快手(kuaishou)とは?ユーザーデータや活用のメリット、中国版のダウンロード方法などを解説

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

中国では若年層を中心に、ショートムービーアプリが大流行しています。ブームの一翼を担い、No.1のユーザー数を誇る「抖音(中国版TikTok)」は、グローバル版が日本でも流行っていますし、聞いたことのある方も多いはず。

しかしNo.2の「快手」を知っている方は、あまりいないのではないでしょうか。

こちらは日本では馴染みが薄いものの、中国ではDAUが3億人にものぼります。同国向けにマーケティングをするのであれば、無視できない存在です。

そんな快手について、本記事ではサービス概要やTikTokとの違い、中国版のダウンロード方法などを解説していきます。

快手(kuaishou)とは?

画像:快手公式サイト

快手とは、ショートムービーアプリ/SNSの一つ。読み方は「クアイショウ」です。

快手では最長57秒の動画を投稿したりシェアし合ったり、ライブ放送を行ったり視聴したりして、ユーザー同士で交流できます。

歴史はライバルの抖音より5年ほど長く、2011年にリリースされました。当初はGIF画像共有サービスでしたが、2013年からショートムービーアプリに変わり、現在の形態に至ります。

ちなみに快手は中国版で、日本を含むグローバル向けバージョンは「Kwai」という別アプリになります。

↓関連記事↓
中国版TikTokのダウンロード方法や日本版との違い・企業の活用法を解説!

快手のユーザーデータ【DAUや属性など】

画像:快手大数据研究院/2020快手内容生态半年报

次に、快手のユーザーデータをみていきましょう(*1・2)。

DAU…3億1,200万人
性別…男性52%・女性48%
年齢…70%強が30歳以下
都市…一級15%・二級30%・三級24%・四級以下31%

ライバル抖音との大きな違いは、ユーザーが住む場所です。快手ユーザーは地方都市や田舎に、抖音ユーザーは一級・二級都市に暮らしている傾向にあります。この違いはコンテンツにも現れており、快手には素朴な動画が、抖音には洗練された動画が多く投稿されています。

ただ、両社の違いは年々縮まっているのが現状です。中国国内ではショートムービー市場がもう飽和気味で、両社は相手のユーザーを奪おうとしており、どちらのユーザー属性も似たものになりつつあるからです(*3)。

今後はECや教育といった他ジャンルと連携し、差別化を図るのがメインとなるでしょう。

*1:快手大数据研究院/2019快手内容报告
*2:快手大数据研究院/2020快手内容生态半年报
*3:36KrJapan/「抖音」と「快手」、配信者とユーザーをめぐり争奪戦を展開

快手を中国向け越境ECや訪日対策に使うメリット

画像:快手App Store

中国国内で毎日3億人に利用される快手は、越境ECや訪日インバウンド対策における有用なマーケティングツールです。その快手を活用するメリットを、以下に挙げていきますね。

①多くの人にアプローチできる

利用者数が多いことに加え、Weiboなどの他SNSでのシェアも可能なので、アプローチできる人数が多いというメリットがあります。越境EC利用者、訪日中国人、そして快手ユーザー、どれも20代が多いのもポイントです。

②短い動画なので最後まで観てもらいやすい

快手の動画は最長57秒と短いので、飽きずに視聴してもらいやすいです。

「1分も撮れないのは短い!」と思われるかもしれませんが、現実的に妥当なラインだと思われます。米マーケティング会社のハブスポットが実施した調査によると、SNSでエンゲージメントを多く獲得できるのは26〜120秒までの間とのこと(*)。

快手はサクッと撮れてサクッと観られるのが魅力のショートムービーアプリですから、57秒までで十分に機能を果たせるわけです。

*:HubSpot/How Long Should Your Videos Be? Ideal Lengths for Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube [Infographic]

③言葉の壁を乗り越えやすい

快手のコンテンツは映像なので、中国語を使わずともメッセージを伝えられます。言葉の壁を乗り越えやすいのです。

海外向けのプロモーションでは言葉がボトルネックになりがちで、チャレンジに二の足を踏む企業も少なくありません。一方、快手はチャレンジのハードルが低くておすすめです。

④撮影〜投稿までが簡単にできる

快手には動画編集機能も付いていて、スタンプやBGMを付けたり明るさを調整したりといった操作が簡単にできます。編集ソフトを別にインストールする必要はありません。

撮影→編集→投稿の作業を快手1つで完結させられる、この手軽さも人気の理由の一つです。

中国版快手のダウンロード方法

日本のAppStoreやPlayストアからだと、グローバル版のKwaiしかダウンロードできません。公式サイトのQRコードやダウンロードボタンから遷移しても、同じくKwaiのページに飛ばされます。

ではどうすれば良いのか、iOSとAndroidそれぞれの方法を解説していきます。

*ご利用は自己責任でお願いいたします

iOSでダウンロードする方法

iOSでダウンロードするには、まず中国のApple IDを取得しなければなりません。今回は日本で登録したApple IDを中国版に変更する手順を紹介します。

①Apple IDの設定を開き「Apple IDを表示」を選択する
②「国または地域名」→「国または地域を変更」を選択する
③「中国本土」を選び「同意する」を押す
④Appleメディアサービス利用規約に「同意する」
⑤「无」を選択後、各項目を入力する(適当な数字と地域を選択)
⑥AppStoreから「快手」をダウンロードする

日本版Apple IDに戻す場合は以下のように操作します。

①Appleアカウントを開く
②「退出登录」を押してログアウト
③日本のApple IDとパスワードを入力してログイン

Androidでダウンロードする方法

中国ではPlayストアに相当するサービスがいくつもあって、そのうちのどれかからアプリをダウンロードする仕組みです。どのサービスも似たり寄ったりですが、今回は検索エンジン大手の百度が提供する「百度手机助手」での方法を解説します。

手順は次の通りです。

①Baiduアプリストアの快手のページを開き「安全下载」を押す
②警告メッセージが表示されるが「OK」を押す
③「Baiduアシスタント」をインストールする
④その後、快手がダウンロードされる
⑤インストールの許可を求められるので「設定」を押す
⑥快手がインストールされる

快手のユーザー登録方法

アプリをインストールしたら、ユーザー登録をしましょう。手順はこちら。

①アプリを開く
②「手机号登录」をタップ
③国際電話の国番号「+81」を選ぶ
④「请输入手机号」と書かれた枠に、最初の0を抜いた携帯番号を入力する(例:8012345678)
⑤「请输入验证码」と書かれた枠をタップする
⑥「重新发送」という表示が右に出るので、それをタップする
⑦入力した電話番号宛に検証番号が送られるので、それを请输入验证码の枠に入力
⑧「登录」を押して登録完了

「密码登录」を押すと、検証番号入力がパスワード入力に変わります。

快手の操作方法【撮影〜投稿まで】

快手で撮影〜投稿をする方法は次の通り。

①アプリを開く
②右上にあるビデオカメラのマークを押す
③赤い丸ボタンを押して撮影をはじめる
④撮影が終わったら右下の「→」マークをタップ
⑤右下の「更多」を押して動画を編集する
⑥「完成」を押せば動画完成!

②のカメラマークの押し方によって、撮影できる長さが変わります。

・ただタップするだけだと7秒まで
・長押しすると17秒まで
・3回タップすると57秒まで

また快手で作った動画は、WeiboやWeChatにも投稿できます。

まとめ

今回は快手について、サービス概要やユーザーデータ、活用のメリット、操作方法などを解説してきました。

中国向けマーケティングにおいて、ショートムービーアプリは今や不可欠なツールになっています。手軽に撮影から投稿までできる快手では、通常の動画投稿はもちろん、インフルエンサー起用やライブコマースなども有効です。さらに、現地のトレンドをリサーチするのにも使えます。

さまざまな用途がある快手を、越境ECやインバウンド対策に活用してみてはいかがでしょうか。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)