。    
お気軽にお問い合わせください
提案内容・サービスを詳しく知りたい
海外マーケティング最新News Letter
提供サービスを探す
MENU
お気軽にご相談ください