アメリカでリスティング広告を実施する際のポイントとは?

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

リスティング広告は、高いコストパフォーマンスで素早く認知度の向上や問い合わせの増加などを狙うことのできる、ポピュラーなインターネット広告の一つです。

日本国内向けの配信はもちろんですが、Web広告はグローバルなツールであるため、海外に向けて発信することも可能です。

今回はアメリカに向けてリスティング広告を実施するにあたり、期待できるメリットや、運用のポイントについてご紹介します。

アメリカでリスティング広告を行うメリット

そもそも、アメリカでリスティング広告を実施することによって、どのようなメリットが得られるのでしょうか。施策の利点について確認しておきましょう。

世界トップクラスの市場に参入できる

まず、アメリカは世界最大の経済大国であるとともに、トップクラスの消費大国である点が特徴です。

特にオンライン市場は成長が著しく、2019年時点でアメリカにおけるBtoCの取引総額は、5.869億ドルにも達しています。

前年から700億ドル以上の成長が生まれており、今後も増加傾向が続くと考えられています。

また、日本との越境ECについても積極的なのがアメリカです。日本からアメリカへの越境EC取引額は、およそ83億ドル、日本円にして9,034億円にもなり、巨大な市場が存在しています。

参考:経済産業省「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業」
https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200722003/20200722003-1.pdf

アメリカには日本の商品を購入したいというニーズが大きく、流通網も十分整備されていることが、この数字から読み取れます。

加えてECの相性も良いことから、リスティング広告はアメリカ進出の第一歩として有効な施策と言えます。

簡単に撤退できる

リスティング広告の場合、現地にオフィスを構えたり店舗を展開する必要がないので、リスクを最小限に抑えたアプローチを展開できます。

また、マスメディア広告とは異なり、現地の広告会社とコミュニケーションをとるなどの必要もないので、広告出稿までの手間もかかりません。

お試し感覚で出稿し、様子を見ながら施策を検討できるので、実験的に海外進出をしてみたい、という方でも気軽な利用を実現します。

その他の英語圏にも進出可能

アメリカは英語話者が圧倒的に多い国であるため、リスティング広告を出稿する際にも英語対応の広告が必要になります。

英語版のリスティング広告を作成するには、ローカライズなどの点で日本語よりも苦慮することもありますが、そのまま別の英語圏にも転用できるのが強みです。

もちろん、デザインや言い回しの観点から丸ごと使い回すのは難しいものですが、アメリカで経験した英語圏向けの広告運用のノウハウは、別の国においても活躍するでしょう。

アメリカで活躍する検索エンジン

次に、アメリカで実際に活用されている検索エンジンについても見ていきましょう。主にGoogleが利用されていますが、Bingをはじめ、他の検索エンジンが採用されているケースも見られます。

Google

アメリカで最も利用されている検索エンジンは、やはりGoogleです。

Googleは日本でもおなじみの検索エンジンですが、本社を構えるアメリカ本国においてもその影響力は凄まじく、そのシェアは89%近い数値に達しています。

参考:statcounter「Search Engine Market Share United States Of America」
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/united-states-of-america#monthly-201910-202010

このような驚異的な数字を固持できているのは、様々なブラウザアプリのデフォルト検索エンジンになっていることや、多くのデバイスにおけるデフォルト検索エンジンとして採用されていることなどが理由に考えられます。

また、Google以外のポータルサイトであっても、検索エンジンの中身はGoogle、というケースも存在します。

これは日本の例ですが、Yahoo! JapanはGoogleと差別化されたポータルサイトとして活動していますが、検索エンジンそのものはGoogleから提供を受けたものを採用しています。

リスティング広告や検索エンジンを利用する際、もはやGoogleの影響力から逃れることは非常に困難であると言えるでしょう。

そんな圧倒的な影響力を持つGoogleでは、Google Adsと呼ばれるリスティング広告配信サービスが提供されています。

Google Adsではリスティング広告はもちろん、クリック課金制のディスプレイ広告や、Google傘下の動画配信サービスであるYoutube向けの動画広告運用も合わせて行うことが可能です。

そのため、Google向けのリスティング広告を展開する場合、一つのアカウントから複数の広告施策へと発展させることもできるため、非常に汎用性の高いサービスとなっています。

リスティング広告を軸にアメリカ向けの広告展開をスタートさせ、その後感触を確かめながら別の広告配信も実施する、といった柔軟な使い方を実現してくれます。

LIFE PEPPERでは、アメリカ向けのGoogleを使ったリスティング広告運用支援も実施しています。配信を検討の際には、お気軽にご相談ください。

Bing

圧倒的な人気を誇るGoogleですが、アメリカではその他の検索エンジンが利用されるケースも散見されます。

Googleとは埋まらない差があるとはいえ、二番目に人気が高い検索エンジンとされているのが、Bingです。

BingはWindowsでおなじみのMicrosoftが提供している検索エンジンで、Windowsが採用されたPCであれば、かつてはデフォルトでBingが採用されているものでした。

そのシェア率はおよそ5%にとどまっていますが、Bingが目指しているのはGoogleのような汎用性のある検索エンジンではなく、ユーザーの意思決定を促すエンジンのあり方です。

キーワードに即した最適な検索結果だけでなく、人気の高い情報を表示する機能や、カテゴリごとに目次で表示される機能など、Googleとは確かに異なる使用感で注目を集めています。

マイナーな検索エンジンではあるものの、ユーザビリティは決して悪くなく、確度の高い情報収集を求めている人には使いやすいエンジンです。

また、Bing向けの広告運用にはMicrosoft Advertisingという、Microsoftの統合型広告運用プラットフォームを使って実施します。

日本語未対応のため、Google Adsに比べると運用難易度は高まりますが、LIFE PEPPERではMicrosoft Advertisingの運用サポートも実施しています。ローカライズを含め、スムーズな運用を検討している場合にはご相談ください。

その他検索エンジン

GoogleとBingの他にも、アメリカでは様々な検索エンジンが利用されています。

例えばアメリカ発のDuckDuckGoは、他の検索エンジンとは異なり、完全匿名性の検索を実現しているセキュリティレベルの高いシステムです。

情報セキュリティの向上を求める場合、運用価値の高いサービスです。

あるいは、日本でおなじみのYahoo!についても比較的シェアは高く、3%というBingに次ぐシェア率を誇ります。

また、中国系のアメリカ人に人気なのがBaiduです。Baiduは中国本土で最もシェアのある検索エンジンで、現地ではGoogleのような地位を獲得しています。

そのため、中国人向けの情報網として非常に価値が高く、アメリカの中国系の人々も頻繁に利用しているサービスです。

アメリカでリスティング広告を実施する際のポイント

このような検索エンジンの運用事情を踏まえ、アメリカでリスティング広告を運用する際のポイントについて、見ていきましょう。

基本は日本のリスティング広告と同じ

まず、リスティング広告の運用プロセスについては日本での場合と大差はありません。

ターゲットを絞り、検索キーワードをピックアップし、あらかじめ作成しておいた広告を出稿して運用を始められます。

特にGoogleのリスティング広告は配信先をアメリカに変更するだけで準備は整うので、すでに利用したことのある人にとってはハードルの低い施策です。

ローカライズを丁寧に行う

運用プロセスは同じであるとはいえ、注意したいのがローカライズです。

現地向けに広告を効果的に配信するためには、ただ内容を機械翻訳するだけでは不十分です。

アメリカ人に刺さる言い回しやデザイン、セールスポイントを考慮しなければならず、配信の際にはここに時間と手間をかける必要があるでしょう。

そのためにも、あらかじめネイティブ人材や現地の慣習に詳しい人材を確保しておかなければなりません。

競合のリサーチは不可欠

効果的な広告を打ち出すためにも、競合の動向についてもリサーチする必要があります。

競合他社には現地企業はもちろんのこと、日本から同様に越境ECを行っている日本企業まで、今や多方面に存在します。

彼らがどんな広告を配信し、どんな商品を販売しているのかを調べ、自社広告へ活かしましょう。

継続的な改善を心がける

リスティング広告運用は、ただ配信すれば終わりというわけではありません。コストパフォーマンスを生かした長期運用を実施し、効果測定を行いながら改善を施していくことで、より効果的な広告運用を実現します。

そのためにも、広告を分析できる人材や環境の整備を進めていくことが大切です。

おわりに

アメリカ向けのリスティング広告運用は、比較的ハードルの低い海外進出のためのアプローチです。

ただ、実施は簡単でも、効果的な運用を実現するためには、ローカライズや現地のリサーチ、そして継続的な改善施策の投下が求められます。

まずは気軽にトライし、感触を確かめながら運用を進めていくことがおすすめです。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)