11月11日(土)にベンチャー企業4社で「会議力」をテーマに第11回戦略思考ワークショップを行いました。

このワークショップは戦略思考ワークショップという名前で呼ばれる、昨年始まった企画です。弊社の代表取締役の吉田が支援する20社近い企業が集まり開催されています。

ほとんどの企業や働いている人は無駄な時間を過ごしている場合がある

弊社代表取締役の吉田

 

事業や仕事を進める上で、様々な決定や会議が行われています。それによって新たな事業が生まれることや、立ち上がらずになくなっていく計画などがあります。

今回はその意思決定・思考プロセス・会議という部分に課題を感じ、ボトルネックを解消することを目的にワークショップが開かれました。

ボトルネックは、実行されない計画を立てる時間・それに費やした工数/費用

LIFE PEPPERメンバーの都所廉樹(現在は最年少メンバーとして主にWEB開発で活躍)

 

ボトルネックとしてあげられたのは、「実行されない計画を立てる時間・それに費やした工数/費用」です。

会議によって計画を立てたもののうち、どれだけのものが継続的に実行されているでしょうか?実は振り返ってみると、長期間継続できているものよりも、途中で頓挫している計画の方が多いのではないでしょうか?

 

LIFE PEPPER台湾出身メンバーのLin chen hua(中国語と日本語のバイリンガルで、中華圏プロモーションやデザインなどで活躍)

 

実行されない計画にかけた工数や時間・それを考えることに使った時間は、後から振り返れば、実りの少ないコストになります。

では、どのように計画立てや会議を行えば、より強くJカーブを描くような成長を遂げる組織を作ることができるのでしょうか?

 

「計画の先行きの読み」「継続させるアイデア・知恵」「絶対に継続させると覚悟を決める人物」

LIFE PEPPERメンバーの都所遼(自社のWEBマーケティング・訪日外国人リサーチなどで主に活躍)

 

意味のないコストを出さずに事業を加速させていくためには、「計画の先行きの読み」「継続させるアイデア・知恵」「絶対に継続させると覚悟を決める人物」が重要という内容を学びました。

1. 計画の先行きの読み

これは、立てた計画がどのように進んでいくのかを先読みする力です。よくあるミスとしては、計画の中身(どんな風にプロモーションをしていけばいいのか?/毎日の昼食で野菜を支給して、社員の健康を保とうなど)のみを考えてしまい、誰が進めるのか?それを進める工数はあるのか?というそもそも論を抜きにしてしまうケース。

実現可能性が少ないのにも関わらず、行動を始めてしまうことが継続されない計画の原因の一つになります。

これは計画の読みが足りないために発生しています。

 

LIFE PEPPERメンバーの吉田典広(地方自治体との取り組みや全国的な営業で主に活躍)

 

2. 継続させるアイデア・知恵

二つ目のポイントとしては、どれだけ計画段階でそれを継続させるアイデアや知恵を仕掛けることができるかです。

計画を立てる際に頓挫する可能性・継続されない可能性を十分に認識したら、どうやったら継続が難しくなったケース(繁忙期で顧客対応や工数が重なって、計画実行が疎かになるタイミングなど)にも対応できるか知恵を絞る必要があります。

計画立案当初の気合や根性だけでは継続できずに頓挫する確率が高いため、続ける仕組みが重要になります。

 

LIFE PEPPER代表取締役の菅沼哲也(中国語のバイリンガルという一面を持ち、LIFE PEPPERを実務・戦略面ともに牽引)

 

3. 絶対に継続させると覚悟を決める人物

1と2のある意味でスキル・工夫(できていない企業・人物が大半で、かなり高いレベルではあるが。)面での改善ポイントです。

しかし、それらも計画段階での読みを外した時、状況が変わった時には対応する必要があります。そういった際に必要になるのは、「絶対に継続させると覚悟を決めた人物」です。覚悟を決めて継続させる、絶対に続けるという気持ちを持った人がいるのかいないのか、これが計画を継続して実行するために必要なもう一つの要素です。

 

まとめ

今回のワークショップでは、日々の事業の進め方・思考プロセスにかなりの危機感を覚えました。これを改善するということを確実に実行し、継続するためにも、会議体にルールを決め身につけていく方針になりました。

参加企業各社に必ず実施するために、主催である株式会社POLの松崎さんが自ら覚悟を決め、各社でも確実に新たな会議体を実行すると覚悟を決めた人物がいます。

自社のみでなく、お付き合いしている企業・関係企業まで一緒に成長できるような姿勢で今後も業務に励んでいこうと思います。

 

今回のワークショップに参加した関係企業様の紹介です。

・株式会社POL様

・株式会社Nitlon様

・株式会社ドットライフ様