【成功事例あり】中国進出の成功ポイントは?効果的なプロモーションも解説 – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

【成功事例あり】中国進出の成功ポイントは?効果的なプロモーションも解説

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

約14億人という圧倒的な人口を誇る中国。日本国内が人口減少に転じて久しいことから、中国進出をもくろむ企業は多いのではないでしょうか。

特に中国の富裕層は、日本の商品・サービスに強い関心を寄せています。

中国のマーケットで自社の商品・サービスを効果的にプロモーションできれば、一気に顧客を獲得することができるでしょう。

最近では、Webマーケティングに力を入れることが成功の秘けつです。

中国で圧倒的シェアを誇る検索エンジン「百度(バイドゥ)」でのリスティング広告出稿や、「WeChat(微信)」や「Weibo(微博)」などのSNS活用で、中国進出成功を叶えることができるでしょう。

この記事では、本気で中国進出を考えている方向けに中国進出の成功事例や効果的なWebマーケティングの方法を解説します。

海外に精通したスタッフの監修のもと、中国独自のインターネット事情についても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【2019年最新版】中国ビジネス成功事例から必須ポイントまで完全網羅

中国進出で成功している企業の特徴

中国進出を成功させるには、単に商品・サービスを中国人をターゲットとしてアピールするだけでは十分ではありません。

日本と中国とでは国民性が異なることから、購買行動にも違いがあります。

日本で成功したからといって、同じ方法で中国のマーケットに参入するのは無謀です。まずは中国進出を成功させるために抑えておきたいポイントを3つ解説していきます。

【2019年最新版】中国マーケティングのポイント!情報収集のコツもご紹介

中国進出の成功ポイント①中国の文化・国民性を理解している

中国進出を成功させるうえで、文化や国民性への理解は欠かせません。

国民性の違いを無視した商品・サービスの訴求では、かえってブランドイメージを損ねてしまうリスクもあります。

中国人富裕層は、自分の手で掴み取った社会的地位を周囲にアピールしたいという心理から、ブランドには高い関心を寄せる傾向が強いです。

一方で、特定のブランドを好むというよりいくつかのブランドの中から選択して購入する富裕層が多いようです。

この背景にはブランドの世界観を気に入って商品を選ぶのではなく、商品ごとに良い・悪いを判断し合理的に商品を選ぶ中国人富裕層の気質が影響していると言えるでしょう。

したがって気に入った商品・サービスについてはリピーターとなり、繰り返し消費することもわかっています。

まずは選択の土俵に上がること、そのうえでヘビーユーザーになってもらうことが目標だとわかります。

選択の土俵に上がるためには、ブランディングにこだわるより認知度向上を目指すのが効果的です。

また、興味が移ればあっさり他のブランドに乗り換えてしまうリスクがあるため、常にユーザーを飽きさせない工夫が必要です。そのためには、中国のトレンドを理解しておく必要があるでしょう。

広告には、新規の顧客を取り込むことと、既存顧客に改めて商品の効果を認識してもらうという2つの効果があります。広告を出す際にはその点を意識しておくことが大切です。

中国進出の成功ポイント②Webマーケティングに力を入れる

中国は面積が広いため、中国進出を考えるうえで実店舗を構えるのはあまり効果的な選択とはいえません。

Webマーケティングなら、場所の制約にとらわれずに約14億人の中国人をターゲットにビジネスを展開できます。ただし、Webマーケティングを実施するには中国独自のインターネット事情を知り、日々移り変わるトレンドを意識してプロモーションする必要があります。

中国は政府の規制が厳しく、検索エンジンやSNSも独自のサービスが中心です。それぞれのサービスに対する理解を深め、インフルエンサーの起用やリスティング広告など複数の方法を組み合わせてプロモーションしていくことが大切です。

厳選5選!中国向けWebマーケティングで活用できるWEBサイトまとめ
【2019年版】たったこれだけ!中国の百度SEO対策で必ずやるべきこと厳選3選!

中国進出の成功ポイント③中国に精通した専門家とタッグを組む

中国進出を考える際は、中国の情報に精通した中国進出の専門家とタッグを組むことが賢いやり方です。

現地に強いパイプを持つ中国進出の専門家を組めば、年代や性別で絞ったターゲット層の生の声を集めることができます。

また現地の文化や商習慣を踏まえた上でブランディングを行えるため、現地の人からより受け入れられやすくなるでしょう。

中国進出をサポートする専門家は、現地の情報にどれだけ精通しているかを確かめることが大切です。

中国の滞在経験があるスタッフや中国語を操れるスタッフが在籍しているかに加え、マーケティングやプロモーションの知識も十分か、きちんと確かめてから依頼するようにしましょう。

LIFE PEPPER 中国進出に精通したプロに無料相談する

中国Webマーケティングで欠かせない媒体

続いて、中国でWebマーケティングをするうえで欠かせない検索エンジンやSNSの情報を順番に解説していきます。

中国では政府の「金盾(グレイトファイアウォール)」によって、GoogleやYoutubeなど世界では当たり前に使われているサービスが制限されています。

そのため、中国でWebマーケティングを成功させるには、中国独自のインターネット事情を理解しておくことが必須です。

逆に中国のインターネット事情を理解して効果的なプロモーションを実施すれば、他の企業から一歩抜きんでて中国人顧客を獲得することができるでしょう。

中国のグレートファイアウォールとは?仕組みと回避方法を徹底解説

中国進出に効果的な媒体①中国シェアNo.1検索エンジン「百度(バイドゥ)」

中国ではGoogleが政府の規制によって使えないため、「百度(バイドゥ)」という独自の検索エンジンが発達しました。

百度の利用者は2016年末時点で7億3000万人を超えており、現在でも中国国内で8割近い圧倒的なシェアを誇ります。

中国には、他にモバイルに特化した「神马(シェンマ)」やセキュリティに強い「360搜索(サンリューリンソウスオ)」などの検索エンジンがありますが、まずは百度を中心としたWebマーケティングをすることが重要です。

百度ではGoogleと同様にリスティング広告を出すことができます。リスティング広告の仕組みはGoogleとほぼ同じで、指定したキーワードでユーザーが検索すると検索画面に広告が表示されるという形式です。

百度には「クオリティスコア」という仕組みが採用されています。クオリティスコアとは百度によって付与される記事の質を表す指標です。

クオリティスコアはページの表示速度の速さ、ユーザーのクリック数、キーワード検索後の入札金額状況など様々な基準によって付与されます。

クオリティスコアが低いと検索結果での表示が制限される可能性があります。通常のキーワード検索での表示を目指すなら、最低でもクオリティスコア2は必要です。

クオリティスコアを上げるには、中国でよく検索される語句の傾向を理解し、ユーザーの検索意図を考慮することが大切です。

キーワードとマッチした広告を出すことができれば、クオリティスコアが上がり低予算でリスティング広告を実施できるようになります。

【最新版】中国検索エンジン完全網羅【中国SEO対策】
【更新版】Baidu百度リスティング広告を3分で徹底解説!
中国百度(Baidu)リスティング広告

参考:はじめての百度リスティング広告

中国進出に効果的な媒体②急成長中の多機能SNS「WeChat(微信)」

中国では「WeChat(微信)」という、中国版LINEのような多機能メッセージアプリが多くの方に利用されています。

WeChatは2011年の提供開始からわずか5年でユーザー10億人を突破しています。現在でも、月間のアクティブユーザーが10億人超、ユーザーは約13億人に届くといわれています。

WeChatの特徴は、メッセージアプリに留まらずタイムラインのあるSNS機能、「Uber」や「食べログ」など口コミサイトの機能が備わっていることです。また、QRコードを使った決済機能であるWeChatPayも広く利用されています。

日本ではタイムラインによる情報交換はFacebookが主流で、LINEのタイムライン機能を使う人はあまり多くありません。しかし中国ではFacebookが使えないことから、WeChatを利用する人が大半です。

さらに、銀行口座と連携してQRコード決済ができる「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」のサービスが人気です。

日本ではQRコードを用いた決済サービスは最近広がりを見せ始めたところですが、中国ではずっと前から街中の露店でも「WeChat Pay」を用いた決済が可能です。

WeChatPayは日本にも広がる中国で主流の決済手段

中国進出に効果的な媒体③インフルエンサーに強い「微博(ウェイボー)」

微博(ウェイボー)」は中国版Twitterと呼ばれる人気のSNSサービスです。2016年にユーザーが6億人を突破し、現在でも規模を拡大し続けています。

微博の一番の特徴は「インフルエンサーとの親和性の高さ」です。有料の企業向け管理ページでは、情報拡散をインフルエンサーに依頼する機能が公式から提供されています。

中国では著作権問題などが度々取り沙汰されるように、公式から提供される情報への信頼性があまり高くありません。

そのため口コミやインフルエンサーの情報がユーザーの間で非常に重視されます。

中国進出で自社の商品・サービスを効果的にプロモーションするなら、インフルエンサーの活用は不可欠です。

また、微博にはTwitterと同様に動画投稿システムがあります。動画がSNS上でシェアされ拡散されれば、商品・サービスの認知度が一気に向上する可能性があります。微博では他のサービスとの連携機能も多いため、使い方は個人・会社単位で多様化し続けています。

中国広告事情!Webを駆使した効果的な集客方法とは!?

日本企業の中国進出成功事例

ここまで、中国のWebマーケティングをするうえで欠かせないサービスを紹介しました。続いて、中国進出に成功した事例について成功ポイントも含めて解説していきます。

文化・国民性に合った営業手法で中国進出に成功したダイキン工業の事例

空調機で有名なダイキン工業は1994年に中国進出を行い、中国市場で成功したことで有名な日本企業です。

中国のマーケットへの参入をきっかけに、同社はその後世界145カ国に拠点を持つ世界的メーカーに成長しました。

ダイキン工業は日本製の空調機を中国のマーケットに浸透させるため、現地採用の中国人と営業マンが2人でコンビを組んで営業するという目新しい手法を採用。結果的にこの営業方法は大成功をおさめました。

ダイキン工業が中国進出に成功した理由は、中国の文化・国民性に合った営業手法を採用することで、現地の生の声を戦略に活用したことに起因します。

中国進出を本気で考えるなら、中国の文化・国民性への理解は欠かせません。かといって中国に精通した人材を雇うとなるとコストが高くなるため、中国の情報に精通した専門家のいる企業を賢く活用することが大切です。

参考:中国Webマーケティングラボ|中国進出に成功したダイキンに学ぶものは何か?

インフルエンサーを活用した動画プロモーションの成功事例

インフルエンサーや動画を効果的に活用することで、中国人ユーザーの取り込みに成功した事例もあります。

とある金融機関では、中国人観光客向けの観光アプリを立ち上げるため、まずは中国からの買い物客にアンケートを実施。中国の国民性を理解した専門家のアドバイスを受けつつ、リサーチに基づいてアプリ開発を進めました。

プロモーションフェーズでは、日本にいながら直接中国にプロモーションできる動画サービスを選択。インフルエンサーを活用した動画プロモーションによって、SNS上で動画がシェアされ、400万回以上の再生回数を記録しました。

動画では、単にアプリの説明をするのではなく最初に「何だろう?」とユーザーの興味を惹きつける工夫をしました。

また各インフルエンサーごとに企画内容も検討。結果的にアプリの目標ダウンロード数を余裕で達成し、プロジェクトは大成功に終わりました。

事例についてもっと知りたい方は下記のページをご覧ください。

某 金融機関企業 様 中国人観光客向け観光アプリ。リサーチからプロモーションまで一貫したプロジェクト。

中国進出に役立つ資料ダウンロード

LIFE PEPPERでは、中国進出に役立つ資料を無料でダウンロードすることができます。

資料の中では、海外情報に精通した専門家が中国マーケティングの攻略法や中国進出のための施策例を具体的に解説しています。

Webマーケティングを単独で行うのではなく、どのように組み合わせれば効果的にブランディングできるかなど、中国進出のヒントとなる情報が盛りだくさんです。

インターネット検索だけでは手に入らない貴重な情報を記載していますので、中国進出を予定している方はぜひ一度確認してみてください。

中国マーケティング攻略法&施策例資料ダウンロードはこちら
LIFE PEPPER 中国Webマーケティングに精通したプロに無料相談する


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ