メニューの翻訳を行いました 事例

メニューの翻訳を行いました

bokashi-food-2

課題

・観光客向けの受入準備(外国人客とのコミュニケーション工数削減)

クライアント様は国内/海外で複数の店舗を持つ飲食店運営企業様で、増え続けるインバウンド対応のため、メニューの翻訳を検討していた。

提案内容、使用したソリューション

弊社からクライアント様へ中華圏向けの翻訳(ローカライズ)をご提供しました。ネイティブによる翻訳だけではなく、メニューで不明なもの、伝わりにくい料理はバイリンガルがアドバイスを行うように努めました。

結果

メニューを店に備えていることにより、来客時に安心して接客できるという声をいただきます。

弊社の担当が話す成功のポイント

特に難しかったのは、「日本語にはあるが、外国にはない料理」の翻訳です。現地の文化を知っている人間が翻訳をしないと伝わらないわけがよく理解できました。日本語よりも長い翻訳文に対し、補足で説明書きをつけるなど柔軟に許可をいただけたことが「伝わる翻訳」を行えた重要な要素だと思います。

お気軽にお問い合わせください
提案内容・サービスを詳しく知りたい
海外マーケティング最新News Letter
提供サービスを探す
MENU
お気軽にご相談ください