国内でできる!外国人アンケートの基本を確認しておこう

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

海外の市場調査や消費者の動向を探る上では、数字を眺めているだけでは分からないことも多々あるものです。

現地の声を知る上で、外国人向けのアンケート調査は非常に役立つ手法です。アンケートの運用方法や、どのような効果が期待できるかについて、確認しておきましょう。

外国人アンケート調査の目的

まず外国人アンケートを実施する前には、ある程度目的を明確にしておく必要があります。

自社商品のヒアリング

外国人アンケートを行う一般的な目的としては、一つに自社サービスや商品のヒアリングが挙げられます。

実際に商品を使用してもらい、その使い心地や感想などを項目に則って回答してもらうというのが一般的な手法です。

また外国人向けのアンケートの際、現地人としての感覚という側面からの知見も得られるのはありがたいポイントです。

商品の色やパッケージデザインは不快なものではないか、ネーミングは現地でも意味の通るものかなど、日本人の感覚では補えない点も、ここで知ることができます。

現地の消費者動向の理解を深める

直接話を聞く機会を設けることで、現地の市場に関する知見や、消費者の同行などもアンケートから知ることができます。

どのような商品を現地では常用しているのか、印象的な企業やサービスは何かなど、感覚的な意見を複数データとして収集すれば、見えてくる動向もあるでしょう。

どのような動向を知りたいのかという方針も意識しながら、アンケートの内容を精査していきましょう。

外国人アンケートの方法

外国人にアンケートを行うための手法としては、いくつかの方法が挙げられます。

街頭アンケート

アンケート調査において最もポピュラーな方法としては、やはり街頭アンケートでしょう。

特定のエリアを訪れている不特定多数の外国人をターゲットに実施し、調査そのものはその場で完結させることができます。

顔が見える相手にアンケートを依頼することになるため、性別や外見に関する調査事項がある場合には有効な手段と言えます。

また、調査対象のエリアも実施地域で絞ることができるため、地理的な確認事項がある場合にも有効です。

SNSなどを介したアンケート調査

インターネットを活用したアンケート調査は、一度に多くの回答者を短期間で確保するのに有効です。

TwitterやFacebook経由でアンケート回答者を募り、Googleフォームなどのサービスを使ってアンケートを実施すれば、低コストでアンケートを行うことができるようになります。

うまく回答者が集まれば強力な手法ですが、ネックとなるのが回答者の集客です。あらかじめ会社に知名度がなければ上記のような手法で人を集めることは難しく、有効な回答を集めるのに時間がかかります。

インターネット上でのアンケートとなると、専門の調査会社に依頼した方が効率的な場合も多いので、積極的に活用していくことが重要です。

外国人アンケートのメリット

ある程度のコストをかけて行うことが求められる外国人アンケートですが、そこで得られるメリットにもむしできな魅力があります。

日本での不自由や日本企業に求める課題発見が可能

まず、日本に関心を持つ、あるいは何らかの接点のある外国人にアンケートを実施することで、客観的に日本が抱える問題などを提起してもらうことができます。

日本人や日本企業が自ら発見できる課題も世の中には多くありますが、一方で海外進出などの展開を踏まえると、日本人の考え方では理解しかねる問題もあります。

日本で外国人が過ごす上で、どのような問題を抱えているのか、あるいは日本のサービスにおける不満はどこにあるのかなど、これまで見向きもしなかった答えが得られるかもしれません。

新しいビジネスチャンスの創出につながる

逆に日本人が気づかなかった、日本企業の良いところもアンケートを通じて知ることができるかもしれません。

清潔な公衆トイレや優れた接客サービスなど、日本では当たり前だと思われていることが、海外では高級なものとして扱われているケースは少なくありません。

アンケートを通じて、日本では解決済みだった問題を海外に発見し、ビジネスチャンスを創出していくと良いでしょう。

日本から海外に輸出できるものは、必ずしも伝統的な文化やお土産だけではありません。積極的にチャンスを掴んでいく姿勢を見せることが大切です。

おわりに

外国人アンケートは、日本では得られない知見や情報をみえる化していく上で重要な施策です。

新型コロナの影響で海外への出入国が難しくなっている分、街頭インタビューなども行いにくくなっている分、海外の声を得られる機会を大切にしましょう。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは、国内外の海外マーケティングの専門家5,000名と共に過去6年間で600社の日本企業のマーケティングを支援しています。

そのノウハウをまとめたお役立ち資料もご用意しています。無料でダウンロード可能なため、ご活用ください。

<この記事を読んだ方にオススメ>
海外現地進出成功事例集24選
訪日インバウンド成功事例集65選
BtoB企業成功事例集15選
BtoC企業成功事例集85選
会社概要・サービス紹介資料
韓国越境ECの新トレンド!NAVER Smart Storeで今から韓国進出
【中国進出の定石】Wechatミニプログラム
海外事業担当者がチェックすべき必須ツール29種
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)