海外マーケティング・ブランディング - 支援実績600社

海外リスティング広告を英語で配信する方法について、メリットや成功のポイントをご紹介!

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

広告はマスメディア広告からインターネット広告まで、現在様々な形態の種類があります。
その中でもリスティング広告は、世界共通に利用されている検索エンジンを配信先とした広告で、多くの企業や事業主によって出稿されています。

そしてリスティング広告はかなり汎用性の高い手法の一つであり、特に英語で配信をする場合多くのメリットがあります。
そこで今回は、海外リスティング広告を英語で配信する方法について、成功させるポイントや成功事例などを具体的にご紹介します。

リスティング広告とは

まず始めに、リスティング広告とはどのような広告を指すのかご紹介します。
リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワードに合わせて掲載される広告のことです。

検索エンジンによっては、そのサイトが広告である場合「広告」タグが付いて表示されることがあります。
リスティング広告のほとんどは、ユーザーがクリックするとその都度課金される仕組みとなっています。

そして日本でも、Google広告やYahoo!の検索広告が代表的なリスティング広告として活用されています。

リスティング広告に着目すべき理由

次に、日本企業がリスティング広告に着目すべき理由についてご紹介します。

世界中のユーザーにアプローチできる

まず一つ目の理由は、世界中のユーザーにアプローチできるからです。
リスティング広告は詳細なターゲティングにより世界中の国や地域にアプローチすることができます。

そして幅広く広告を展開することで、日本国内のみならずより多くのユーザーにリーチすることができます。
もちろん、広告は配信すること自体が重要なのではなく、配信後の効果が重要となってきます。

多大なコストをかけて幅広いユーザーをターゲットにすることが良いとは限りませんが、国内に限らず自社の商品に興味を持つ潜在的顧客は広い範囲に存在します。
なので、新規顧客開拓という面でも、海外向けリスティング広告の運用は活用できると言えるでしょう。

世界的にインターネットの普及率が高い

二つ目の理由は、世界的にインターネットの普及率が高まっているからです。
各国における経済成長やインターネットの普及が、海外向けリスティング広告の注目を高めています。

近年、経済やIT技術の発達が急速に進んでいて、その結果多くの国でインターネットの利用が当たり前となりました。
特に携帯電話の普及率は、新興国であっても高い数値を示すようになりました。

そのため従来のようなマスメディアの広告ではなく、リスティング広告を筆頭にしたネット広告の利用が中心となってきています。
リスティング広告もインターネット広告の一種であり、効率的に世界中のユーザーへアプローチできる手法と言えます。

リスティング広告活用のメリット

次に、海外向けリスティング広告を実施するメリットをご紹介します。

幅広いターゲットに認知させることができる

一つ目に、幅広いターゲットに認知させることができるという点が挙げられます。
リスティング広告の配信先である検索エンジンは、非常に幅広い年齢層の方に利用されており、ユーザーの属性も様々です。

また、リスティング広告はいくつかの異なる配信方法があり、自社への関心度が高い顕在層(見込み客)とそこまで関心の高くない潜在層、どちらにもアプローチすることができます。
配信方法には主に、「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」の2種類があります。

「検索連動型広告」は、ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される広告で、既に興味を持ってくれている顕在層の獲得を目的として活用されます。
対して、ディスプレイ広告は検索キーワードを問わず広告を掲載するもので、潜在層へのアプローチがメインとなります。

ディスプレイ広告は関心度の低いユーザーも含めて、認知拡大に非常に結びつきやすい手法であると言えます。
このように、リスティング広告は配信方法によって、顕在層・潜在層のどちらにもアプローチが可能であり、ターゲット国のブランド認知も広げていくことができます。

海外向けにリスティング広告の運用をすることで、より広範囲に、様々なターゲットにアプローチすることができます。

簡単に海外進出のきっかけ作りができる

二つ目に、簡単に海外進出のきっかけ作りができるという点が挙げられます。
リスティング広告は、他の広告運用と比べ簡単に海外ユーザーへのアプローチができます。

例えばGoogleのリスティング広告を利用する場合、Googleが提供するGoogle AdWords を活用すれば、日本にいながら素早く気軽に世界中のGoogle検索エンジンで広告運用が可能となります。
また広告配信に必要なアカウントは、どの国をターゲットにするとしても日本国内から開設可能であり、管理設定や専門サポートも日本語対応となっています。

またSEOが必要なマーケティング手法とは異なり、キーワードを設定して広告を入稿するだけですぐにユーザーの目に広告を触れさせることができます。
配信先の国をターゲティングするだけで、簡単に海外進出のきっかけが得られるのです。

広告配信方法は検索エンジンごとに異なりますが、インターネットが普及している国の多くは、日本と同様Googleをはじめとした大規模検索エンジンを利用しています。
ただし、中にはその国独自の検索エンジンを利用する国もあるため、ターゲット国のインターネット利用状況を調べた上で、リスティング広告を検討する必要があります。

英語で海外リスティング広告を行うメリット

次に、英語で海外リスティング広告を行うメリットについてご紹介します。

英語圏の地域が多い

一つ目は、英語圏の地域が多いということです。
英語は世界で広く普及し、国を超えたコミュニケーションによく使用されます。

そして世界中で約4億人の母国語話者が存在し、中国語、スペイン語に続き3番目にネイティブスピーカーの多い言語です。
そして第二言語、公用語として英語を使用する国も含めると、最も多くの国で話されている言語と言えます。

また国連やNATOなどの政府機関においても、英語が公用語として使用されています。
そのため、世界的に見て英語圏の地域は非常に多く、英語のリスティング広告は広く様々なターゲット地域をカバーできます。

参考:「What are the main English speaking countries?」
https://www.lingoda.com/en/content/english-speaking-countries/#:~:text=Learn%20About%20All%20The%20English%20Speaking%20Countries&text=In%20fact%2C%20English%20is%20recognized,as%2027%20non%2Dsovereign%20entities.

英語を使用する複数地域に同時配信可能

二つ目に、英語を使用する複数地域に同時配信可能であるということです。
英語圏と聞くと、一般的にアメリカとイギリスに結びつくことが多いと思いますが、他にもカナダやオーストラリア、そしてフィリピン、シンガポールなどのアジア地域でも英語が話されています。

そのため、英語で広告配信ができると、英語を使用する複数国のユーザーに同時に効率よくアプローチすることができます。

手間をかけずに海外ユーザーへアプローチが可能

三つ目に、手間をかけずに海外ユーザーへアプローチが可能であるということです。
必ずしも全世界で英語が通用するわけではありませんが、それでも英語の発信力は高く、英語のリスティング広告によって非常に多くの国へのアプローチが可能になります。

もちろんターゲットごとに表現方法やクリエイティブデザインなどの調整は必要ですが、大枠は変更せずに様々な国で一つのリスティング広告を使うことができます。
そのため、ターゲットユーザーが増えても設定一つで手間がかからないと言えます。

英語は最も多くの国と人口をカバーしている言語であるため、とにかく多くのユーザーにリーチしたい場合など、英語のリスティング広告はおすすめです。

現地に行く必要がない

四つ目に、現地に行く必要がないということです。
海外向けのリスティング広告は移動なしで、日本にいながら出稿が可能です。

そのため海外出張や拠点の設置にコストをかけることなく、海外ユーザーにアプローチすることができます。

具体的にターゲットとなる地域

次に海外向け英語リスティング広告を出稿する際、具体的にターゲットとなる地域についてご紹介します。

ヨーロッパ

まず始めにヨーロッパです。
ヨーロッパではイギリスを始め、アイルランド、マルタの他いくつかの島国で英語が話されています。

ヨーロッパではアメリカのGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)のプラットフォームのシェアが高く、検索エンジンではGoogleが92.4%と圧倒的シェア率を誇っています。

そのため、ヨーロッパをターゲットにしてリスティング広告を配信する場合はまずGoogleをおさえるべきだと言えます。
Google以外だと、Bingは3.67%、ロシア語の検索エンジンであるYandexが1.52%のシェア率を占めています。

参考:statecounter「Search Engine Market Share in Europe – February 2022」
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/europe

アメリカ大陸圏

次にアメリカ大陸圏です。
アメリカ大陸内でも地域によって大きく異なります。

まず北アメリカのアメリカとカナダでは、英語が母国語として話されています。
そしてそれぞれの検索エンジンシェア率を見てみると、アメリカではGoogleが87.6%、bingが6.31%、Yahoo!が3.23%です。

カナダでは、Googleが91.3%、bingが5.18%、Yahoo!が1.74%とアメリカとほぼ同様のシェア率となっています。
Googleが高いシェア率を誇るものの、bingの利用も多く見られるため、ターゲットとするユーザーによっては、bingでのリスティング広告配信を検討すると良いでしょう。

他にもジャマイカ、ドミニカなどの国々を含む中央アメリカ、ガイアナとフォークランド諸島を含む南アメリカでも英語が話されています。
中央アメリカ、南アメリカでもGoogleが高いシェア率であるため、まずはGoogle広告の配信を検討すると良いでしょう。

参考:statecounter「Search Engine Market Share in United States Of America – February 2022」
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/united-states-of-america

statecounter「Search Engine Market Share in Canada – February 2022」
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/canada

アジア

次にアジア諸国です。
アジア圏では、シンガポール、フィリピン、香港のほか、インドやパキスタンなどの国々で英語が話されています。

アジア圏の国々の特徴としては、シンガポールやマレーシアなどにおいて、英語の他にも中国語、マレー語、タミル語など多くの言語が話されていることが挙げられます。
また人口13億人以上を抱えるインドでは、英語が準公用語として指定されており、英語でのリスティング広告配信の場合は無視できない存在となっています。

アジア圏でもGoogleが90%以上のシェア率を誇ります。
ただし、中国のBaiduや韓国のNAVERなど、独自の検索エンジンを持つ英語圏ではない国も存在するため、ターゲット国を絞る際には気をつけましょう。

参考:statecounter「Search Engine Market Share in Asia – February 2022」
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/asia

アフリカ

次にアフリカです。
アフリカでは、南アフリカ共和国、ウガンダ、ガーナ、カメルーンなど多くの地域で英語が話されています。

アフリカ全体でGoogleの検索エンジンシェアは96.6%と非常に高いため、アフリカの国を対象にリスティング広告を行う場合は、Googleを選択するのが適切だと言えます。

参考:statecounter「Search Engine Market Share in Africa – February 2022」
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/africa

英語で海外リスティング広告を成功させるポイント

次に、英語で海外リスティング広告運用を成功させるポイントについてご紹介します。

ターゲット国を絞る

一つ目のポイントは、ターゲット国を絞ることです。
例えば、「英語圏」と言っても非常に多くの国がありニーズも様々なため、ターゲットとしては広すぎます。

そのため自社が広告を配信してニーズがある国はどこか、見極める必要があります。
自社の外国語ウェブサイトのアクセスデータからユーザーの属性などを確認したり、海外部門の営業担当や海外顧客と接点を持つ人にヒアリングしたりすることで、ターゲットを絞ることができます。

ターゲット国のニーズや状況を調査する

二つ目のポイントは、ターゲット国のニーズや状況を調査することです。
ターゲット国が確定したら、その国についての理解を深める必要があります。

まずはターゲット国のユーザーニーズや競合他社の状況を調査しましょう。
ユーザーニーズは住んでいる地域や生活習慣によって大きく異なるため、必ず現地ユーザーから情報を得て、商品や広告クリエイティブに反映させるようにしましょう。

次に、競合他社について調査する際はユーザーがそのブランドの何を気に入っているのか、という観点で調査をすると、より自社広告がどうあるべきか具体化されます。
特に競合他社でリスティング広告を継続して運用している企業があれば、どのようなキーワード設定で広告配信しているのか調査できると役立つでしょう。

また国内で成功している事業であっても、ターゲット国では既に競合他社が存在することで参入障壁の高い場合が多くあります。
そのため、広告配信の前に競争優位性を明確にすることで、より効果的なリスティング広告配信をすることができます。

現地の競合他社を調査した上で、自社はどのような点で強みをアピールできるか、必ず競争優位性を明確化するようにしましょう。

ネイティブによるキーワード設定を行う

三つ目のポイントは、ネイティブによるキーワード設定を行うことです。
リスティング広告の配信では、キーワード設定が非常に重要です。

そして気をつけるべきこととして、ターゲット国の検索習慣です。
検索習慣とは、ユーザーの検索の仕方のことを指します。

実は検索習慣は国によって全く異なることがあります。
例えば、日本語では「東京 観光」のようにスペースを加えながら単語を組み合わせて検索するところを、英語ではワードではなくフレーズで検索されることが多いです。

多くのリスティング広告は、キーワードごとに広告を出稿する仕組みになっているため、検索習慣を知らないままキーワードを選定すると、ターゲットユーザーに全く検索されない場合もあるのです。
キーワード設定についても、検索習慣を把握する、競合他社の事例を調査するなどターゲット国への理解を深めましょう。

広告キャンペーンは国ごとに分ける

四つ目に、広告キャンペーンは国ごとに分けるということです。
先述したように国ごとに検索習慣やニーズ、競合他社の存在は異なるため、ターゲット国ごとに広告キャンペーンを実施しましょう。

市場調査を通して分かったことを踏まえながら、キーワード選定やターゲティングを行うようにしましょう。
このようにリスティング広告運用の際にもローカライズすることは非常に重要です。

英語圏で使用される主な検索エンジン

続いて英語圏で使用される主な検索エンジンについてご紹介します。

Google

まず始めにご紹介するのは、Googleです。
Googleはインターネット関連のサービス・製品を展開するアメリカの企業です。
日本国内でも多くのユーザーに利用される検索エンジンですが、世界的に見ても圧倒的なシェア率を誇る、世界最大級の検索エンジンです。

そしてGoogleに配信されるリスティング広告、Google広告のプラットフォームはグローバルに対応しています。
そのため、日本にいながら簡単に海外向けリスティング広告を配信することができ、基本的な運用方法はターゲットが海外であっても変わりません。

Google広告の特徴としては、低予算から始められる柔軟な予算設定、クリックごとの課金性、素早いフィードバックなどが挙げられます。
また、Google広告を利用するメリットとしては、圧倒的なリーチ数と詳細なターゲティング機能などが挙げられます。

さらにSNS広告など他のインターネット広告と比べ、リスティング広告の場合は検索連動という性質から、既に自社に関心のあるユーザーがターゲットユーザーとなることが多いため、確度が高いと言えます。
このようにメリットが多く運用しやすいため、海外展開を考える場合まず最初に検討すべきリスティング広告の一つと言えるでしょう。

参考: 『Desktop Search Engine Market Share Worldwide | StatCounter Global Stats』
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/desktop/worldwide/#yearly-2009-2019

『Mobile Search Engine Market Share Worldwide | StatCounter Global Stats』
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/mobile/worldwide/#yearly-2009-2019

Bing

次にご紹介するのは、Bingです。
BingはアメリカのMicrosoft社が開発し、提供する独自の検索エンジンです。

こちらはWindowsのブラウザソフトに組み込まれているデフォルトの検索エンジンであり、英語圏でも一定のシェアを占めています。
特徴としては、「意思決定エンジン」というコンセプトで制作されていて、検索結果から単純に合致したテキストを探し出すだけでなく、ユーザーのニーズに合わせた検索結果も返すような設計がされていることが挙げられます。

また、シェア率は圧倒的にGoogleの方が高いためリーチ数に差は出ますが、クリック単価はGoogle広告よりもBingのリスティング広告の方が安価になります。
Bingでリスティング広告を出稿する場合には、Microsoft社の「Bing Ads」に登録する必要があります。

対応言語は英語のみとなっているため、注意しましょう。

Yahoo!

次にご紹介するのは、Yahoo!です。
Yahoo!は1994年にアメリカに設立された企業です。

日本でも1996年にソフトバンクと共同で日本法人が設立され、国内最大級のポータルサイトとして現在も「Yahoo! JAPAN」が利用されています。
このように日本では広く多くのユーザーに利用されるYahoo!ですが、英語圏では1%前後と低い割合で利用されています。

また「Yahoo! JAPAN」とYahoo!は別物であるため、Yahoo! JAPANのアカウントから海外に広告配信することはできません。
アメリカのYahoo!はBing検索の技術を導入しているため、Yahooリスティング広告を日本から海外向けに出稿する場合、先述したBing Adsを利用する必要があります。

こちらは日本からもアカウント開設が可能ですが、設定画面などの対応言語は英語のみとなっているため、注意が必要です。

海外向けリスティング広告成功事例

最後に、海外向けリスティング広告成功事例についてご紹介します。

株式会社 FROM JAPAN

今回ご紹介するのは、株式会社 FROM JAPANの成功事例です。
FROM JAPANは、海外在住の外国人向けに日本の商品を購入代行するサービスを提供している会社です。

外国人向けビジネスをEコマースで行っている会社となります。
2004年の設立以来、累計取引件数は10000000件以上、196もの国や地域の方と取引をしてきました。

自社内に外国人スタッフがいるため言語面で問題はなかったものの、リスティング広告などの海外向けマーケティング戦略において、ノウハウのある社員がいないという問題がありました。
そこで、代行業者の力も借りて英語リスティング広告を改善した結果、改善前と比べて月の問い合わせ件数が約8倍に伸びました。

また、新たな層を獲得するためのランディングページを構築し、これまでにコンバージョンするのが難しかったキーワードでもユーザーを獲得できるようになりました。
他にもWEBサイトやFacebookページの改善を通して、より成果が出るようになりました。

参考:株式会社 FROM JAPAN
https://corporate.fromjapan.co.jp/ja/

おわりに

今回は海外リスティング広告を英語で配信する方法について、リスティング広告に着目する理由や配信のメリットについてご紹介しました。
英語圏の国や地域は非常に多くあるため、英語でリスティング広告を出稿すると、一度に複数のターゲット国にアプローチすることができます。

また英語で配信する際も、他の言語で海外向けに配信するときと同様に事前の市場調査やローカライズが重要となります。
そしてより成功率を高めるためには、配信後の入念な効果測定も大切です。

他の広告に比べて初心者の方でも扱いやすいため、海外展開をお考えの方はぜひ英語での海外向けリスティング広告配信を検討してみてください。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)