中国広告事情!Webを駆使した効果的な集客方法とは!? – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER
登録者数5,000人超!
基礎からトレンド、最新イベントまで、お役立ち情報をゲットしたい方はメルマガに今すぐ登録!
海外マーケティング・訪日外国人集客の最新情報を配信中!

中国広告事情!Webを駆使した効果的な集客方法とは!?

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

中国をターゲットに、インバウンドや越境ECのサービスを行う場合、広告をうまく活用した集客が重要です。

中国においては、日本とは異なり検索エンジンで商品を検索して購入するという習慣が少ないため、SEO対策などを行うといった日本での手法とは異なるやり方が必要となってきます。

中国では、各サービスのユーザーの規模が日本と比較して圧倒的に多いため、広告を出稿する場合に、費用だけが莫大にかかってしまい効果が上がらなかったという落とし穴も!?

こうした落とし穴を避けるために、今回は百度(Baidu)、小紅書RED、Weibo・WeChatといった中国独自メディア別に、効果的な集客方法や注意点などを解説させていただきます。

 

中国のSNS事情!SNSマーケティングを成功させる方法

 

中国の広告①中国百度(Baidu)

中国百度(Baidu)は、中国最大の検索エンジンサービスであり、中国版Googleと呼ばれています。百度(Baidu) のデスクトップ検索シェア率は中国国内で61.21%を占め、他の検索エンジンよりも圧倒的に高くなっています。

例えば、音楽の曲名を検索するとすぐにMP3ファイルのリンクが表示されるなど、検索→行動が非常に短くなるように検索結果がチューニングされています。したがって、すぐに何かが欲しい、と思っている消費者に対して広告を届けやすいという特徴があります。

参考: Desktop Search Engine Market Share China

百度(Baidu)への広告出稿方法

百度(Baidu)は日本からでも広告出稿が可能です。また、広告出稿が可能なサービスも複数あり、それぞれ紹介させていただきます。百度(Baidu)の日本法人を通じて出稿が可能です。

百度(Baidu )では、用途に応じて、以下のような広告メニューを選択できます。

リスティング広告

百度(Baidu) リスティング広告は Google と同じく検索結果画面に表示される検索連動型広告です。Google のリスティング広告と異なる点は、検索結果画面内の広告スペースに画像や動画の表示が可能であるということです。

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は、 PC やモバイル端末、百度グループの Ctrip(携程)、iQiyi(愛奇芸)など60万以上の専門サイトにバナーやテキストを配信が可能な DSP広告です。
iQiyi (愛奇芸)は、テンセントビデオ、優酷(Youku)と並ぶ中国3大動画サイトの1つと言われている動画サイトです。

インフィード広告

 

 

 

 

インフィード広告は百度(Baidu)検索アプリ「⼿机百度」などのタイムライン内に掲載する広告です。

画像・テキストだけでなく、動画広告も出稿できます。

ブランドリンク広告

 

 

 

ブランドリンク広告は、 百度(Baidu )特有の広告です。指定した企業名やブランド名などをユーザーが百度(Baidu)で検索した際に、連動して表示される期間保証型の検索広告です。

テキスト・画像・動画ですによって、自社のブランド認知を広げたい場合に有効な広告となっています。

 

百度(Baidu)広告を掲載するときの注意点

百度(Baidu)広告を出稿する場合は、いくつか事前に準備が必要な注意点があります。

1.中国語ランディングページを準備する

日本のサーバーにあるホームページでも問題はありませんが、日本語サイトは広告出稿することができません。日本から広告を出稿する場合は、中国語のサイトを事前に用意する必要があります。

2.中国工信部へ出稿サイトの事前登録を行う

中国では行政機関である工信部がウェブサイトを一元管理しています。違法とみなされたウェブサイトは、接続規制を受けたり遮断されたりします。違法とされないためには、中国工信部への事前登録が必要となります。

【更新版】Baidu百度リスティング広告を3分で徹底解説!

中国百度(Baidu)リスティングサービス

中国の広告②インフルエンサー活用の小紅書RED

小紅書REDは中国におけるSNSベースの口コミ&ECサービスです。
洋服や化粧品、旅行など様々なカテゴリーが存在しており、そこでユーザーは商品やサービスに対する口コミを自由に書くことができます。投稿はInstagramのように写真をメインに、そこにテキストが記載される形式です。写真内にタグを挿入することができ、そのタグから商品の購入ページへの導線を作ることができます。

ユーザー数は1億人に達し(2018年5月現在)、月間アクティブユーザー数は前年比300%増の3000万人を突破しました。そのうち、90後(1990年代生まれ)と95後(1995年代生まれ)が最も多いユーザー層です。

2018年に入り、小紅書はマスメディアを使った露出を開始しました。月間ユニーク訪問者数は前年同月比で3月には38.4%と大幅に増加している、今大注目のECサービスです。

口コミは中国で最も有効な集客方法

小紅書REDで投稿された口コミは(小紅書REDでは、ノートと呼ばれる)、新しく買った良い製品の使い心地や、海外旅行の攻略法(遊ぶ場所やホテルの情報)など情報は多岐に渡ります。これらのノートがシェアされることで、商品やサービスの情報が拡散されていきます。

ecclab
こちらのヴァリューズ社の調査でも中国においては、商品購入のきっかけの大半が口コミ系からの導線になっており、小紅書REDは、中国の実情を反映した非常に有効なプロモーションになる可能性を秘めています。

小紅書REDでのプロモーション方法

小紅書RED内で商品のプロモーションをする場合は、インフルエンサープロモーションが効果的です。こちらは小紅書REDのインフルエンサーに対して、商品の紹介をノート上(写真とテキストコメント)で紹介してプロモーションするという方法です。

中国の女優やモデルといったインフルエンサーがDELLのパソコンに関するノートを投稿するインフルエンサープロモーションを行いました。結果的に410万回閲覧、パソコンのコンバージョン数大幅増加、中国大手ECサイトJDモールではランキング一位獲得といった大成功を収めました。

これは、インフルエンサーの投稿が多数シェアされた結果、多くの閲覧数を生み出すとともに、商品のオシャレさなどがうまく伝わったため、実際の購入にもつながりました。

上記事例では、画像+口コミのテキストの形式での投稿でしたが、動画+口コミテキストの形式でも投稿は可能です。

小紅書REDでの出店方法

小紅書REDでは、ブランド代理企業・ブランド直営店企業の出店方法を用意しています。
ブランド直営企業は、ファッションや消費財メーカーが直接出店するパターンです。例えばコーセー、THREEといったブランドがすでに出店しています。ブランド代理企業はこれらのブランドから販売代理権を取得した企業を指します。

どちらの出店方法も、シングルブランド店舗・多ブランド店舗どちらかを選択する必要があります。
シングルブランド店舗は、1つのブランドのみを扱う店舗として出店する形式です。一方多ブランド店舗は、複数のブランドを扱います。
1ブランド以上を抱える企業の場合は、複数ブランド店舗を開設する必要があり、貿易企業や小売企業の場合は、必ず多ブランド店舗を開設することが求められます。

LIFE PEPPER 中国向け小紅書REDインフルエンサープロモーション

中国の広告③Weiboのアカウント運用

weibo.com
Weiboは中国版Twitterのようなサービスで、ユーザー数は7億人、1日のアクティブユーザー数は1.39憶人と中国では活発に使われています。中国で効果的な広告運用を検討中の方はぜひ抑えておきたいSNSです。
その90%はモバイルからのログインされ、利用者の男女比はほぼ50%ずつで、所得の高い大卒以上のユーザーと若年層が大半を占めています。

Weibo広告の種類

Weiboでは、主に3つのタイプの広告を掲載することができます。自社のブランドに合う方法を選び、それぞれのタイプで戦略を立てることが重要です。

Weibo広告①ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、ユーザーが広告をクリックすると、広告主のWebサイトに飛ぶ形式を採用したものです。Weiboにおいて最も有効な広告タイプと考えられ、モバイルにもPCにも最適化されています。

ディスプレイ広告は主に検索ページやWeiboのホームページ、ユーザーのニュースフィード上に表示されます。金額はページ上の表示位置、サイズ、関連キーワードによって異なります。

Weibo広告②検索機能上でのプロモーション

ディスプレイ広告は外部リンクにトラフィックを生むための方法でしたが、検索プロモーションはWeiboアカウント自体への集客を狙うものです。

Weiboには、カウントやポスト、ファンページを検索するための機能があります。
この検索エンジン上で、ターゲットキーワードにおいて自社アカウントを上位表示できれば、フォロワー獲得に大きな効果をもたらすでしょう。

Weiboの検索結果には「ホットトピックス」や「トレンディングディスカッション」も掲載されているため、このような項目と並んで表示されることは、自社アカウントの認知度アップに寄与することでしょう。

Weibo広告③インフィード広告

インフィード広告とは、コンテンツとコンテンツの間に自然な形で表示される広告のことです。ユーザーの視認性や購読の流れを妨げない広告として注目を集めています。

性別や年齢、地域、趣味などのセグメントを細かく行えるのがインフィード広告のメリットです。ねらったターゲットに的確に配信することができます。

中国の広告④WeChatのアカウント運用

WeChat
WeChatは 約9億人ものユーザー数を誇る、中国版LINEです。こちらも中国では主要のSNSであり、広告を上手く活用することで大規模な集客が期待できるでしょう。
個人間でのメッセージアプリとして立ち上げ当初から多くの利用者に支持されています。WeChatPayのような決済システムなど、WeChatから派生する様々なサービスも利用可能です。

WeChat広告の種類

WeChat広告には大きく分けて「朋友圈广告(モーメンツ広告)」「公众号广告(公式アカウント広告)」があります。それぞれご紹介いたします。

朋友圈广告(モーメンツ広告)

JCコネクト
「朋友圈广告(モーメンツ広告)」は、モーメンツ(タイムライン)上に表示される広告です。制限はあるものの、通常の投稿のように、写真を付けたりなどできます。Facebookのニュースフィードに表示される広告と言えるでしょう。

WeChatでもFacebookと同様に友達の近況が投稿され、その投稿の一つとして出るのが、モーメンツ広告で、モーメンツ写真広告と、モーメンツビデオ広告があります。

モーメンツ写真広告は、最大6枚の写真を載せることができます。モーメンツビデオ広告の場合、最大300秒以内のビデオを設置する事が可能です。

最低出稿金額は5万元、特にコア都市とされる北京と上海でインプレッションが最も高くなっています。広州、深セン、杭州を含む20の主要都市、一般都市となるにつれ、インプレッション単価が安くなります。

年齢、性別、地域、iOS、Androidといったデバイスなどの24の大分類と、その内の183の小分類でターゲットを絞ることができます。

公众号广告(公式アカウント広告)

JCコネクト
「公众号广告(公式アカウント広告)」は、2万人以上のフォロワーのいる(又は、条件付きで1万フォロワー以上いる)公式アカウントが出す記事の下部に表示される広告です。

目的に応じ、色々な広告形態を選ぶことができるのが公式アカウント広告の嬉しい点です。具体的には通常のバナーの他、写真とテキストでブランド・商品訴求を行うもの、ゲームをダウンロードさせるものなど、多種多様な広告形態があります。

公式アカウント広告の場合、CPCで最低0.5元~ですが、入札状況により価格が変わってきます。モーメンツ広告同様、年齢、地域といったターゲティングが可能ですが、公式アカウント広告ではインタレストカテゴリーの大分類は17のみとなっています。

中国向けSNS WeChat(微信)・Weibo(微博)活用サービス

まとめ

これまで中国の広告における主要なメディアを軸にご紹介してきました。
メディア別に効果的な広告手法が異なってきますので、それぞれのメディアに合わせた広告を活用し中国ビジネスを加速できたらいいですね。

中国における広告の費用対効果は、以前と比較して高くなっています。しかし広告を出せば集客できる、といった感覚では成果を出すのは難しいのが現状です。

細かい運用を依頼できる外部パートナーに依頼することも選択肢として有用ですので、よろしければご検討ください。

お問い合わせはこちら


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!