【最新版】2019年更新!韓国SNSランキング&最新動向データまとめ – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

【最新版】2019年更新!韓国SNSランキング&最新動向データまとめ

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

海外向けのWEBマーケティングとは切っても切れないSNSですが、ここでは韓国でどんなSNSが流行っているのか?
またどのような利用をされているのかを「SNS別シェア」「年齢別のSNS利用状況」「SNSごとの1日の使用時間」という複数の切り口でご紹介します。

【韓国SNS】SNS別シェア(2018年)


引用:<2018년 SNS이용현황 및 인터넷쇼핑 실태>

上図は韓国の2018年のSNS利用状況となっています。これは、韓国人に対して「どのアプリをよく利用するか?」という調査を行い分析したデータです。
順位は
1位 Facebook
2位 Intstagram
3位 NAVER BAND
4位 カカオトーク
5位 Twitter
となっており、Facebook、Instagramのシェアが飛び抜けて高い状況になっています。
右の図はインスタグラムの2017年から2018年のシェアの伸びを表したものです。

2015年のデータでは、
1位 カカオストーリー
2位 NAVER BAND
3位 Facebook
4位 Instagram
5位 Vingle

となっており、近年急激にinstagramとFacebookがシェアを伸ばしカカオストーリーやNAVER BANDなど韓国独自のSNSを逆転したことが分かりますね。

【韓国SNS】年齢別のSNS利用状況(2018年)

引用:<그럼 2 Bhind Analytics의 ‘연령대별 SNS 선호도조사’>

上画像は年齢別に利用するSNSをまとめた画像です。

項目は左から、Facebook,Instagram,NAVER BAND,カカオストーリー,Twitterとなっています。

性別ごとでは男性はFacebookのシェアが大きく、女性はInstaguramの使用率が高く、年代別に見ると若年層はFacebook,Instagramが強いですが、40代以降になると韓国独自のSNSであるNAVER BAND、カカオストーリーが依然として使用率が高くなっています。

 

カカオストーリーとは

韓国で最も利用されているメッセージアプリのカカオトークから派生して生まれたSNSです。韓国の人口の半数以上が登録をしており韓国で最大のユーザー数のSNSとなっています。

カカオストーリーは全世代が利用していますが、とくに40代以降のユーザー獲得に成功。

NAVER BANDとは

40~50代の利用者数が多いSNSで、クローズドなコミュニティを作りその中でユーザー同士が交流をするという仕組みのSNSです。主な利用方法としては、「休日にテニスをしたいソウル市内の人」だとか、「野球チーム〜〜のファン限定」というような一つのテーマを設定してそれに該当する人がコミュニケーションを自由に行うという仕組みです。

このSNSが発達した背景としては、休日を充実させたい労働者世代がコミュニティを作る目的で利用を開始したことがきっかけです。そのため、40代前後の層が多く利用するという特徴があります。また、韓国の大学のサークルの連絡手段としても使われることが多いそうです。


一方Facebook,Instagramが若者の間で流行し
若い世代にはFacebookとInstagramが人気があるSNSとなっています。カカオストーリーは韓国国内の情報がつよい、記事が多い、外部サイトに遷移させる作りという特徴があります。一方Facebookは動画を中心にした仕組みとなっているため、動画好きが多い韓国人の若者から大きな人気を集めているという現状です。現状は圧倒的にカカオストーリーが強いですが、動画好きな韓国人の若者にとってはますますFacebookやInstagramのシェアが伸びると思われます。

【韓国SNS】SNSごとの1日平均利用時間(2016年)

次に使用時間別に韓国のSNSを分析してみましょう。

引用:<국내 SNS 유저 점유율 현황 통계자료, 10대 20대 페북 인스타 30~40대 카카오스토리 밴드 많이 써, 일 평균 SNS 이용시간은?

1位Facebook…33.6分

2位Instagram…30.3分

3位カカオストーリー…21.2分

4位NAVER BAN…20.7分

5位Twitter…18.9分

これは、2016年10月に発表された「SNSごとの1日平均利用時間」です。
FacebookとInstagramが他のSNSを大きく離して利用時間を伸ばしています。

それぞれのSNSの特徴を説明します。

Facebook

世界的に知名度が高いSNSで、友人とのコミュニケーションからビジネス、また特定のアカウントやページからの情報収集と幅広く利用されています。

Instagram

画像や動画のアップロードに特化したSNSで世界的に利用されています。近年韓国で急激に使用率が増加しており、韓国人インスタグラマーが男女問わず若年層からの支持を集めています。前項のデータである2018年の調査では韓国全体で51%の人が使用しており、2016年の利用時間からかなり伸びていることが予想されます。

Naver Cafe & Daum Cafe

また、上記のデータにはランクインしていませんが韓国にはCafeと呼ばれる文化があります。これは巨大なコミュニティサイトです。例えば韓国から香港に留学する人に対して、現地の学校の情報や引っ越し情報・アルバイト情報など幅広く情報提供を行うサイトが挙げられます。韓国で最大手の検索エンジンであるNaverが提供するCafeをNaver Cafeと呼び、二番目に利用される検索エンジンのDaumが提供するCafeをDaum Cafeと呼びます。

韓国SNSのプロモーションへの活用は?

韓国のSNSの利用状況から、Facebook、Instagramなどをプロモーションに活用することが多くの韓国人にアプローチする効果的な手法と言えます。

一方で独自SNSであるカカオストーリーは日本企業の広告出稿が現在停止中となっているため、プロモーション手法としては有効ではありません。利用者の多いFacebookやInstagramで韓国人に好まれるような広告出稿がもっとも小さく実行できるSNSマーケティングです。

BANDは一つのコミュニティを立ち上げて集客して運用するというイメージに近いため、言語スタッフなしでの運用は難しく、他のSNSに比べると効果を上げづらくあります。
韓国向けにSNSを活用してプロモーションをお考えの場合は、FacebookやInstagramから初めてみてはいかがですか?

 

この記事を書いた人

株式会社 LIFE PEPPER
執行役員
都所 遼
LIFE PEPPERで、WEBマーケティングと訪日外国人向けのリサーチ事業を立ち上げ。オウンドメディア運用でのノウハウを元にSEO対策などWebサイトマーケティングを提供している。また、4年以上にもわたる韓国人との関わりをもとに韓国インバウンド事業の中心メンバーとしても活躍している。

 


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ