海外マーケティング・ブランディング - 支援実績600社

韓国で活躍するインフルエンサーをご紹介!強みや起用のポイントは?

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

インフルエンサーマーケティングは、今やターゲットに商品をアプローチするための手段として、欠かせない手法となっています。

インフルエンサーマーケティングを実施する上では、現地のニーズに最適な人物の起用が大切です。

今回は韓国向けのプロモーションを検討している方に向けて、現地で人気の高いインフルエンサーをご紹介するとともに、彼らを起用するメリットやそのポイントについて、ご紹介します。

韓国で活躍する男性インフルエンサー5人

まずは、韓国で活躍する男性インフルエンサーを5人ピックアップしてご紹介します。

Junghwan Lee

Junghwan Leeは動画クリエイターとして活躍するインフルエンサーで、Instagramでは50万人を超えるフォロワーを獲得しています。

Instagram上でのコンテンツ発信はもちろん、YoutubeやTikTokといった、そのほかのポピュラーな媒体でも発信を行っており、自身のクリエイティブ能力を生かした高いアウトプット力が強みです。

公式URL:https://www.instagram.com/cog.j_92/

Josh Carrott

Josh Carrottはイギリス系韓国人として活躍するインフルエンサーで、Youtuberとしての活躍を軸としながらも、Instagram上においても43万人を超えるフォロワーを獲得しており、影響力のある人物です。

動画コンテンツを強みとするインフルエンサーであるため、動きのある商品やサービスを紹介してもらうのに最適と言えます。

公式URL:https://www.instagram.com/koreanenglishman/

Phan Nhân

ベトナムのトラベルブロガーとして圧倒的な知名度を誇り、韓国の釜山トラベルアンバサダーとしても活躍するこちらの人物は、両国において発信力のあるグローバルなインフルエンサーです。

投稿コンテンツは旅行を基調としたものが大半を占めており、旅行業界、アウトドアメーカーなど、様々な企業からの協賛に最適なブランドを構築しています。

韓国だけでなく、ベトナムへの訴求も検討したい場合には最適のインフルエンサーと言えるでしょう。

公式URL:https://www.instagram.com/mike.pantv/

5_hoon

こちらの人物はInstagramフォロワーが7.9万人と、他のインフルエンサーに比べると発信力は劣るものの、10~20代の若者向けに強い発信力を有しています。

投稿コンテンツは日常のライフスタイルを中心とした写真が多くを占めており、親近感の湧きやすさが特徴です。

ニッチなファン層に向けてプロモーションを展開したい場合、こういったインフルエンサーを起用するのも一つの手です。

公式URL:https://www.instagram.com/5_hoon/

김정훈 (キム・ジュンフン)

韓国の人気ヘアスタイリストとして注目を集めるのが、こちらのインフルエンサーです。ファッション、美容系のインフルエンサーとして人気が高く、フォロワーの数は34万人を超えています。

ファッションインフルエンサーとなると大半は女性である一方、こちらの人物のように男性をターゲットにした人物も少なくありません。

アパレルブランドや飲食まで、幅広いPRに起用されており、プロのインフルエンサーとして活躍しています。

公式URL:https://www.instagram.com/2219a/

韓国で活躍する女性インフルエンサー5人

続いて、韓国で活躍する女性のインフルエンサーを、5人ピックアップしてご紹介します。

PONY 포니

卓越したメイクアップ技術が話題となったこちらの人物は、韓国での知名度はもちろん、世界的にも高い発信力を持ったインフルエンサーです。Instagramのフォロワーは732万人を超えており、グローバルで活躍する人物です。

投稿コンテンツもメイクに関するものがほとんどを占めており、ビジュアルもビビッドで人の目を捉えやすいのが特徴です。10~20代の女性に向けたプロモーションであれば、最適のインフルエンサーであると言えます。

日本からのファンも多く、韓国発信で日本の商品を逆輸入したい際のプロモーションにも最適です。

公式URL:https://www.instagram.com/ponysmakeup/?hl=ja

이주영(イ・ジュヨン)

イ・ジュヨンは韓国の有名女優で、近年はドラマなどでも活躍が著しい芸能人です。Instagram上の発信力も非常に高く、フォロワーは230万人を超えるなど、高い影響力を有しています。

芸能人ということもあり、様々な企業のプロモーションに携わってきただけでなく、高い訴求力を有しているため、確実な売り上げ効果に繋がるところがポイントです。

公式URL:https://www.instagram.com/i_icaruswalks/?hl=ja

JESS

こちらはYoutuber兼インスタグラマーとして活躍するインフルエンサーで、美容や食事などのコンテンツを強みとしています。フォロワーは53万人を超え、韓国における影響力は上々です。

自身でもアパレルブランドを立ち上げるなど、SNSを活用したビジネスにも非常に見識があり、クリエイターであると同時に起業家でもあるなど、高いパフォーマンスを発揮しています。

公式URL:https://www.instagram.com/jess.02.23/?hl=ja

강현경(ガン・ヒョンギョン)

ガン・ヒョンギョンはスポーツインストラクターとして活躍するインフルエンサーで、とにかく健康的な印象が強い人物です。

コスメやヘルスケア関連のプロモーションで活躍しており、日々のトレーニングで鍛えた自身のプロポーションを生かした発信力が特徴です。

公式URL:https://www.instagram.com/babebani/?hl=ja

Mia Lee

Mia Leeは起業家として活躍するインフルエンサーで、グローバルマーケティングやブランド運用に高い知見を持った人物です。

フォロワーも50万人を超えており、韓国だけでなく世界から注目を集めているインフルエンサーの一人です。

ファッションや旅行、コスメなどの紹介に強く、30~40代の女性に向けた影響力の高さが期待できるインフルエンサーです。

公式URL:https://www.instagram.com/mia_personality/?hl=ja

韓国のインフルエンサーの強み

このように、韓国のインフルエンサーには様々な人物が存在しますが、彼らが強みとしているのはどのような点にあるのでしょうか。

韓国での絶大な支持

一つは、韓国における強い影響力です。韓国発の人物がグローバルに影響力を持っている場合もありますが、基本的には韓国内での発信力に長けていることがほとんどです。

韓国向けのマーケティング施策にも様々ありますが、基本は中長期での運用が必要となります。一方、すでに知名度の高いインフルエンサーにプロモーションを依頼することで、短期間でブランド認知を高め、売り上げの向上につなげることも可能です。

韓国向けの進出を検討している場合には、迅速に土台を固める上でも有効なので、無視できない施策です。

日本にも大きな影響力を発揮

韓国のインフルエンサーは、日本のユーザーにも高い影響力を発揮します。韓国の動向を追いかけているのは韓国人だけでなく、日本人も同様です。

特に最近はK-Popや韓流ドラマの爆発的な人気もあり、多くの、幅広い世代の日本人が韓国文化に興味を持っており、韓国のインフルエンサーを追いかけているケースも珍しくありません。

先進的な文化を持っている韓国のイメージを有効活用し、日本の商品でも韓国のインフルエンサーに紹介してもらうことで、逆輸入的に日本での売り上げを伸ばすことが可能です。

韓国で活躍するインフルエンサーの起用ポイント

韓国で活躍するインフルエンサーは、どのような起用が最適なのでしょうか。最後にそのポイントを二つ確認しましょう。

韓国進出のきっかけ作りに

韓国のインフルエンサーを起用するタイミングとしては、商品や企業の韓国進出のタイ民です。

インフルエンサー起用の最大の効果は、即時影響力を発揮できる点にあります。韓国上陸のタイミングや、本格的な進出に先駆けて企業や商品のプロモーションを依頼することで、すぐに現地で土台を整えることができます。

さらなる海外進出の足がかりにも

韓国のインフルエンサーは、その他の国々においても発信力の高さを発揮します。比較的親日のユーザーが多く、物理的な距離も近い韓国でインフルエンサーを通じた商品展開を実施することで、その他の海外でのブランド認知を高めることが可能です。

いきなり欧米や東南アジアに進出するのはリスクを感じる、という場合にも、韓国の市場動向を検証しながら、次のステップとして別の国をターゲットにするのは有効な施策です。

おわりに

韓国におけるインフルエンサーの活躍は圧倒的で、アジアでも有数の発信力を持った人物が多数拠点を構えています。

韓国向けに商品を展開するときはもちろん、日本やその他の国々に会社をアピールしたい際にも、韓国のインフルエンサーは認知度向上のサポートをしてくれるでしょう。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)