海外・在日インフルエンサープロモーションサービス – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER


そもそもインフルエンサーって?

インフルエンサーは英語で”Influencer” と書きます。つまり、”influence” (英:影響) に”er” (英:〜をする人) をつけて影響を与える人という意味があります。ここでは人々の「消費行動に影響を与える」人物として捉えられています。ここ最近、最新のトレンドを常にキャッチすることによって、そのインフルエンサーがその名の通り世の中に影響を与え、今や一つの職業として成り立っているほどです。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは企業がインフルエンサーにその企業の商材を広告として紹介、拡散してもらい、その商材の認知度拡大やブランディング向上を狙うことをいいます。

インフルエンサーの分類

YouTuberとインスタグラマーの影響力はとても大きく何が何でも認知を獲得したいという方には短期間で認知拡大に繋がります。YouTuberはビデオ専門で配信してるということもあって、アクティビティなど動きやプロセスが重要なものを宣伝したい場合などに適しています。
また、インスタグラマーは写真に特化しているということもありおしゃれな物だったり写真で映える物が適しています。

ブロガーの場合は国によっては彼らは1番影響力があります。例えば台湾では日本の商品や旅行について調べる際、8割以上がブロガーの記事を参考にするということがわかっています。また、商品やサービスに興味や関心があるフェーズの潜在顧客はブログの方が詳しく情報を得られるので正しく使い分けるのでYouTuberやインフルエンサーとブロガーを正しく使い分けるのが良いでしょう。

インフルエンサー施策の効果

1.クリック率の高い広告形式

通常の広告とくらべて、インフルエンサーの記事を拡散。「広告」という認識ではなく、「記事」という認識でユーザーが接触するため、クリック率が高い

2.コンバージョン率が高まる

記事などのコンテンツを通じてユーザーが商品 / サービスの「理解を深めて」ウェブサイトに遷移するため、コンバージョン率(購入率)が高い

3.リーチできる人数が増える

広告のみでリーチできるユーザーに加え、インフルエンサー自身のファンユーザーにもリーチできるため、通常の広告よりリーチが高い

なぜこのような効果が見込めるのか

SNSを参考に購買するインターネット消費者の割合は74%

私達が思っている以上に海外では以下のデータのように日本に比べてSNS使用率はかなり高く身近にあるので74%という数字もうなづけますね。

InfluencerAD は従来の SNS 広告よりも目立ちやすく、広告ではなく、「コンテンツ」として認識される


ネット広告を出さなくするシステム、”AdBlock” を利用しているインターネットユーザーの47%もの割合でブロックされています。特に海外ユーザーを中心にインストール数は伸びています。

LIFE PEPPERのインフルエンサーサービス

LIFE PEPPER のインフルエンサーネットワークには 3,000 名を超えるインフルエンサーがいます。世界各国、媒体を問わず、経験豊富なインフルエンサーを海外マーケティングのプロがご提供いたします。また、インバウンドアウトバウンドに問わず、どこからどうやってプロモーションしていくのかまで一気通貫してサポートします。まずはお気軽にご相談くださいませ。

・在日インフルエンサーなのか海外インフルエンサーなのか
・インフルエンサーの翻訳・通訳
・そもそもターゲットの国はこれで良いのか
・そもそもインフルエンサー施策が集客に繋がるのか
→これら全て一気通貫でお任せください。
このサービスについてもっと知りたい方へ

海外・在日インフルエンサープロモーション無料相談する

LIFE PEPPERの他のサービスを見る