中国向け SEO 対策サービス – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER


中国向け SEO 対策サービス

訪日中国人の店舗集客や海外現地での商品の販売強化など、インバウンド・アウトバウンド関係なく利用できるプロモーション手法です。

中国のNo.1検索エンジン「百度」で情報収集を行なっている見込み客に、記事や商品紹介ページという形の情報を届けることで、来客・コンバージョンを発生させます。SEO対策は数あるマーケティング施策の中でも「見込み客が能動的に情報収集を行なっているタイミング」にアプローチしやすい手法です。

中国でマーケティングを行う上で注目されがちな「インフルエンサー施策」や「SNS施策」に比べSEO対策は、体力は必要ですが成果が上がりやすい施策です。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国向けSEO対策について無料相談する

中国におけるSEO対策とは

中国語対応をしているWEBサイトを使用して、現地で最も利用されている検索エンジン「百度」で見込み客にSEO対策を活用してアプローチを行う施策です。

中国語でのSEO対策では国内向けのSEO対策と同様に、「内部対策」「外部対策」「コンテンツ」の三つが重要になってきます。まずはこの内部対策・外部対策・コンテンツを多言語サイトではどのように実施すればいいのかを解説します。

ただ、中国ではそれ以外にも、国特有の事情により、個別に対策をする必要があります。
*中国だけでなく、海外 SEO は国によって Google 以外の検索エンジンを利用する国があるため、その国に対しては上記3点の基本以外にも個別対策が必要です。詳しくは下記をご参照ください。

中国向け SEO 対策を行う上での注意点

百度(baidu)でのSEO対策とは

中国では検索エンジン利用率シェアの77%は「百度Baidu」という検索エンジンです(2016年データ)。中国における No.1 検索エンジン百度(baidu)でのSEO対策は基本的には考え方はGoogleのSEO対策と類似しています。しかし、技術的なSEO施策以前の「検索エンジンに認識される」までのステップが複雑です。「検索エンジンへの登録」の前と後でのSEO対策が必要になります。

百度でのSEO対策は、日本にしか法人がない企業が取り組むには難易度が高いのが現状です。理由は中国の政府の情報規制です。

中国の百度はすべてのコンテンツが検閲されてからWEB上に公開されています。
そのため、ただ単にGoogleでのSEO対策の考え方で中国語サイトを作ったとしても、百度で検索結果に自社サイトが表示されることはありません。

中国百度で SEO 対策を行うためには、中国で法人を持っている場合のみ発行されるライセンスが必要であったり、内部対策・外部対策・コンテンツ以前に突破するべき壁が存在しています。

検索エンジン百度(baidu)に認識されるためにやるべき3つのこと

1. 中国工信部へのWEBサイト登録申請

中国では国内で利用されるWEBサイトを一括で管理しており、適切にユーザーにサイトを表示させるためには中国工信部へのサイト構築申請を提出する必要があります。
中国工信部WEBサイト:
http://www.miit.gov.cn/

2. 百度(Baidu)へのサイトインデックス依頼

中国工信部への申請を終えたら、次は百度へのインデックス(検索エンジンへの登録)を依頼する必要があります。以下のURLより百度のインデックス依頼ページを訪れ、自社のWBサイトのURLを入力し、サイトの存在を百度(baidu)に知らせてください。
http://zhanzhang.baidu.com/linksubmit/url

3. サイトマップの送信

サイトマップと呼ばれる各WEBサイトの構造を示したファイルを作成し、百度に対して送信をしましょう。百度(baidu)がクロール(検索順位を修正するために必要な評価作業)を行う頻度はGoogleのクロールに比べ、頻度が低くなっています。そのため、サイトの変更を行った際にはこまめにサイトマップの再送信をお勧めします。

検索エンジン百度(baidu)で検索順位を向上させるためにやるべきこと

百度(baidu)では、比較的にGoogleに似た検索順位の評価手法を取っています。 例えば、titleタグやh1,h2タグに狙っているSEOキーワードを盛り込む点などは、基本的にGoogleと同様です。しかし、大きく違う点はmetaタグ情報が直接百度(baidu)で表示されるという点です。
そのため、metaタグの設置は必須となります。Googleではランダムに表示される場合もあるため、自分でコントロールのできる百度(baidu)は説明文の表現でのA/Bテストに最適です。

中国向けSEO対策を行う上での内部対策は、制作段階で作り込むべき。

多言語SEO対策における内部対策では、サイト内に複数の言語が含まれます。そのためドメインの分け方次第で、その後成果が上がりやすいWEBサイトになるのか、コンテンツを作っても成果が出づらい機会損失が発生するサイトになるのか決まります。

SEO対策にかかる費用や工数を小さく抑えたいということであれば、同じドメイン内で多言語を展開するのも良いですが、弊社のオススメの手法は言語毎にドメインを分けることです。

将来的に多言語のSEO対策を積極的に行なっていく計画があるのなら、同じドメイン内に複数言語を混ぜてしまうと、WEBサイトが検索エンジンに評価される段階で機会損失が発生します。

百度のコンテンツ評価のアルゴリズムでは、Google と似ていて、ドメイン毎に「●●というキーワードで有力なサイト」という評価がされるのですが、複数言語がサイト内に混在しているとこの評価が適切になされません。

将来的にこのような機会損失を発生させないためにも、言語毎に別ドメインもしくはサブドメインで中国向けサイトを制作しておくことが有効です。(そこまでSEOに積極的に取り組まないのであれば、同じドメイン内でディレクトリを作るという手法が比較的管理のしやすい手法です)

中国向けSEO対策での外部対策は、翻訳の品質が鍵。

次に中国向けサイトのSEO対策における「外部対策」を紹介します。

外部対策は他のサイトにコンテンツが転用されることで「参照元リンク」をもらったり 、ソーシャルメディアでどれくらいコンテンツがシェアされるための仕掛けの施策です。

外部の方にコンテンツが評価されて、「情報が拡散される・転用される」という部分の施策のため、なかなか自社で仕掛けづらい施策でもあります。

ただ、この多言語サイトSEOでの外部対策で、日本企業がやりがちな間違いとして「機械翻訳を使用して、コンテンツを量産する」というものがあります。

機械翻訳を利用することによるデメリットを多数あります。

「コンテンツがネイティブにとって理解しづらく、記事を読む途中でWEBサイトから離脱してしまう」「言語レベルが怪しく、SNSや別サイトでのシェアには至らない。」などが機械翻訳によって発生するデメリットです。

たとえどんなに作成したコンテンツの内容が魅力的であったとしても、機械翻訳で翻訳したコンテンツを発信する事で、コンテンツの魅力は半減します。

機械翻訳が習慣になると将来的には「シェアされないコンテンツ」が量産されたり、「途中で読むことをやめ他のサイトに移ってしまう低品質なコンテンツ」が量産され、中国向けSEO対策の足を引っ張ることにもなりかねません。

翻訳の品質は多少費用を多くかけてでも、担保しておきたい部分になります。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国向けSEO対策について無料相談する

コンテンツは、中国の検索語句に合わせて個別で作成する。

次にコンテンツです。多くの企業が取り組む中国向けのSEO対策の手法として「日本語で作ったコンテンツを、中国語に翻訳する」というやり方があります。

工数や費用を抑えるといった視点では悪くはないのですが、中国向け SEO対策の効果を最大化するという視点では、あまり良い手法とは言えません。

この手法で中国語サイトでのコンテンツを制作すると「❶日本語コンテンツを作る」「❷翻訳する」「❸各国のSEOキーワードにタイトルなどを合わせる」という順番でコンテンツ作成を行うことになります。

ただ、SEO対策は「❶見込み客が検索しているキーワードを洗い出す」「❷検索意図を調査・予測する」「❸検索意図に合わせてコンテンツを企画・作成する」というステップが本来効果を上げやすい戦い方です。

中国向けサイトでのSEO対策も、本来は中国現地で見込み客が調べているキーワードを洗い出し、検索意図に合わせて記事作成をする方が効果が上がりやすいのが事実です。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国向けSEO対策について無料相談する

サービス概要

LIFEPEPPER の中国向け SEO 対策ではお客様の達成したいマーケティングの目標に合わせた SEO 対策のサポートを行います
そもそもウェブサイトが中国語での SEO 対策に適していない場合はサイトの大改修からスタートです。その後は、現地の検索方法に合わせた SEO 対策コンテンツ作りでサポートします。対応する範囲は、サイトの制作、 SEO 戦略の策定、キーワード調査、コンテンツ作り、順位や製菓の測定、レポーティングです。

LIFE PEPPERで多言語SEOを行うメリット

・外国人ブロガーのプロモーションや海外むけリスティング広告とのシナジー
→ノウハウが多い

・国内向けのSEO対策でも成功している
→LIFE PEPPERのWEBサイトは海外向けのマーケティング関連のキーワードで多数上位を獲得しています

・ネイティブがどのように検索しているのかを熟知
→多数の中国出身スタッフと社内の半数以上がトリリンガルスタッフという特徴

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国向けSEO対策について無料相談する

解決できる課題・お悩み

  • 中国人集客、海外向けのマーケティングで費用をかけずに継続的に成果を出したい
  • 長期的に見て投資対効果の大きい施策を実行したい
  • 広告のように資産があまり蓄積されないプロモーション以外の手法に取り組みたい
  • サイト制作とプロモーションを一括で支援して欲しい
  • 自社の商材を求めている見込み客にピンポイントにアプローチしたい
  • プロモーションを理解している会社にサイト制作を頼みたい

このような課題感をお持ちのお客様は、LIFE PEPPERの中国向けSEO対策サービスとの相性が良いお客様です。

サービスの流れ

お問い合わせ
ヒアリング
SEO 対策のフェースの分析
ご提案
サイトの改修もしくはコンテンツ制作開始
順位結果測定 reporting
継続的なコンテンツ制作

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

LIFE PEPPERの他のサービスを見る