News&Blog

インバウンドビジネスとは?意味や注目の背景、手法、成功のポイントを解説!

インバウンドビジネスは、外国人旅行客へのサービス提供において外せない考え方です。しかし、具体的に何を行うべきか分からないケースも多いのではないでしょうか。

今回は、インバウンドビジネスの意味や背景、手法などについて解説します。インバウンドビジネスに興味がある方や、外国人旅行者向けのサービスを充実させたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

インバウンドビジネスとは?

インバウンドビジネスは、海外からの顧客や訪問者を引き寄せ、自国内でのビジネスを促進する取り組みです。外国人旅行者や顧客にサービスを提供し、地域経済の成長と雇用創出を促進することを目的としています。

インバウンドビジネスの成功に必要な要素は、次の3つです。

  • 魅力的な観光名所や文化体験を提供
  • コミュニケーションやサービスの面での配慮
  • マーケティングやプロモーション活動

まず、外国人顧客に対して魅力的な観光名所や文化体験を提供する必要があります。また、コミュニケーションやサービスの面での配慮も重要です。外国語対応のスタッフや翻訳サービスの提供、文化や習慣の違いに対する理解などが求められます。

さらに、インバウンドビジネスを成功させるためには、マーケティングやプロモーション活動も欠かせません。

関連リンク:インバウンド(訪日外国人旅行)とは?意味や最新動向、今後の課題を解説 – (株)LIFE PEPPER

インバウンドビジネスとアウトバウンドビジネスの違いについて

インバウンドビジネスとアウトバウンドビジネスは、ビジネスの方向性による違いがあります。

インバウンドビジネスは、海外からの顧客や訪問者を引き寄せることに焦点を当て、外国人旅行者や顧客にサービスを提供するのに対し、アウトバウンドビジネスでは、自国の企業や製品を海外に展開し、国外の顧客に対してサービスや商品を提供することを目指します。

このようにインバウンド・アウトバウンドで意味合いが異なるため、混同しないように注意しましょう。

インバウンドビジネスの代表的な具体例

ドン・キホーテとマツモトキヨシは、インバウンドビジネスの代表的な成功事例であり、訪日外国人に特化したビジネス展開を行っています。

中国での関税強化の影響を受けている中、ドン・キホーテとマツモトキヨシはインバウンドの売上を伸ばし続けています。これらの企業のターゲットは、日本へ来日する中国系観光客です。日本語だけでなく中国語の表示を取り入れたり、TAXフリー専用の会計口を設けるなどの施策を実施したりしています。

この施策は、訪日外国人の利便性や買い物の魅力を高めることを目的としており、特に、ニーズに応えることを重要視しています。

アウトバウンドビジネスの代表的な具体例

アウトバウンドビジネスは、内から外へと向かうビジネス手法を指します。代表的な例として、「アウトバウンド営業」「アウトバウンド広告」が挙げられます。

アウトバウンド営業とは、顧客に直接電話をかけて営業活動を行ったり、飛び込み営業を行ったりする方法です。営業担当者が主体的にアプローチし、商品やサービスの魅力を伝えることで顧客の関心を引くことができます。

もう一つのアウトバウンド広告とは、マスメディアやデジタルプラットフォームを活用して広告やマーケティングを展開する方法です。テレビやラジオのCM、電車の宙吊り広告、YouTubeのコンテンツの途中に流れる広告などがあります。

「インバウンド」の使い方

「インバウンド」を含む言葉は、主に次の4つがあります。

  • インバウンド観光
  • インバウンド消費
  • インバウンド需要
  • インバウンド対策

それぞれの意味を確認しましょう。

①インバウンド観光

「インバウンド観光」とは、外国から日本を訪れる観光客を指す言葉です。具体的には、訪日外国人観光客が日本の観光地や施設を訪れることを指します。これは、日本国内での観光需要を拡大するために、外国からの観光客を呼び込む取り組みです。

インバウンド観光は、日本国内の観光業界や関連産業にとって大きな経済効果をもたらしています。訪日外国人観光客の増加に伴い、観光地や宿泊施設、飲食店、ショッピングエリアなどの需要が高まり、地域経済の活性化に寄与しています。

また、インバウンド観光は日本の文化や観光資源を海外に広める役割も果たしています。訪日外国人観光客が日本の伝統文化や食文化に触れることは、日本の魅力が世界に広がるきっかけとなるでしょう。

②インバウンド消費

「インバウンド消費」とは、訪日外国人が日本国内で行う消費活動を指す言葉です。具体的には、訪日外国人観光客が観光地やショッピングエリアで買い物をしたり、レストランや宿泊施設でサービスを受けたりすることを指します。インバウンド消費は、日本経済に直接的な経済効果をもたらします。

訪日外国人観光客の増加により期待されるのは、観光地やショップ、レストランなどの需要拡大による、ビジネスの成長です。また、インバウンド消費は、日本の魅力や質の高いサービスを提供することによって、訪日外国人観光客の満足度を高める機会でもあります。

インバウンドビジネスを始める際には、訪日外国人観光客のニーズや好みを理解し、彼らにとって魅力的な商品やサービスを提供することが重要です。

③インバウンド需要

「インバウンド需要」とは、外国からの需要や需要者が自国外の市場や国内に向けられることを指します。

インバウンド需要は、国内企業やビジネスにとって大きな機会です。外国人観光客の増加やグローバルな市場環境の変化によって国内での需要が高まり、ビジネスの成長や国内経済への貢献が期待されます。また、外国企業からの需要も国内の産業やサービス業においても重要な要素です。

インバウンド需要を活かすためには、国内企業やビジネスが外国人観光客や外国企業のニーズを理解し、彼らにとって魅力的な商品やサービスを提供すること欠かせません。例えば、外国人観光客向けの観光プログラムや外国語対応のサービスの提供、外国企業向けのビジネスパートナーシップの構築などが挙げられます。

④インバウンド対策

「インバウンド対策」とは、外国からの需要や需要者を受け入れるための施策や戦略を指します。具体的には、外国人観光客や外国企業のニーズに応えるための取り組みや対策などです。

インバウンド対策は、国内企業やビジネスが外国からの需要を活かし、ビジネスの成長や競争力の向上を図るために欠かせません。例えば、外国人観光客に対する観光施設の整備や案内体制の充実、外国語対応のサービスの提供などが挙げられます。

インバウンド対策を成功させるためには、外国の需要や需要者の特徴を理解し、適切な施策を展開することが重要です。市場調査やマーケティング活動を通じて、外国人観光客や外国企業のニーズや動向を把握し、それに応じた戦略を策定することが求められます。

インバウンド営業の概要と具体例

インバウンド営業は、主体的に顧客にアプローチする営業手法の一つです。顧客からの問い合わせや関心を引き寄せることに焦点を当てます。伝統的なアウトバウンド営業とは異なり、インバウンド営業では顧客のニーズや関心を理解し、適切な情報や価値を提供することで信頼関係を築きます。

具体的なインバウンド営業の活動例は、ウェブサイトやブログのコンテンツ作成、メールマーケティング、ソーシャルメディアの活用、コンテンツマーケティング、オンラインコミュニティの運営などです。

これらのプラットフォームを使って顧客が求める情報や役立つコンテンツを発信したり、顧客と情報交換できる場を設けたりすることで、顧客の自発的な購買行動を促します。また、顧客との信頼関係を構築する上でも効果的です。

インバウンド営業では、顧客のニーズに合わせた情報提供や関心喚起を重視し、顧客の自発的なアクションを引き出すことを目指しています。自発的なアクションが増えると、さらにインバウンド市場の規模は拡大し、外国人旅行客の訪日需要は高まっていくでしょう。そのため、インバウンド営業を取り入れることは、顧客との関係構築や売上拡大において欠かせない要素といえます。

インバウンド営業の手法

インバウンド営業にはさまざまな手法があり、代表的なものとして次の6つが挙げられます。

  • メールマガジン(メルマガ)
  • ホワイトペーパー
  • オウンドメディア
  • インターネット広告
  • SNS
  • YouTube

ここでは、それぞれの手法の内容や目的、メリットについて解説します。

 関連リンク:訪日インバウンド向けサービス &コンテンツ

メールマガジン(メルマガ)

メールマガジンでは、顧客が関心を持つ情報や役立つコンテンツを提供します。業界の最新ニュース、専門知識やヒント、特別なオファーやプロモーションなど、読者にとって有益な情報を提供することが重要です。

メールマガジンの目的は、定期的なコンタクトを通じて、顧客と企業の信頼関係を築き、ブランドや製品に対する関心や忠誠心を高めることです。

主なメリットとして、まずは高いリーチ性と効果的なコミュニケーションが取れることがあります。メールは広範な顧客層にリーチすることができ、個別のコミュニケーション手段として効果的です。

また、反応と結果を計測できることもメリットの一つです。開封率やクリック率などのデータを収集して効果を計測することにより、顧客の関心度や反応を把握できるため、改善や最適化を行いやすくなるでしょう。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーでは、業界の問題やトレンド、製品やサービスの解説など、専門的な情報を提供します。具体的なデータや事例を交えて読者に深い洞察を提供し、専門知識や業界リーダーシップを示すことも重要です。

ホワイトペーパーの目的は、信頼と専門性の構築です。読者に対して自社の知識や専門性をアピールして信頼を築き、読者の問題や課題を解決するための情報を提供することで、関心や関与を引き出します。

ホワイトペーパーのメリットは、専門的な情報提供により、業界の専門家や意思決定者からの信頼を得られることです。さらに、ホワイトペーパーはリードジェネレーションにも有効な手法であり、ダウンロードや登録を通じて読者から情報を収集し、営業のターゲットリストを作成できます。

ホワイトペーパーを活用することで、インバウンド営業においてビジネスの成果を上げやすくなるでしょう。

オウンドメディア

オウンドメディアでは、ブログ、ウェブサイト、ソーシャルメディア、ポッドキャストなどのプラットフォームを活用し、自社のコンテンツを提供します。顧客が関心を持つ情報や役立つコンテンツを定期的に発信し、専門知識や見識を示すことが重要です。

オウンドメディアの目的は、顧客関係の構築とブランドの権威性の向上です。自社が提供する価値ある情報やコンテンツを通じて顧客の信頼を獲得し、関心や忠誠心を高めます。また、権威的なブランドイメージを形成することは、市場競争力の向上にも効果的です。

オウンドメディアのメリットは、直接的な顧客エンゲージメントが可能であることです。自社メディアを通じて顧客と対話し、フィードバックを受け取れます。また、検索エンジン最適化(SEO)にも効果的であり、コンテンツを最適化することで、ウェブトラフィックの増加が期待できます。

インターネット広告

インターネット広告は、検索エンジン広告(SEM)、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告など、オンライン上で広告を配信する手法です。ターゲットに合わせたキーワードや興味関心に基づいたセグメント化を行い、効果的な広告を展開します。

インターネット広告の目的は、ターゲット顧客の引き付けと関与の促進です。特定のキーワードやデモグラフィック情報に基づいてターゲットを絞り込み、顧客のニーズや関心に応じたメッセージを届けることで興味を引き、行動へと繋げられます。

インターネット広告のメリットは、ターゲットの精度が高く、効果的な広告配信が可能であることです。また、リアルタイムでデータを分析し、効果の評価・最適化にも繋げられます。さらに、効果的なキャンペーンを展開することで、効率的なリード獲得や費用対効果の向上が期待できます。

SNS

SNSを使ったインバウンド営業では、主にFacebook、Instagram、Twitter、LinkedInなどのプラットフォームを活用します。企業が自社のアカウントを作成し、ターゲット顧客と直接的なコミュニケーションを行います。具体的な手法は、コンテンツの投稿、情報の共有、顧客との対話などです。

SNSでは、ターゲット顧客との関係構築とエンゲージメントの促進を目的としています。企業はSNSを通じて、顧客との対話や情報共有を行い、ブランド認知度の向上や顧客の信頼構築を目指します。また、ターゲット顧客のニーズや意見を把握し、製品やサービスの改善に活かすことも重要です。

SNSのメリットは、広い範囲のオーディエンスにリーチできることです。情報がユーザーによってシェアされると、口コミや拡散効果なども期待できます。

YouTube

YouTubeでは、ビデオコンテンツを活用してターゲット顧客に価値を提供します。企業は自社のYouTubeチャンネルを作成し、情報提供、教育、エンターテイメントなど様々なコンテンツを配信します。

YouTubeの目的は、ターゲット顧客との関係構築とブランド露出の増加です。企業はYouTubeを通じて、有用な情報やエンターテイメントを提供することで顧客の興味を引き、信頼関係を築きます。また、YouTubeは検索エンジンの一部でもあり、ビデオコンテンツがSEOに貢献することもあります。

YouTubeのメリットは、視覚的な表現やストーリーテリングが可能なことです。ビデオは情報を分かりやすく伝えることができるため、視聴者の興味を引きやすいでしょう。また、YouTubeは世界中で利用されており、国境を越えたアクセスが期待できます。

インバウンドビジネスの今後の展望

グローバル化とデジタル化の進展により、これまでよりも多くの企業がインバウンドビジネスに注力している状況にあります。

具体的な展望として、技術の発展によりより効果的なターゲティングやパーソナライズが可能となったため、顧客とのエンゲージメントを高められるでしょう。また、昨今はAIや自動化技術の進歩により、効率的なマーケティングや充実したカスタマーサポートも実現していくことが予想されます。

さらに、世界のインターネット利用者の増加やグローバルなマーケットの拡大も、インバウンドビジネスの成長を後押しします。これからは、より先進的なテクノロジーやデータ分析の活用が求められ、顧客中心の体験を提供する企業が成功を収めるでしょう。

インバウンドビジネスの成功事例

インバウンドビジネスの成功事例は、ドンキホーテやマツモトキヨシのほか、ネスレ日本やABOUT LIFE COFFEE BREWERS、各自治体の施策などが挙げられます。ここでは、ネスレ日本のインバウンド施策について紹介します。

ネスレ日本は、インバウンドビジネスにおいて成功した企業の一つです。同社は、外国人観光客向けに日本独自の商品や体験を提供し、多くの関心と支持を集めています。日本文化に基づいた商品や限定アイテムの開発により、外国人観光客の興味を引くことに成功しました。

このように、インバウンドビジネスにおいては、外国人観光客のニーズや文化的背景を理解し、独自性と魅力を持った商品やサービスを提供することが重要です。

関連リンク:インバウンドビジネス成功事例!売上940億円から年241%成長事例も – (株)LIFE PEPPER|1000社の海外デジタルマーケティング支援

詳しい事例や、弊社でサポートできる国・施策については、こちらの資料をダウンロードしてください。

インバウンドビジネスならLIFE PEPPERにご相談ください

LIFE PEPPERでは、あらゆる業態のインバウンドビジネスに関するサービスを提供しております。海外マーケティング1,000社以上の実績や、経験年数6年以上のインバウンドの専門家による知見をもとに、全世界の媒体を使用可能です。

アフターコロナのインバウンド市場において戦略的なプロモーションを行いたい、トレンドを取り入れたインバウンドマーケティングに取り組みたい、という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

さらに詳しい弊社のサービス概要や事例について知りたい方は、ぜひこちらの資料セットをご覧ください。

まとめ

今回は、インバウンドビジネスの概要やアウトバウンドビジネスとの違い、具体的なインバウンドビジネスの施策、施策の成功例などについて紹介しました。

インバウンドビジネスを成功させるためには、顧客のニーズを正確に理解し、適切なサービスを提供していくことが欠かせません。本記事の内容を参考に、さまざまな手法を用いて訪日外国人の興味関心を集めてアクションを起こさせ、顧客と長期的な信頼関係を構築していけるようにしましょう。

インバウンドビジネスの取り組みを具体化するための追加資料が必要な方は、こちらでダウンロード可能です。

LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

海外全般・英語圏の関連記事