店頭掲示用 他言語電子カタログローカライズ、導入支援 事例

店頭掲示用 他言語電子カタログローカライズ、導入支援

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-16-44-44

店頭掲示用 他言語電子カタログローカライズ、導入支援

課題

・店舗を訪れる外国人観光客の増加に対し、店頭での接客対応の負担が増加している。

・もともと、国内で商品はブランディングに成功しているがゆえに、外国人にとっては伝わりにくい商品。

提案内容、使用したソリューション

クライアント様は課題解決のため、店頭で使用する電子カタログシステムの導入を検討されていたところ、すでに国内向けのECサイト、店頭で使用するIpad、国内用の日本語カタログがあることから、既存のソリューションを活用して導入コストを抑えながら進めていくことをご提案。
日本語のカタログ、ECサイトのデザインをそのまま生かし、言語をローカライズし、デザインへ落とし込んだ後、シンプルな形で店頭へ導入。導入後、店頭できちんと伝わるかを検証するため、弊社の外国人スタッフを店頭で買い物させるいわゆるミステリーショッパーを実施。その効果を検証した。

結果

店頭への導入により、観光客のカタログ利用が増えたため、店員さんの対応コストが下がり、売上が増加した。店頭を訪れる外国人の数が増えたこと、もともとこだわった商品作りをしていたため、訪日外国人の中でじわじわと口コミが増加中。

弊社の担当が話す成功のポイント

提案前にお互いの成功イメージをすり合わせ、かつ、店舗の現状をヒアリングさせていただくなかで感じた”複雑でコストの膨大なものを入れるフェーズじゃない”という点をそのまま採用頂いたところだと思います。いわゆる”インバウンド”の対応は未だ成功事例が少ないので、まずは小さく始め、PDCAをまわしながら成功への道を探る、という一見すると遠回りにも見える提案をした弊社の意見に理解を示していただき、感謝しております。
成功のポイントは、正しい現状の認識と、真の課題解決はどこか?を探ることにあると思います。

お気軽にお問い合わせください
提案内容・サービスを詳しく知りたい
海外マーケティング最新News Letter
提供サービスを探す
MENU
お気軽にご相談ください